アナタは大丈夫? ~気をつけないとプライバシーの侵害になってしまう危険性~

気をつけないと個人が特定されてしまう危険性があります! 個人情報を守るのは個人的な意識の問題も重要です。
アナタは大丈夫? ~気をつけないとプライバシーの侵害になってしまう危険性~

情報化によってどんな情報も簡単に発信&受信できる世の中です!

最近、「個人情報が流出した」という言葉をよく耳にするようになった気がします。個人情報が流出するというのは現代においては大問題です。個人に関する情報が本人の許可なく外部に出てしまうと、大した内容ではなくても大問題になってしまいます。

恐らく一昔前は個人情報という概念はそれほど気にされていなかったように感じます。しかし、今は時代が大きく変わってしまいました。現代は情報社会です。特にインターネットが普及したことによって、世界中に瞬時にして情報を飛ばすことができます。そのため、本来ならばすぐに消えてしまうような情報や伝わりにくい情報でも気がつけば拡散現象が起こってしまう可能性もあります。

昔も噂好きなおばちゃんが要らぬ情報(特に個人情報)を振れ回って面白おかしくネタにしていたということはたくさんあったと思います。もちろん現代もたくさんいます。そのようなことをされると、ネタにされて情報拡散されてしまった人は大迷惑です。

「火の無いところに煙は立たない」「言われる方にも原因がある」と思うかもしれません。確かにそのようなケースもあると思います。しかし、イジメ問題なども似ていると思うのですが、必ずしもそうとは限らない場合もあるのです。

恐ろしい話ですが「火が無いなら火を起こせば煙も出るよね……」という理屈も成り立つのです。これに関しては具体例を挙げると悪用されるので触れないことにします。

ちょっとした情報でも悪用されたり言い触らされたりするととても危険です。だとすると、やっぱり仮に大したことでは無くても安易に個人情報を流出されたりするのは、やはりある程度は問題視というか意識した方が良い気もします。

個人情報とは?

今さらではありますが、個人情報とは具体的にはどういったことを指すのか確認してみましょう。Wikipediaによると「個人情報(こじんじょうほう)とは、特定の個人(人間、自然人)を識別することができる情報を指す」とあります。要するに、「誰のことを言っているのかわかる情報」ということです。

気をつけないと個人が特定されてしまう危険性があります!

個人情報を守るのは個人的な意識の問題も重要です。特にインターネットに自分のプライバシーを書き過ぎると危険なのは言うまでもありません。ストーカーや変質者に狙われたりする危険性もあります。就活生などは場合によっては会社の人事の人にチェックされていて、それが原因で悪い事をしているわけで愚痴を書いているわけでもないのに「会社のイメージに合わないな……」ということでイメージダウンしてしまう危険性もあります。

ところでインターネットやテレビなどを見ていて、時々怖くなることはありませんか。どういうことかというと、サラッと誰かの情報を流している人が案外多いということです。悪意があって微妙な言い回しで相手が特定できるように話をする方もいらっしゃるかもしれません。でも、悪意がなくても無意識に個人情報を漏洩している人って案外いるようなのです。

たとえば、カウンセラーや弁護士など、プライバシーに触れることが多い職業の方は特に注意した方が良いです。インターネットやテレビなどで、「こんな人が過去にいましてね……」と事例を出すことってありますよね。ネタとしておもしろいから言っているわけでは無くて事例として挙げているだけなのはわかるのですが、特殊な例として語っている場合は特に個人が特定しやすくなります。

一般的には本人の承諾を得ている場合は別ですが、特殊な事例を話す時は特殊ゆえに個人が特定されてしまいやすいことを十分に配慮して、敢えて一部フィクションを入れて誇張したり複数の類似のケースをまとめて1つのエピソードにしたり、それなりになんらかの工夫をしていると思いますしかし、そのような配慮を怠って、うっかり語り過ぎてしまうと非常に危険なのです。

「○○の件で悩んでいる人……なんか、どこかで聞いたことあるような話ね……。そういえば××さんも、そんな件で悩んでいたような……。あれ?そういえば××さん相談できる専門的な人を探してなかったっけ?家族構成や時期などの背景も重なっているわね……。まさか……!?」

「○○の件……?そんなケース滅多にあるはずがない。俺以外には……。××め。弁護士にチクリやがったな……!」

と、その情報が安易に流れ過ぎていることで、知られたくない相手に情報が伝わってしまう危険性もあるのです。そうなると、せっかく専門家に相談しても、そのせいでトラブルが大きくなってしまっては大変です。

個人情報流出というと、「誰かのPCにウィルスが感染して、PCに登録してある知り合いのメールアドレスが流出してしまった!」というようなイメージが浮かぶと思います。しかし、うっかり喋り過ぎたどうでもよさそうな情報が個人特定に繋がってしまうという可能性も頭の片隅に入れておいた方が良いです。良い噂なら、どんどん流して良いですが、そうではない事例を話す際は本当に注意が必要です。

日頃から信頼できる相手と接することが大切!

個人情報に神経質になり過ぎるのも問題ですが、やはり不必要に広める必要の無い情報は自分の中でしっかりと識別して人と接した方が良いと思います。そしてなにより、関わる相手を選ぶことが大事だと思います。

信頼できる相手ならば、外部に漏らしてはならない情報などは必ず配慮してくれます。逆に、どんな情報も軽視しているような人はあまり信用しない方が良いかもしれません。人間は関わる相手次第で大きく人生が影響します。

》前回の記事はこちら《