★“ワクワク”を追いかけると、才能は潜在意識の奥底に沈んでいく★【潜在意識を身体で変える! 気づきの呼吸】⑲

深い呼吸のできる身体を取り戻すと、【潜在意識の現実化メカニズム】への理解がぐぐっと深まります……。新月と満月の日配信/最後に呼 吸ミニ・ワーク付き!
★“ワクワク”を追いかけると、才能は潜在意識の奥底に沈んでいく★【潜在意識を身体で変える! 気づきの呼吸】⑲

2

よく、こう言われますね。

でも、【才能】を開花させるなら、
答えは、こうなります。

3

確かに、
“ワクワク”することで、
【才能】って、開花するかもしれません。

でも、それって、
【天性の才能】なのでしょうか?

 

5

潜在意識は、変化を嫌います。
現状維持が、何よりも大切だからです。

だから、
潜在意識は、敢えて、
【未知の幸せ】に手を出しません。

生存が脅かされない限り、
【馴染みのある不幸】に、安住し続けます。

天性の才能が花開くと、
【【【変化】】】が起きます。

だから、潜在意識は、
【天性の才能】をつぶしにかけるのです。

あなたが、一番得意なことで、
あなたを悩ませ、あなたを苦しめます。

“ワクワク”することで、
ほどほどに成功させます。
小市民的な幸せに、安住させます。

あらゆる手段を使って、
あなたが、【天性の才能】に、
気づかないようにしむけているのです。

6

 

では、どうすれば、
変化を嫌う潜在意識に邪魔されず、
【天性の才能】を開花させることができるでしょう?

そのためには、
【潜在意識の現実化メカニズム】を理解すると、いいですよ。

 

すると、
▶︎▶︎▶︎自分が一番苦労していること◀︎◀︎◀︎ が、
【天性の才能】であることに気づき始めます。

7

例えば、あこさんの場合は、こうです。

↓  ↓  ↓
↓  ↓  ↓
↓  ↓  ↓

あこさんは、ひとりで頑張って生きてきました。

8

だって、【誰も助けてくれない】から……。

ん?
誰も助けてくれない???

【誰も助けてくれない】の反対は、【助け合い】

ということは、
あこさんの天性の才能って、【助け合い】なのかも??

【助け合い】が現実化すると、
あこさんの人生は、【未知の幸せ】へと動き出す。

だから、潜在意識は、
【誰も助けてくれない】という現実を創りだし、
あこさんを【馴染みのある不幸】に縛り付けているのでは?

9

10

なぜかはわかりません。
でも、意識的にも、無意識にもできる呼吸は、
潜在意識を変える上で、重要な役割を果たしているようです。

深い呼吸のできる身体を取り戻すと、
【潜在意識の現実化メカニズム】への理解が、
ぐぐっと、深まります。

“ワクワク”への違和感が浮上してきます。

11

私は、単純に、こう思うのです。

“ワクワク”することを追いかけるだけで、
人生が変わるほど、私たちって、単純なのかな~?

それで、人生が変わるなら、
ブッタやキリストの時代から何千年もの間、
人は、悩み続けること、なかったんじゃないかな~?

【潜在意識の現実化メカニズム】への理解を深め、
ひと呼吸、ひと呼吸、丁寧に、潜在意識を変えていく。

【天性の才能】を開花させ、
【馴染みのある不幸】から【未知の幸せ】に移行する。

そのためには、
現実的で地味な取り組みが、大切なのでは?

 

あなたは、どう思いますか?

 

~満足度96%!日本でココだけ!~
◆気づきの呼吸体験セミナー・日程はこちら!◆

http://ameblo.jp/hendricks-japan/entry-11559616516.html

呼吸ミニワーク1

潜在意識を身体で変える!
気づきの呼吸・Trinity満月ミニワーク

呼吸ミニワーク2

潜在意識を身体で変える
【1日2分!骨盤呼吸】

ここでは、
気づきの呼吸の♪テーマ曲Part1♪を聞きながら、
約2分間、深い呼吸を楽しみましょう (^O^)

1.身体を感じながら、深く息を吸う。
2.身体を感じながら、深く息を吐く。
3.曲が終わるまで、繰り返す。

躍動感のある曲を聴きながら、
あなたのペースで呼吸できましたか?

身体を感じること、できましたか?
感情に、変化がありましたか?

ご感想をお聴かせ頂けましたら、幸いです。
お気軽に、コメント欄にご記入くださいませ!

呼吸ミニワーク3

骨盤呼吸のご体験は
体験セミナーで!

http://ameblo.jp/hendricks-japan/entry-11559616516.html

 

次回の記事掲載は、
12月11日(金)新月の日の予定です。

 

最後まで、お読みくださり、ありがとうございます。

気づきが波紋のように広がり、
あなたが、より幸せに、より豊かに、より成功しますように (^O^)

では、また~~~!