プロとして活躍している人多数!  プロのスピリチュアルカウンセラー・ヒーラーとしての意識や心構え、最新技術が学べる養成講座

プロとして活躍している人多数!  プロのスピリチュアルカウンセラー・ヒーラーとしての意識や心構え、最新技術が学べる養成講座

今回お話しを伺ったのは、銀座の一等地で占い&スピリチュアルサロン「銀座エルアモール」を経営し、「一般社団法人 日本スピリチュアルカウンセリング協会」の代表理事を務めていらっしゃる、西川隆光(にしかわ・りゅうこう)先生です。
銀座にサロンを構えてから6年、ご自身も当地にてスピリチュアルカウンセリングを行い、多くの活躍するスピリチュアルカウンセラーを育成し、自ら養成講座の講師もされていらっしゃいます。

 

受講生は普通にお仕事をされている人ばかり。
「スピリチュアルカウンセラー養成講座」の実情、内容

編集部:スピリチュアルカウンセラー養成講座は、東京では次は10期目、大阪では1期目と伺いましたが、どのような人たちが受講されているのでしょうか?

西川先生:そうですね、受講者は女性が8割、男性が2割と言ったところですが、会社員の方、主婦の方、派遣社員の方、医療系のお仕事をされている方や広告代理店にお勤めの方など、いわゆる「普通にお仕事をされている方」が多いですね。スピリチュアルには興味があるけれど、どこかのスピリチュアルなセミナーに通っているとか、かじっているような方ではない場合がほとんどです。予備知識がなく、この講座をお申込みされ、通われる方が多いですよ。
土日、土日、土日と6日間講座なので、平日お仕事をされている方にも好評です。週末に集中して学べることが人気みたいですね。
男性受講者は、コミュニケーション能力を上げたいという気持ちが強く、かつスピリチュアルなことにも興味がある、という方がほとんどです。

DSC_0016

 

編集部:東京の講座では全国から受講生の方がいらっしゃるのですか?

西川先生:北は青森から、南は九州まで、さまざまな地域から受講されています。西日本からの参加者の方も多いので、大阪での講座も始めることにしました。

編集部:どのような方に講座を受けて欲しいと、西川先生はお考えですか?

西川先生:私は、「100万人以上の人たちに、スピリチュアルな愛の風を送り届け、愛と勇気と希望を与える」をモットーに、今の活動を10年続けているのですが、心の医者として、コンビニエンスストアのように、各町に一人は、きちんとしたカウンセラーがいるような世の中になればいいな、と考えています。

しかし、スピリチュアルカウンセラー自体が、きちんと稼ぎ、悩める人々を指南する役目を担わなければならないわけですから、私は「リアルスピリチュアル」とか「ジャパニーズスピリチュアル」と呼んでいますが、フワフワとスピリチュアルを楽しむだけのもの、お手軽にできるものではなく、きちんと学び、知識と体験を積んだ人が、スピリチュアルをビジネスとしてしっかり確立させていく、そして困っている人のコンサルタントになれるような、そのようなスピリチュアルカウンセラーになるよう、この講座でしっかりと指導しています。

DSC_0026(1)

 

編集部:講座の内容はどのようなものか教えていただくことはできますか?

西川先生:スピリチュアルカウンセラー養成講座は、初日に「ブッダチャネリングカード」を学びます。このカードは当協会のオリジナルのもので、一日しっかり学ぶことで、これだけでプロの占い師としても通用するスキルが身につきます。

cc01

 

2日目は座学を行い、3日目はヒーリングスキルを学びます。4日目はコーチングを通してコミュニケーションスキルを学びます。そして5日目はエネルギーワーク、当協会オリジナルの「シンクロマジック™」を習得していただき、最終日にはトータルでの学び、そして卒業試験があります。こちらを無事クリアされますと、当講座の認定をお渡しします。
またスピリチュアル事情は都度変わっていきますから、いつも最新のスピリチュアル理論を学べるよう、養成講座も随時カスタマイズしています。

DSC_0023

 

銀座でサロンをオープンする前は……波乱万丈な人生、忘れなかった志とカウンセリングの日々

編集部:少し話は脱線しますが……西川先生ご自身、どのような経緯で今のお仕事を始められたのでしょうか?

