カノウユミコの宇宙のレシピ ~自然に寄り添って暮らす~

鳥取の田舎の暮らしは、全てがオーガニック、とてもぜいたくで豊かです。

Ⅱ.たくさんの畑の幸に恵まれて

鳥取の家と畑は、歩いて10分くらいの距離です。
畑では両親が長芋やラッキョウを出荷用に育てていますが、それ以外に家族が食べる野菜やフルーツ、ハーブ類を無農薬で作っていて、一年中ほぼ自給しています。

だから野菜はいつも必要な時に畑に行ってとってきて、とれたてを食べるのが日常です。
とれたばかりの野菜はおいしいのはもちろん、エネルギーがとても高いんです。

料理も余計な手は加えず、もっぱらシンプルに蒸したり、蒸し煮したり、焼いたりするだけ。
少量で、カラダも心も満たされます。
医学的な証拠はありませんが、消化もよいような気がします。
お店に並んでいる野菜は、どんなに新鮮でも収穫してから1日以上経っているものがほとんどなので、なかなか共感してもらえないかもしれませんが……

食べきれない野菜やフルーツは、天日で一日干して冷凍保存します。
太陽のエネルギーが加わると、さらにエネルギーもパワーアップし、調理時間が短縮できるだけでなく、味も凝縮され深みも出てさらにおいしくなります。

カモミール、ミント、タイム、オレガノなどのハーブも干して、ハーブティにしたり、入浴剤にしたり、一年中楽しみます。
ベリー類やグミは、ジャムにしたり、お酒に漬けたり、
梅は梅酒や梅干しに、ナスと紫蘇は塩漬けして発酵させて柴漬けにしたり、柿は干し柿にしたり、さつま芋は干し芋にしたり、冬になると一年分の味噌を仕込んだり……

鳥取の田舎の暮らしは、全てがオーガニック、とてもぜいたくで豊かです。

 

〈カラダと心を満たすおいしい野菜レシピ②〉

どんな野菜にも合う、ヘルシーな豆腐ディップです。
とれたての生野菜をいくつかそろえて、ディップとともに大皿に美しく盛り付け、パーティ料理にもどうぞ。

◆豆腐ディップ

カノウユミコ著『菜菜おつまみ』(柴田書店)より

〈材料〉
豆腐(充填豆腐タイプの絹ごし) 150g

A
玉ねぎ(みじん切り) 大さじ2
白味噌 大さじ1
オリーブオイル 大さじ2
米酢 小さじ1
レモン汁 小さじ1
塩 小さじ1/2
にんにくのすりおろし 少々

生野菜(トマト、ラディッシュ、大根、きゅうり、ピーマン、ニンジン、パプリカ、かぶ、キャベツなど)……適宜

〈作り方〉
1.豆腐とAをフードプロセッサーにかけるか、泡立て器でなめらかになるまで混ぜる。
2.器に1を盛り付け、適当に切った生野菜と一緒に皿に盛り付ける。

※ディップにパセリやチャイブ、チャービルなどのハーブ、胡椒や唐辛子などでアクセントをつけるのもおすすめ。
また、アボカドをプラスするとコクのある仕上がりになります。

11月12日開催☆カノウユミコさんのWS情報!

https://www.trinitynavi.com/products/detail.php?product_id=1988

《カノウユミコ さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/yumikokanou/?c=149888