「私たちの身体は磁気が不足している?」 〜磁石によって、様々な病気を改善するバイオマグネティック・ペア・セラピー〜

Relationship between humans and magnetism. Illness is healed by magnetism.
「私たちの身体は磁気が不足している?」 〜磁石によって、様々な病気を改善するバイオマグネティック・ペア・セラピー〜

【磁石が持つ神秘の力】

「磁石」というのは、私たちにとって非常に身近なもの。
冷蔵庫にメモを貼り付けるために使っていたり、スマートフォンケースの留め金として使われたり、様々な場所で見かけることができます。

「目には見えない力で引きつけあい、反発する」という磁石が持つ特性は古代の人にとっては、とても不思議なものであり、「神秘的な物体」であると考えられてきました。
そんな発想の延長線上に、「催眠療法の元祖の一つ」ともいえる「メスメリズム」があります。

こちらは、創始者であるフランツ・アントン・メスメル「動物磁気」という概念を提唱したことからはじまっているのです。

 

【誰もが身体に磁気を帯びている】

実際、私たちの身体は「微量の磁気を帯びている」のですが、メスメルの手法は実際は催眠誘導に近いものであり、直接的に磁気を操ったわけではありません。
しかし、「磁気によって生体がなんらかの影響を受けることは事実」です。

その中で、最も効果が確認されているものとしては「血行促進」があげられます。
磁気ネックレスや、小さな磁石をいれた絆創膏、耳つぼを磁気で刺激するなどの製品は、磁石のもつ血行促進作用によって、肩こりを解消したり、新陳代謝を促進するなどということを目的にしたものです。

興味深いことに、磁気によって血行促進作用があるということは、経験的にわかっておりある程度は医学的に認められた製品があるにもかかわらず、「なぜそのような作用がもたらされるのかという原理ははっきりとはわかっていない」のです。

 

【最先端科学でも注目されている生体磁気】

なぜ、このようなことが起こるのでしょうか? その理由のひとつとして、人間が供えている「生体磁気」を測定することが「非常に困難である」ということが考えられます。
人間の磁気は非常に微弱であるために、地球自体がもつ磁気や、周囲の磁気にまぎれて測定しにくいのです。

しかし、現在まで「生体磁気を検出するための研究は続けられて」います。これは、前述のような身体作用を測定することはもちろんですが、「脳の活動をより詳細に調べるために重要なもの」となります。

「脳波」を測るために、現在主流となっている方法は、「脳の電位変化を計測する」というものですが、もしも生体磁気を観測できれば「よりクリアで詳細な脳の活動が把握できる」わけです。

 

【現代人は磁気が不足している?】

このように、私たち人間の身体というのは磁気と密接に関係しているわけですが、古代の人に比べると、「現代人は磁気が不足している」という説があります。

前述したように、地球自体が磁気を発しています。
いわゆる「地磁気」です。

地磁気には善し悪しがあり、あまり地磁気が強い場所だと逆に「生体に不具合がでる」という説もあり、ダウジングを専門とする「ダウザー」という人々は、人に悪影響を与えるような地磁気がある場所を見つける、という仕事を行ったりしているほどです。

また、炭などを使って、地磁気を変化させるという手法があるなど、「地球が持つ磁気というのは知らず知らずのうちに私たちに影響を与えている」のです。

しかしながら、近年では「地球の磁場が年々弱くなっている」こと、さらに磁気を遮断する鉄製の建物が増えたこと、携帯電話などによる電磁波が多くなったなど、さまざまな要因から私たちが「地磁気をストレートに受けることは減って」きています。

果たして、それが良いのか悪いのか、はっきりとした結論は出ていませんが、強すぎる地磁気が悪影響を与えるように、生命誕生以前から存在していた地磁気をまったく受けないというのも「身体のバランスを崩してしまう可能性は高い」といえるでしょう。

 

【磁気を利用したHIVすら癒す療法】

このように、磁気と私たちの身体は密接に関連しているために、磁気を利用したセラピーや治療法には様々なものが存在しています。
そんな中で、30年近い歴史を持ち、「HIV患者」をはじめとして、様々な疾患を治療するという「多大な成果を与えた療法」が存在しています。

それは「バイオマグネティック・ペア・セラピー」と呼ばれるもの、マイナスとプラスの極をもった磁石を使って、様々な疾患を癒していくというこのセラピーは、日本ではほとんど知られていない珍しいものです。

そんな珍しいセラピーをミスティックセラピーで有名な「ハピエル・デ・サラス」さんから受けることが出来ます。

次回は、そんなバイオマグネティック・ペア・セラピーについて、より深く掘り下げると共に、そのパワフルな癒しの力について紹介して行きたいと思います。

 

 

【心身の不調を強烈に整えるバイオネティック・ペア・セラピー2017年2月東京・大阪・博多にて開催決定!】

◆ハビエルオフィシャルサイト
http://javierdesalas.site/