夏に生き生きとパワーアップする方法~現実的スピリチュアル・ライフのススメ その⑦

せっかくの夏ですから、色々な方法を試してパワーアップして、ポジティブで生き生きとした自分に生まれ変わっていきましょう。
夏に生き生きとパワーアップする方法~現実的スピリチュアル・ライフのススメ その⑦

こんにちは、現実的スピリチュアル・セラピスト、菊山ひじりです。
暑い日が続いて、何だか本当に夏~っていう感じになってきましたね。

 

夏は太陽のパワーが非常に強いので、エネルギー充電するには適している季節です。

また、何か新しいことを始めるために準備したりパワーを備えるのにも、本来ならとても良い季節と言えます。

でもヒーリング・セッションを受けにいらっしゃる方を見ていると、「元気を出したいのにどうしても元気が出せない」「夏バテしている」という方が多いようです。

そういう方は、ほとんど例外なく、

(1)体の芯が冷えている
(2)睡眠が足りていない
(3)ネガティブなエネルギーを溜めている(気持ちの切り替えが上手くできない)

という方が多いのです。

284765900

 

人間は肉体を持っていますから、(1)(2)の部分が実はとっても大きくものを言い、ここができていないと、どうしても(3)のようにネガティブなものが溜まってしまいがちです。
逆に(1)と(2)がクリアできていれば、(3)のネガティブな気持ちの切り替えは格段にやりやすくなります。

例えば私のサロンで行っている対面ヒーリング・セッションでは、手を体に当てて温めると同時に、内部に溜まったネガティブなエネルギーを浄化して抜いていきますので、終わると皆さま体がポカポカと暖かくなり、ほわーっと全身が緩むのを実感して頂けます。
そしてその後、実際に体も気持ちも軽くなった、ポジティブな気持ちになった……とご報告を頂くことが多いのは、いかに体と心と魂が深く繋がっているかを証明していると思います。

とはいえ、ご自分でレイキ等を習っていない限り、毎日のようにヒーリングを受けるのは現実的ではありませんから、ご自分の生活の中で、それに変わる方法を続けていく必要があると思います。
でもそれは、何か特別なことや難しいことではありません。

例えば、暖かいお風呂にゆったり入ったり、意識的に暖かい飲み物や食べ物を取る……というようなことでも、意識的に行うことで十分に違いが出てきます。
また寝るときはクーラーをしっかりかけて、涼しくして熟睡できるようにするのもいいようです。(その場合、お布団はしっかりかけて、体を温めてくださいね。)

暑くて眠りが浅くなると、エネルギーは消耗して減少してしまいます。
私たちは生命エネルギー(プラーナ)を睡眠中に充電していますので、ぐっすり良い睡眠を確保することは、想像以上にとても大切です。
しっかり眠れると、プラーナが十分に補給されて体にパワー的な余裕ができるので、気持ちもポジティブになりやすくなるのです。

103638731

 

嫌なことがあったり、ネガティブな気持ちになっているときは、まずはしっかり体を温めて、さらに十分な睡眠をとって、それを乗り越えていくためのパワーを蓄えてみてくださいね。

その上で、ヒーリング以外の方法でネガティブエネルギーを除去するには、ハーっと吐き出す呼吸法を行うのが効果的です。

やり方は簡単です。
姿勢を整えて、「自分の中に溜まっているネガティブなものを呼吸と一緒に全部吐き出す」としっかり決めて、お腹のそこからハーっと息を吐き出すのです。
スッキリするまで、何度でも繰り返しましょう。
お部屋の中でやるならば、終了後は窓を開けて空気を入れ替えましょう。

呼吸法は、エネルギーと肉体をリンクして浄化が簡単に確実にできるので、初心者の方にもおすすめです。
拙著「幸運の根っこと繋がる方法」にも浄化のための呼吸法がいくつか書いてありますので、ぜひいろいろ試してみてくださいね。

また、文庫本購入者プレゼントの「願いを叶える天界の浄化瞑想」(無料ダウンロード)では、誘導に従ってイメージをしていくだけで、モヤモヤ溜まったものをスッキリと浄化することができます。

せっかくの夏ですから、色々な方法を試してパワーアップして、ポジティブで生き生きとした自分に生まれ変わっていきましょう。

★著書「幸運の根っことつながる方法」
定価 690円+税 青春文庫社刊
http://www.seishun.co.jp/book/17449/

★公式サイト「ヒーリングサロン ピアニシモ」
http://healing-pianissimo.com/

★ブログ「現実的スピリチュアル・ライフのススメ」
http://healing-pianissimo.com/blog/

 

《菊山ひじりさんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/kikuyama-hijiri/?c=86497