努力は報われないのか〜外界に現れるすべての現実は内なる心と魂を深く結びつけている
〜キプロスのカズコより

繰り返しのように見える日常生活に意味や価値を出す生き方とはどんな生き方でしょうか?  外界に現れるすべての現実は内なる心と魂を深く結びつけています。
努力は報われないのか〜外界に現れるすべての現実は内なる心と魂を深く結びつけている<br>〜キプロスのカズコより

努力は報われないのか

日々の生活で人一倍に働き、倹約し、家族の為に服や靴も新調せず、せっせと働き蜂のように休む暇もなく、頑張っても誰かに感謝されることもなく、消えてゆくだけの時間を空しく感じる人も少なくはないでしょう。

多くの主婦の方々は家事に追われ、食事を作って家族に食べて貰っても、また、時間が経つと、また、夕食を作ったり、片付けたりしなければなりません。

綺麗に片付けてもその側から、汚していく子供もいれば、終わりのない義理の両親の介護まで請け負って、掃除をしても、また、同じ繰り返しの日々が続くことはまるで、苦行と思えるでしょう。

会社で働く方々も同じように、困難な状況を達成して契約を結んだりしたのに、会社の判断で自分以外の上司に成果を持って行かれたり、また、取引そのものを破棄されてしまうこともあるでしょう。

また、長年、苦心して開発した製品にも関わらず、他社にその新製品を奪われてしまった上に、先に特許までもされてしまっていた為に、御蔵入りになってしまい、リストラされてしまったり、左遷されてしまったり等、日常茶飯事に目まぐるしく、理不尽な出来事が起きています。

さらに、長い人生の全体でも、努力してようやく手にした地位や財産、また、愛する人と結婚は出来たが、手にしたものをいつ失うことになるかは分かりません。

心の準備が出来ていない状態で、そうした出来事は訪れることがあります。

喪失体験によって、すべてを失ってしまうことで、私たち人間は悲しみや心の痛みを感じ、その時点では「この世には神様など存在しない」というような苦痛とともに、絶望を感じるかも知れません。

しかし、望む物を獲得し続けても、平等に訪れる「死」という喪失から逃げることは出来ません。

獲得することだけ、勝ち続けることだけ、物質的に豊かになり続けるだけを目的にした人生なら、失われることによってゼロ時点に立つことは生きる意味さえも否定してしまうことになることでしょう。

202583728

 

ギリシャ神話に登場するシーシュポスのお話を致します。

シーシュポスは自分の犯した罪によって、罰を受けることになります。

彼はタルタロスで巨大な岩を山頂まで上げるよう命じられた(この岩はゼウスが姿を変えたときのものと同じ大きさといわれる)。シーシュポスがあと少しで山頂に届くというところまで岩を押し上げると、岩はその重みで底まで転がり落ちてしまい、この苦行が永遠に繰り返されます。

大人になって待ち受けていたモノは、「意味もなく、希望もなく、ただ続いているだけの、つまらない人生」ではないか? と思う人も少なくないと思います。

それが神の罰であり、押し上げても、転がり落ちてしまう巨大な岩のように、終わることのない無益な苦行はいつまでも続くのか? と、悲観してしまうことでしょう。

しかし、禅のマスターである道元師は、日々の生活の作業は苦行ではないと言っています。

道元師は、中国で修行僧たちの食事の世話をする炊事係のことを雑役係だと思っていました。
しかし、実際には、修行経歴が長く、人望もある僧でなければ、その役目を貰うことが出来なかったのです。

米一粒の大切さ、水の尊さが分からない僧侶には任せられないというほど、重要な役であったと、言えます。