世界遺産が3つあるポーランドのクラクフのスピリチュアル旅行

ポーランドの京都と呼ばれているクラクフでの旅行先では夜はとても涼しく、今年のパフォスは異常に暑いので、帰って来てから、すでに夏バテです。
世界遺産が3つあるポーランドのクラクフのスピリチュアル旅行

こんにちは!

いつもありがとうございます。

4月のベルギーでのテロが起こった後、熊本地震も発生し、自粛して旅行をやめるかどうか考えました。

行きたいと思える場所も浮かんで来なかった為、暑いキプロスで結婚記念日とマイケルの誕生日をお祝いしようと思っておりました。

 

全くもって、ポーランドに行く気持ちもなかったのですが、涼しいところに行きたいという気持ちだけで、行先をポーランドのクラクフに決めました。

行くと決めたのですが、どんなところかもあまり調べず行きました。

遠い昔、ペンパル(Penpal)と、手紙で遣り取りしていたペンフレンドがポーランドの出身だということを思い出しました。

また、シドニー時代、お部屋を借りていた大家さんもポーランドの出身だったことを思い出しました。

ポーランドで有名な音楽家と言えば、ショパンということも思い出しました。

ゆっくり出来るかなと思い、クラクフに7日間滞在することに決めました。

移動して、首都のワルシャワに行くとなると、疲れそうなので、クラクフのみの滞在で、便利の良いホテルのみを探し、あとは、行ってから考えるという予定を入れない旅行スケジュールにしました。

マイケルの会社で働くポーランド人女性はクラクフから電車で30分ほどのところの出身らしく、いつも6月にキプロスから帰っているということだった理由は、6月は比較的雨が降らず、天気も良いらしいので……。

今年の6月の天候は雨が降るという天気予報でしたが、いつも雨が降っていても、傘を買うと使うことがなく、晴れることが多いので、晴れることを願って傘を持たずに行きました。

初日の天気予報は雷雨と予想されていましたが、空港に到着してびっくり、暑い! 東欧だから寒いと思っていましたが、暑い! マイケルには、私が「冬服も持参した方が良いと言ったので、持って来たが必要なさそうだね。」と、苦笑いされてしまいました。

ホテルはロケーションが抜群の4つ☆ホテルに宿泊を入れました。

ポーランドの所得水準が良く分かりませんが、日本の安い5つ☆ホテルと値段があまり変わらないのでびっくりです。

なぜか、人の流れが多いのか、人気が上昇しているのか、ホテルを取るのにも苦戦しました。

着いた日はゆっくりしようということでしたが、下調べを全くしていなかったので、「マイケルの誕生日は何をしたい?」と聞くと、「お任せ!」の返事が返って来ました。

まずは、旧市街に行こうと言って、地図を持って、レセプションで印を付けて貰い、出発しました。

カズコ

 

迷いながら、歩くこと5分ぐらいで、大きな広場と馬車、タイムスリップをしたかのような古い景色はまるで、アルメニアのヤラバンを思い出しました。

 

マイケルの誕生日には、ベィエリチカ岩塩抗に行くことにしました。

ホテルから頂いたパンフレットの料金があまりにも高かったので、自分たちで、バスで行くことにしました。

ホテルの近くのバス停で304号のバスに乗れば良いと言うことだったので、そのバス停を探して、キョロキョロしていると、ポーランド人のおばさまがやって来て、「私は英語が出来ないけど、どこに行きたいの?」と聞いてくれました。