オータム・ライフ! ~切ない秋を元気に乗り切る方法~

日々の忙しさやストレスをすぐに解消するのは難しいかもしれませんが、姿勢を良くすることは普段の小さな積み重ねで改善できます。胸を張って、お腹を引っ込めて、顎を引いて、まっすぐ前を向いて生活してみてください。見た目も美しく、賢く見えるばかりでなく、印象も良くなり、あなたの魅力が更に増すこと間違いありません。
オータム・ライフ! ~切ない秋を元気に乗り切る方法~

秋は切ない!?

秋はロマンチックな季節です。芸術鑑賞をしたり、景色を眺めたりして自分自身の感情を素直に楽しめる季節でもあります。夏のアクティヴさとは違って、のんびりしたくなるような季節でもあります。しかし、秋は切なく憂鬱な気分にもなりやすい季節でもあります。人によっては単なる憂鬱さだけではなく、病的なウツっぽさが出てくる方もいらっしゃるので、その点だけは注意が必要です。

自分の人生について考えるのは良いことです。しかし、自分の人生を否定的に思い込んでしまったり、自分自身を見失って頭が混乱したりしてしまったら、信頼できるカウンセラーなどにセッションを受けてみるのも良いかもしれません。蛇足ではありますが、精神科や心療内科に行ってお薬を貰えば秋の憂鬱を乗り越えられると安易に考えないように気を付けてください。そういうことをしなくて良いように、普段からのセルフケアが大切です。

そこで、今回は憂鬱な気分に流されないための心得についてお話ししたいと思います。

 

憂鬱な気分に流されないための心得

①美しい姿勢を保つ!

例えば、公園のベンチで美しい男性(or女性)がいたとします。きちんとした姿勢で座っていたら、秋の季節も重なって益々ロマンチックに映るかもしれません。しかし、だらしない姿勢で座っていたら、黄昏ていると言うより、堕落しているように映ってしまいます。姿勢一つで、それほどまでにイメージが変わってしまうのです。
姿勢が悪いと自然に目線や身体が下の方ばかり向いてしまい、気分が沈みやすくなります。気分が沈んでしまうと表情まで暗くなってドンヨリしてしまいます。ドンヨリしている人を見て、魅力的だと思いますか? ……思いませんよね。

そして、ドンヨリしているだけでなく、そこに肉体的な疲労感や精神的なストレスが加わって、「忙しい! 疲れた! でも仕事休めないし! あーイライラする!!」なんてことになってしまったら、一体、どんな表情になってしまうでしょうか。……想像しただけでも恐ろしいですよね。

こう言っては何ですが、周囲から見て、ドンヨリして、だらしない姿勢でネガティヴな心持ちで仕事をしていたらそれこそ『ダメ子』(男性だったらダメ男)と思われてしまいます。自分の効率だけでなく、周囲にも悪影響を与えてしまったらそれこそストレスが一気に膨れ上がってしまいます。

日々の忙しさやストレスをすぐに解消するのは難しいかもしれませんが、姿勢を良くすることは普段の小さな積み重ねで改善できます。胸を張って、お腹を引っ込めて、顎を引いて、まっすぐ前を向いて生活してみてください。見た目も美しく、賢く見えるばかりでなく、印象も良くなり、あなたの魅力が更に増すこと間違いありません。

これは習慣さえ身につけてしまえば楽なので、しばらく諦めずに継続してみてください。あなた自身の心身もプラスの方向に変わってきますし、周囲のあなたを見る目も変わってくると思いますよ。

②身体を温める!

ご存知の通り、秋から冬にかけて、どんどん寒さが増します。温かい服装に切り替わってはいきますが、ついつい見逃してしまうのが下半身の温めです。女性の場合、真冬でも人によっては短いスカートをはいて出掛けることもありますので、特に気を付けてくださいね。

寒くてトリハダの脚を露出していたら、それこそイメージダウンですからね。「タイツも履いているし、ブーツも履いているから大丈夫!」という方もいらっしゃるかもしれませんが、思っている以上に女性は足元が冷えやすく、冷えから様々な不調を起こしやすいと言われています。女性の身だしなみやオシャレというものは必ずしも短いスカートを履くことだけではありません。健康あってこその美しさだということも忘れないようにしてくださいね。

また、身体が冷えると憂うつになりやすいです。血流が悪くなり、脳に栄養が行き届かなくなるためです。お散歩したり適度な運動をしたりして身体を温めてくださいね。おひさまの光も大切です。できれば夜ではなく優しいおひさまの光がポカポカと私たちを照らしてくれる日中に外に出るように意識してください。心が晴れやかになること間違いありません。

身体を温めることで、心身が元気になれば芸術の秋も、運動の秋も、食欲の秋も、一層あなたの生活を楽しませてくれると思います。

③食生活を見直す!

食欲の秋に流されない(暴飲暴食しない!)ことが大切です。女性は特に食べることが大好きです。プチ断食が流行っていても、やっぱり美味しいものが目の前にあれば食べたくなってしまうのが女性の性というものです。不食も徐々に人気になっては来ていますが、私は食事を楽しむことは悪いことではないと思っています。大切なのは何を食べるかだと思います。

美味しいからと言って、人工甘味料たっぷりのケーキやお菓子を食べ過ぎたり、コーラを飲みすぎたりすることが問題なのです。もちろんケーキやコーラがダメと言っているわけではありません。如何にして自制心を働かせるかが大事なのです。

特に仕事が忙しいと、疲労が蓄積されてしまうので、ついつい栄養ドリンクやエナジードリンクをたくさん飲んでしまう方も多いと思います。これも、少し考えればわかるのですが、ゲームに出てくる回復アイテムのように、瞬時にパワーが回復するものって本当にあるのでしょうか。そういうものに頼るよりも、日頃からパワーバランスをコントロールできる習慣を身につけることが大切なのです。
飲食で即席回復しようという安易な発想そのものが危険なのです。

秋の食べ物は特に美味しいです。じっくりと旬の料理を味わって楽しめる環境を作ってみてください。きっと、あなたの心身が喜ぶと思います。

④自分を追い込まない!

夏の疲れが溜まっているようなら、無理をせず、休息をとりましょう。無理にアクティヴに行動しようとしなくて大丈夫です。どうしても緊急性のあるタスクがある場合は別ですが、すべての物事に熱血する必要はありません。

アクティヴな女性はカッコイイというイメージがあるかもしれませんが、それも見方によります。単なる暑苦しい人と思われたら公私共に人が離れて行ってしまいますし、秋の憂鬱さにプラスして孤独を味わう結果になってしまう可能性すらあります。また、何かを忘れるために、何かから逃げるために気合を入れている人と思われてしまうと、痛々しい女性だと思われてしまいます。無理しなくて良いのです。

冬はクリスマスやら年越しやらお正月やら、特に女性にとっては忙しい季節がやってきます。そのためにも、秋にくれぐれも燃え尽きてしまわないようにパワーを存分に蓄えてくださいね。人間はメリハリが大切です。やるべき時にきちんと動ける方がカッコいいです。

秋は、何をするにも最適な季節です。だからこそ、憂鬱になっているなんて勿体なさすぎます。心身のケアをしっかりとして、充実したオータム・ライフを過ごしてくださいね。

前回の記事:
眠れない夜、起きられない朝を克服!! ~スッキリ起きるための安眠メソッド~