ダニ・蚊アレルギー対策の裏技
* For オプティマムヘルス

こんにちは! Kimiです。

今年は気象がいつもとは違う夏でしたね。

春先から我が家の庭の花が元気がなく、例年に比べて花数がかなり少なかったから一斉に寿命を迎えたのかな? と不思議に思ったのですが、きっとこの夏の異常を早めの察知していたのでしょうね。

植物の脅威の力を再発見しました。

ところで、蚊やダニに刺されると、刺された箇所が何日も腫れ、痒みも普通より長く続き、困っている方はいらっしゃいませんか?
そんな方は蚊・ダニアレルギーかと思いますが、大変苦労されていると思います。

そんな方へ、刺された痕が広がらず、痒みも無くなる方法をお伝えします。

 

それは”お灸”です!

刺された箇所へお灸をすると、赤みも広がらず、痒みも驚くほど治まり、薬を塗る必要がなくなります。
これは熱によってアレルギーを引き起こしている原因のたんぱく質が変質するためではないかと思います。
なので、お灸でなくても、タオルなど布の一部を熱いお湯に漬け、痒みのある部分に当てるでもOKです。
刺されてから時間が短いほど効果があります。

痒みの治まる時間や効果はその都度違いますが、薬よりもかなり効果が高く、オススメの方法です。
蚊アレルギーやダニの痒みが治まらずに困っている方は、是非1度試してみてください。

 

KimiのHPはこちら

バックナンバーはこちら