スピリチュアル好きは貧乏好き!? 〜 現実世界の否定や「清貧」への憧れ

「スピリチュアル好き」ということは、「現実逃避が好き」ということを意味している。だから当然の結果として、お金=現実界の最強のツールには弱い。

《スピリチュアル貧乏》

「スピリチュアル貧乏」という言葉をご存知でしょうか。
「自愛」や「自分を愛する」という言葉もかなり前からわたしが使っていて、元祖「自愛」だと自負していますが、「スピリチュアル貧乏」という言葉もかなり以前よりわたしが使っていた言葉だと思います。


以前より感じていましたが、スピリチュアル好きな人に、貧乏な人が多いという傾向があります。

つまり、スピリチュアルな人に、お金にブロックがある人が多いということなのです。

 

《スピリチュアル=現実逃避》

これは、なぜなのでしょうか。

答えは、簡単です。

お金は、現実世界の象徴です。
つまり、現実社会からの逃避がスピリチュアルにはまることの原因となっているのです。
幼少期に、現実の世界=家庭環境が厳しい、つまり親に愛されていないと感じて育った子供は、現実以外の世界に興味を強く持ちます。
つまり、一種の逃避ですが、そうしないと苦しくて生きていけないのです。
そこから、スピリチュアルな世界に興味を強く抱くのです。

スピリチュアルな世界の根源は宗教です。

キリスト教や仏教など宗教の教えの多くが「清貧」を称えています。
昔から、商人は世俗の象徴とされ地位が低く、世俗と離れた聖職者は地位が高いとされて来ました。

宗教が社会を支配し、お金を集めるには、その方が都合が良いからです。
すると、知らず知らずのうちに、お金に対して「汚い」とか「トラブルの原因」いうイメージを抱いてしまいます。

 

《お金は汚い》

お金に対して、そのようなイメージを抱いていたら、どうなるでしょうか。

お金の立場に立って、考えればすぐにわかります。
お金は、あなたのところにはやって来ません。

嫌われている人のところに、わざわざ行くでしょうか。

お金をきちんと受け取りたかったら、現実世界の否定を止め、「清貧」への憧れを捨て、お金のことを愛して欲しいのです。

お金は愛です。

お金は、お金を愛してくれる人のところに現れるのです。

経営者や起業家向けのセミナーは、この世にたくさんありますが、わたしのビジネスセミナーは、このようなお金や仕事に対するブロックを徹底的に外すことを行うことから始まります。

お金や仕事に対するネガティブな記憶を抱いたまま、小手先のビジネスのテクニックをどんなにマスターしても、抜本的な解決にはならないのです。

自愛メソッド公式ブログ
https://ameblo.jp/jiaimethod/

 

《開運堂どんどん さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/jiaimethod/?c=163943