西川先生:私は最初、フレンチのシェフを目指していました。22歳からフランス料理の修行を始め、挫折して、その後出家をしまして(笑)坊主になったのですが、どうもその世界が合わず、30代は全国を祈祷して放浪する人生を送っていました。結婚も4回しまして……(笑)。子供も生まれたので、39歳のときにそろそろ落ち着こうかと思い、東京に腰を据えることにしたのです。
そして東京の有名な占い館に所属し、霊視鑑定で4年ほど鑑定活動をしておりました。当時は大げさではなく「行列のできる占い師」というやつで、毎日毎日ひっきりなしに鑑定を行っていましたね。自分自身もさまざまな体験を経て、鑑定士になりましたから、かなりディープなご相談も多かったですが、霊視とカウンセリングスキルで、多くのご相談に乗っておりました。

今でもカウンセリングは行っていて、毎年3000人の個人セッションをしておりますので、10年で3万人のセッション実績があります。
銀座にサロンをオープンして、最初は一人で鑑定活動を行っていましたが、スピリチュアルカウンセラー養成講座の卒業生たちも、こちらのサロンで鑑定活動をするようになり、今サロンでは私を含め8名が鑑定を行っております。みな、スピリチュアルカウンセラー養成講座を卒業した生徒たちです。

DSC_0248

 

編集部:講座を卒業した生徒さんは、今どんな活動をされている方々がいらっしゃるのですか?

西川先生:そうですね、大阪で霊符カウンセラーとして活動していて、全国からお客様が押し寄せている卒業生もいますし、青森から受講しに来られていた女性ですが、もともと飲食店を経営されていて、占いの経験ゼロでしたが、受講終了から1か月後に青森で占いの館をオープンしたパワフルな卒業生もいますね。

銀座の「エルアモール」に勤務している卒業生ですが、一番人気のカウンセラーは毎月のべ400人は鑑定していますし、一人で月間150万円以上も売り上げています。私は自分の会社を、スピリチュアル系で最初の上場会社にしたいと思っていますので、もちろん、私とコラボしながら世のため人のために活動するスピリチュアルカウンセラーを目指していただくのもいいですし、独立して、自宅でとか自分が住む地域で活動されるカウンセラーになっていただくのもいいと思っています。

編集部:ただ学ぶだけではなく、働く場所がある、独立起業できるスキルを身につけることができるなんて、すごいですね。「出口がある講座」というのはほとんどないので、やはりそこは強みですよね。

西川先生:私自身、自分の店が認知されてから、そして銀座で一番売れている店、という確固たる立場を築いてから養成講座に力を入れていきたい、それが本来の道筋だと思っていました。「売れている」ということは、悩んでいる人に必要とされている、ということですから、売り上げ一番になること、これは自分の中で立てていた目標でした。
今まで東京での養成講座は9期まで行ってきましたし、少人数でしっかりと教えたいという気持ちから、6名限定での養成講座にしていましたが、さらにこれから、大阪での養成講座、また人数も8名までと少し枠を広げて、これからは対面のカウンセリングだけではなく、養成講座にも力を注いでいきたいと思っています。
スピリチュアルをビジネスとして確立していきたい、という方のご希望に添えるよう、誠心誠意、この養成講座を行っています。


 

今でも、占いやスピリチュアル、ヒーリングなどの世界は、「うさんくさい」「怪しい」という印象が世間一般からすると強いと思う。
しかし、スピリチュアルやヒーリングという分野でプロとして独立し、悩む人をサポートし、それで稼げるようになること、きちんとした仕事として活躍するスピリチュアルカウンセラーやヒーラーが増えることで、世間の認識も変わるのではないか、いや、そうやってカウンセラーやヒーラーの意識や活動を変えていくことで、世間の偏見をなくし、悩める人が気軽にスピリチュアルカウンセラーやヒーラーに相談する、そんな世界になることで、もっと気楽に生きていけるような人が増えるのではないか。

今回、西川先生の話を伺いながら、西川先生は単なる霊能力を使ってセッションをする人、というレベルを超えて、自身のさまざまな体験から、「迷える人を救いたい」という強い思いを持ちカウンセリングに向き合っていること、またプロ養成講座を行うことで、スピリチュアルスキルを使い、独立できるカウンセラーやヒーラーを多く育て上げることへの意気込みを強く感じることができました。

超体験!スピリチュアルセミナーはこちら:
http://japan-spiritual.jp/seminar/taiken/index.html

2016年スピリチュアルカウンセラー養成講座<ベーシックコース>
東京第11期 8/27(土)スタート 大阪第2期10/1 (土)スタート
期間:約3ヶ月(各月2回) 受講費:18万円(税別)

お申し込み、お問い合わせはコチラより:
http://japan-spiritual.jp/shikaku/counsellor/basic.html

日本スピリチュアルカウンセラー協会HP:
http://japan-spiritual.jp/

銀座エルアモールHP:
http://el-amor.jp/