【幸運と発展の木星が2017年10月10日にさそり座へ移動することで、人との絆や繋がりを体感する機会に恵まれる、好機を逃がさないように!】〜キプロスのカズコより

宗教や精神世界に一番関係したのは、さそり座と射手座です。 さそり座は力、射手座は理解力になります。
【幸運と発展の木星が2017年10月10日にさそり座へ移動することで、人との絆や繋がりを体感する機会に恵まれる、好機を逃がさないように!】〜キプロスのカズコより

【幸運と発展の木星が2017年10月10日にさそり座へ移動することで、人との絆や繋がりを体感する機会に恵まれる、好機を逃がさないように!】

1年というのは、過ぎてみると、本当に早いものです。
12年に一度、幸運と発展の木星がそれぞれの星座に訪れます。

2017年10月9日までは、木星は天秤座に位置しています。
天秤座のみなさんにとって、2017年は大幸運が訪れたことでしょう。
何も良い事がなどなかったと嘆いても、何かしら、人生が変わるような出来事が起きたことでしょう。

天秤座は「結婚」「パートナー」を司る星座です。
誰かと寄り添うことで、誰かと支え合うことを体験した人もいらっしゃることでしょう。
2017年は愛と美の女神アフロディーテが天秤座の皆さんを守護していました。
愛とは何か? あなたの愛は何処にあるのか?
体感していない人も、無意識に何かを感じる出来事が訪れてことでしょう。

2017年10月10日の火曜日から、木星がさそり座入りすることで、金星と火星が更なる進化を続けて行きます。
さそり座に木星が留まっているときには、何が起こるでしょうか。

あなたが蠍座であるならば、早めにあなたの星座の特性を理解することで、より良く夢を実現出来る事でしょう。
木星はジュピター、または、ゼウスと呼ばれています。
全能のギリシャの神である、ゼウスは、子孫繁栄に伴い、多くの女神と結ばれ、その子供たちが神になった由来からでしょうか。
木星は「拡大」「幸運」(magnification and fortunate)のキーワードを持っています。
一昔は、この木星が良い角度で他人にアプローチすると人々に幸運を齎す星と言われ、ベネフィット(benefit)と呼ばれていました。
色々なことに拡大して行くことは素晴らしいことですが、広がり過ぎて、収拾がつかなくなることもありますので、バランスを大事にして下さい。

さそり座は、天秤座で出会った対人関係の次の段階に進み、特定の人と深い繋がりを持つサインです。
全く異なるタイプの相手と繋がることは、水と油を意味します。
色々な意味でぶつかり合い、お互いの人格を揺さぶり合うことで、両者ともに変革されていきます。
つまり、誰かと一体化することで、人間が変化してしまう意義を味わうのが蠍座の課題です。
しかしながら、なぜ、このような難題が必要なのか、考えてしまうことでしょう。

天秤座は風のサインです。
風の次は、水のサインになります。
風の意識を持つ星座の中で、天秤座は、人との関係の中で、社会的な人格を作ろうとします。
社会的な人格を作るためには、他者との関わりが不可欠です。

この対人関係で、進みたい方向が決まったとき、それを自分の心に浸透させて定着する段階に入ります。
これがさそり座の段階であり、影響が完全に定着に及ぶまでは、その関係を続ける必要があります。
水の固定サインは、さそり座のほかにも、蟹座、うお座があります。

「水」は、情愛、情感を意味します。
これらをベースにした価値判断をする傾向があります。
特に、対人関係などを大切にするグループです。

自分や相手の感情を重視するために、物事の対局が見えない点も特徴です。
水は単独では成立し得ないので、常に誰かと和合したり、混じったり、くっついたりします。
例えば、水の絵を描きたいと思うとき、その絵には、器になる物が必要です。

小さい物でしたら、グラスやコップ、大きな物でしたら、川、池、湖などになります。
水はそもそも情感という気持ちなので、水のサインを持つ人は、家族が住む家を大事にします。
家は実はその器なのです。家があると落ち着くことでしょう。

蠍座の特徴 ♏
偶数 ・固定・水
天体 冥王星
身体対応  性器・直腸・膀胱
時間数字 8

 

さて、話しは戻りますが、誰かと深く関わるためには、自分が持つ防衛心の殻を一度は破る必要があります。

防衛心は正当性を主張することで、自分が正しいことを曲げることができず、あたかも、自分を主張することで自分の殻を打ち破らないままでいることに気づく必要があります。

天秤座の段階では守られていた個人と個人の領域ですが、さそり座にとっては、不要な壁なので、それが壊れて行きます。
他者に関心を持ちすぎると、何が正しいのか、間違っているのか分からなくなって行きます。
相手を想うあまりに、依存心も芽生えて来る場合もあります。

さそり座の人でなくても、他者と深く関わるような出来事が訪れることになります。
木星がさそり座に入ることで、深い愛情に包まれ、他人の感情を深く読み取る能力を活性化される人も増えることでしょう。
感情面で木星の保護が働くので、情緒的な人との交流で傷つくことが半減するでしょう。
自分自身に自信が持てるでしょう。