「京都『五山送り火』の謎 その3」
〜シリウスB星の高次の意識体”ポコプン”からのメッセージPart.32

古代の日本人が遺した、シリウス星やエジプトのサインである「五山送り火」は、毎年8月16日に行われます。古代人の叡智に思いを馳せながら、鑑賞を楽しんで下さいね。
「京都『五山送り火』の謎 その3」<br>〜シリウスB星の高次の意識体”ポコプン”からのメッセージPart.32

前回の記事、「京都『五山送り火』の謎 その2」からの続きになります。

 

< シリウス星を意味する「五山送り火」の文字、「妙法」 >

五山送り火の最後の一文字「妙法」ですが、Wikipediaによると、

妙法(みょうほう、Skt:Saddharma)とは、仏教において第一の最勝で不可思議なる法をいう。妙法は不可思議なる法というような一つの意味であるとともに、「妙」と「法」という二元性を同時に言い表す言葉・思想でもある。

たびたび「妙」についての意味を講義とともに、「法」についての意味も講義されることが多い。「妙は仏であり、法は九界の衆生(仏以外)」、「妙は法性であり、法は無明」、「妙は有情、法は無情」といったように、妙に対して反する性質の意味を、法にもたせる場合が多い。
(Wikipedia『妙法』より)

……ということから、妙法とは、表と裏という意味ではないですか?

五山送り火 妙法

「そうですね。でも、色んな意味での表と裏ですけどね。例えば、現在分かれつつある光の地球と闇の地球のように……」
と、ノンモさん。

 

< 表と裏を意味する「妙法」 >

伝承では、1307年に、松ヶ崎の村民が日蓮宗に改宗したとき、日像が西山に「妙」の字を書き、下鴨大妙寺の日良が東山に「法」の字を書いたということですし、お坊さんが始めたことであって、他の「大」、「鳥居」、「船」のように、シリウス星のサインとは全く関係ないと思ってたんですけど……。

「確かに、他の『大文字』、『鳥居』、『船』のように、神がはじめたものではないですけれど、『妙法』の送り火を始めた人は、シリウス神の意をどういった方法か分かりませんが受け取って(または教えられて)『妙法』に、裏と表という意味を残したようですね」と、ノンモさんは言います。

五山送り火1

ということから「妙法」は、“表と裏(光の地球と闇の地球など)”という意味を表しています。

 

「五山送り火」の謎解き、いかがでしたでしょうか?

古代の日本人が遺した、シリウス星やエジプトのサインである「五山送り火」は、毎年8月16日に行われます。古代人の叡智に思いを馳せながら、鑑賞を楽しんで下さいね。

 

ポコプンからの最新情報はコチラから→ ブログ『癒守(いす)の地球』isearth.blog.fc2.com

ポコプンから伝授された「癒守結(いしゅい)」についてはコチラから→ ホームページ:isyui.weebly.com

チャネラーノンモさんの描く不思議な物語→ 『月双ノンモの地球寓話』 http://ameblo.jp/tsukisou

フェイスブック『癒守の地球グループ(非公開)』への参加方法はコチラをご覧下さい→☆

フェイスブック:facebook.com/isyui.healing

ツイッター:twitter.com/eko8ta

 

《八多恵子 さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/?s=%E3%83%9D%E3%82%B3%E3%83%97%E3%83%B3&submit=