キプロスのカズコより〜【愛を与えることが出来なければ、受け取ることもできない】

霊的成長をしたいならば、自分のカルマから逃げないことです。
キプロスのカズコより〜【愛を与えることが出来なければ、受け取ることもできない】

もしも、あなたが現世でソウルメイト、ツインメイトとの再会を願っているのであれば、この世での「カルマの清算」から逃げていてはいけません。

あなたはこの世に生まれ変わることで、前世で果たせなかった夢や使命を繰り越して、今、あなたはこの地球に存在しています。

それと同時に「カルマの清算」を現世でやり遂げたいと願って、生まれ変わっています。

来世まで繰り越すとなると、更なる複雑な課題が増えるだけです。

また、来世で平和な環境に生まれるとは限りません。

「いまというときに、カルマの清算をしないで、あなたはいつ、カルマの清算をするのでしょうか?」

 

カルマの種類にもいくつかあります。

1.過去世からの個人のカルマ

2.過去世からの家族のカルマ

3.過去世からの家系のカルマ

4.過去世から他人に何かしたことで、相手にもカルマを植え付け、自分にもカルマを作ってしまった、共存カルマ

5.国のカルマ

6.地球のカルマ

7.現世で作ってしまったカルマ

このカルマの中で、過去世で他人と関わり、何度も同じような問題を設定して生まれ変わったが、どちらかの一方が同じような心のクセを修正することができず、また、生まれ変わっても同じようなカルマの問題で悩んでいる人がいます。

特に、ソウルメイトで幾度もの過去世を伴にして来た夫婦や恋人は、同時に、カルマの清算をするために、カルマメイトとして、魂の成長を懇願して、夫婦になることで、そのカルマの清算が出来ると計画して生まれています。

しかしながら、いざ、結婚して、子供が生まれ、また、親族などの要求や社会との絡みが同時進行してしまうために、カルマの清算どころではなくなってしまうことも多々ある様子です。

色々な例がありますが、韓国ドラマのようなストーリーのような
「貧しい家庭に生まれ、ある日、好きになった人が、超がつくほどの有名な会社の御曹司君とのラブストーリー」

実際にもそのような人がいらっしゃることでしょう。

そのような人の過去世は、美貌も物質的にも恵まれ、物質的快楽に溺れ、本能的快楽を優先したために、死後の世界には、同じようなタイプの人達が集まる霊界に暮らすことで、「私、綺麗でしょう? 見てみて!」という魂の集団ですから、自分に注目が集まらないことで、孤独な心境を味わうことになり、地上で持っていた物質など何の頼りにもならないことに気づくことになります。

虚栄心や自己顕示欲が強すぎると、スピリチュアル・ガイド、高級霊達も霊的成長が霊界にいても上がることも、磨かれることもない様子なので、肉体を持った人間として生まれ変わるときに、過去世とは真逆の環境に生まれ変わることで苦労させることを設定させていることもあります。

時には、顔にあざや身体的にハンディキャップを持たせることで、人に嫌われてしまったり、孤独感を生身で体験することで、魂の成長を促しています。

他の例では、自分の家族のために、人々を騙し、不幸にさせた過ちの方、自分の家族が世界で一番だと思い込み、自分の家族には迷惑をかけたり、騙したり、他人がどれほど困って苦しんでいても平気で無視したり、無関心を装って決して手を差し伸べようとしなかった結果、そのような人の死後は、霊界に還り、初めて、利己的な生き方の間違いを実感することになります。

自分が地上で暮らしているときに、愛を他者に向けることが出来なかったと後悔することで、霊界に還っても、過去世を伴にしていた家族とは会えない環境の魂となり、孤独状態に置かれながら、再度、生まれ変わりを待つことになります。

生まれ変わったときに、自分が過去世で他人に行ったことを他人からされてしまうことになります。