前世での生き方は現世でどこまで影響があるのか?〜キプロスのカズコより

人間のエネルギーは、体調が良ければ上がり、健康を害すると下がります。 当たり前のように感じることでしょうが、運気は体調に左右されるということです。
前世での生き方は現世でどこまで影響があるのか?〜キプロスのカズコより

【前世での生き方は現世でどこまで影響があるのか?】

スピリチュアルという言葉が定着してもう十数年は経ちますが、過去世の事を覚えている人はどれぐらいいることでしょう。
もしも、誰かに「前世の記憶はありますか?」と聞かれても、「ありますよ。」と、応えられる大人は多くないかも知れません。

しかし、5歳ぐらいになる子供達に同じようなことを尋ねると言葉足らずでも、その存在があったことを知っています。
子供たちの多くが、「昔のことはあまり覚えていないけど、ふわふわしたところから、ママとパパを見ていたよ。」
「この人がママになってくれたらいいなぁと思ったよ。」
「優しそうだから」
「そう思っていたら、ママのお腹の中でママの声が聞こえて来たよ」

子供は親を選べないと言われていますが、実は、ほぼすべての子供達は親を選んでいます。
あなたの親も同じように、親を選んで生まれ変わっています。

6歳ぐらいから、幼少期の記憶が薄れてしまいます。
それは、現世で生きて行く上で、過去世の事を覚えているとカルマの解消に妨げが生じるかも知れないと思い、守護霊たちが敢えて、記憶を消してしまうようです。
しかしながら、前世の記憶は、すべての人の無意識下に眠っているだけです。

私の友人でアイルランド人の女性は、動物好きなのですが、猫が怖いという人がいました。
私は大の猫好きなので、キプロスに来てから、レストランでも、カフェでも、猫がうろうろしています。
ある時に、ランチを彼女としたときに、窓から猫が覗いていました。

外で食事をしていたのですが、猫がうろうろするのは耐えられないというので、店内に座ったのですが、同じ猫が様子を伺いに窓に座って、じっと、見ていました。
彼女自身、嫌いではないが、怖い。
あの目が怖いと言っていました。

ある日、うちに来たので、我が家の猫は怖くないのかと聞くと、それほどでもないと言っていました。
彼女の場合は、彼女の叔母さんが猫好きで、数十匹飼っていたようで、その種類の猫は怖いと言っていました。
ヒーリングをした後に、他の猫たちを見ても怖がることが無くなりました。

どうやら、彼女の叔母さんが飼っていた猫に何度も、顔を引っかかれた様子で、猫が突然、高い場所から飛びかかっているという恐怖心が彼女には植え付けられていた様子でした。
幼い頃の思い出なので、恐怖心だけが残っていた様子です。
その後は、撫でることまでは無理でも、それほど、猫に対する恐怖心は薄れたと言っていました。

 

現世での幼少期の記憶は必ず、大人になっても覚えてはいないが、人生へ影響は少なからずあります。

かなり前から、その女性のことは知っていましたが、会う機会がなく、顔も名前も覚えていません。
私の事を知っているということは会ったことがあるのだ。と、かなりの時間が経って知りました。

主人の会社の人で、タイコンドウ(テコンドー)で活躍している人で、今年になって数回も手術をしたが、良くならないということで、相談を受けました。
彼女の過去世はアフリカのブードゥー教の魔術師だった様子で、儀式の際に、人の血を飲むこともあったことがあるようなイメージが浮かんで来ました。
そのため、現世で今になって、胸の手術をすることになった様子ですが、お医者さんもはっきりした病名が分からないということでした。

私自身、浮かんで来たイメージの中で、現世でもその影響がある可能性があることを伝えました。
「親族で、アフリカ人はいますか?」と、尋ねると、「私の母がそうです。」と答えました。
とても白い肌なので、アフリカ人の血があるなど微塵もなかったので、その答えに私自身が驚きましたが、母方には、ブードゥー教を続けている人達も存在する様子でした。
「もう、これ以上、過去世でのことで苦しむことはありません。」と伝えると、「気持ちが楽になった。」と、涙を浮かべていました。

 

不治の病になってしまう人の中には、過去世での因縁が関係していることもあります。

その因縁が複雑で、家系も含んだものであれば、尚更、病名を見つけることさえも難しいときもあることでしょう。
多くの悩み事を解決できる糸口として、生まれ変わりを信じることで、生まれて来た意味を思い出すことが出来ます。
病気になったことも偶然ではありません。
必然的な出来事です。