「ポコプンたちにとっての、オーラとは」 シリウスB星の高次の意識体”ポコプン”からのメッセージPart.54

ポコプンたちにとってのオーラは、魂が内なる神と繋がった方からのみ出ているそうですので、誰からでも出ているというわけではないそうです。

< 一般的に呼ばれているオーラとは、肉体のエネルギーです >

オーラ診断などでの、人の体の周りの様々な色(赤色、青色、緑色、紫色)を、一般的に、みなさんはオーラと呼んでいますが、ポコプン曰く、これは肉体のエネルギー(波動)なんだそうです。

この肉体のエネルギー(波動)は、その人の精神状態(落ち込んでいる、元気、冷静など)が、色となって現れるそうです。

この肉体のエネルギー(波動)を、ポコプンたちは、オーラと呼ばないそうです。

 

< ポコプンたちにとってのオーラとは >

ポコプンたちにとってのオーラとは、魂が内なる神と繋がった状態の際に出てくる光の事だそうです。
たとえばブッダの後光のような、白や金や七色に輝く光の事だとのこと。

このオーラの色は、白に近ければ近いほど、それだけ覚醒にも近い状態なのだそうです。

この、ポコプンたちにとってのオーラは、魂が内なる神と繋がった方からのみ出ているそうですので、誰からでも出ているというわけではないそうです。

 

< 死期が近づいている人の周りに現れる黒のオーラとは、空間の歪み >

よく死期が近づいた人からは、グレーや黒のオーラが出ているのが見えると言う方がいますが、これもポコプンたちの呼ぶオーラでもないし、肉体のエネルギー(波動)でもなく、肉体を脱ぐ準備のために発生する空間の歪みなのだそうです。

例えば、とても元気な男性が、2週間後に心臓発作を起こして亡くなる運命だとしましょう。
その元気な男性をエネルギーに敏感な人が見れば、男性の周りに発生した空間の歪みが、黒やグレーに見えるのだそうです。

 

ポコプンの最新情報はコチラから→ ブログ『癒守(いす)の地球』:isearth.blog.fc2.com
ポコプンから伝授された「癒守結(いしゅい)」セッションについてはコチラから→ ホームページ:isyui.weebly.com

フェイスブック:facebook.com/eko8ta

 

《八多恵子 さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/?s=%E3%83%9D%E3%82%B3%E3%83%97%E3%83%B3&submit=