『やせる方法・自分にあった食べ物』
これらは全部 体質によって異なります! Part.1

中国漢方と韓国漢方の違いを知っていましたか? 韓国漢方による、体質に合った健康法で美しく健康生活を楽しみましょう!
『やせる方法・自分にあった食べ物』<br>これらは全部 体質によって異なります! Part.1

こんにちは、(株)アクエリアンハウス・プロジェクツ(AHP)代表社長の
稲垣静枝(いながき しずえ)です。
今回から、全3回に分けて韓国独自の医学『四象体質医学』について
詳しくご紹介したいと思います。

 

韓国独自の医学―韓国漢方『四象体質医学』との出会い

数年前古本屋で何気なく目にしたムック本
『いますぐ簡単にできる!体質にあった生活で気になる病気をラクラク治す』
(監修・尚志大学校韓医学大学学長 キム・ダレル)でこの医学のことを知りました。
初めて韓国伝統の『四象体質医学』を目にし、占い好きの私にとっては
体質にあった食生活、ダイエット法、運動、病気予防、美容法、性格診断、相性診断はびっくりすると同時にあまりにも自分にあっていたので、
韓国四象体質医学の虜になりました。

そして、韓国でも著名なキョンヒ大学病院の韓国漢方科(ソウル)に行き、
体質診断をしてもらいました。
その時の検査方法は、先ず、質問書への記入、体重、身体的バランス
(頭や首、胴体など全部計測)、声などのチェックを行いました。
私は、行動派でせっかちな性格を持つことと、
総合的な体質の特質から4体質のうち『小陽人』体質であると判明いたしました。
そして、この医学に関する資料をいただき、帰国の途に着きました。
その後2009年に東京で韓国四象体質医学学会が開かれることになり、
民間人の一人として参加をいたしました。

そこでの2日間に渡る体験は私にとって大変有意義なものでした。

 

中国漢方と韓国漢方の違い

よく中国漢方では体質は変わると言われていますが、
韓国漢方では体質は生まれながらに決まっているので変わることはないと言われています。
韓国漢方は中国の漢方とは全く異なり、

人が持つ体質を4つに分類し、
それぞれの体質からもたらされる特有の病や疾患を判定することで、その処方を行う

という世界にも類を見ないものとなっています。
現況に於いて、余りにも細分化された西洋医学で診断ができても治療が困難な場合がありますが、
韓国四象体質医学の観点からその治療の可能が見えてくる場合があります。

 

だれが 韓国四象体質医学 を生みだしたか?
TVドラマでおなじみの ‘太陽人 イ・ジェマ’

スクリーンショット 2015-03-10 10.02.09

出典:http://www.bs4.jp/drama/leejema/

それでは、韓国四象体質医学とはどのようなものなのでしょうか?

19世紀末の朝鮮時代に李齊馬(イ・ジェマ)という官吏が打ち立てた論理であり、
1894年に初めて彼によって書かれた本『東医寿世保元』に彼の研究の集大成が記されています。
その後、彼が亡くなるまで、更なる臨床体験を重ねて改訂されました。
そして、後に弟子たちにより四象体質医学の原点となるべく本として出版されることになりました。

前述の如く、四象体質医学は体質を4つに分類し、
それぞれ体質ごとに生理/病理/治療/健康についての研究を行い、
病や疾患を始め、病気の治療とその予防を含め、独自の体質医学を打ち立てるに至りました。
そして、言行と心のコントロールを行うことで、
健康で充実した生活を送るよう支援する医学となっています。

四象体質医学の治療に於いて最も重視するのが、患者の心の状態、
そして同じ病気であっても体質的な特徴を捉えた治療を施す点です。

イ・ジェマ医師の生涯はTVで『太陽人 イ・ジェマ』という番組として何度も放映されております。
この医学が生まれる原因となった事件がありました。

ある時彼の病院に同じ急な腹痛で運び込まれた2人の患者がおりました。

一人は通常の薬で完治し、もう一人は亡くなったのです!

そこからイ・ジェマ医師の研究がスタートしたのでした。
全ての人に良いものというは 限られているのではないか
と私はいつも思っています。
彼はTVの題名のとおり、非常に数の少ない太陽人でした……

 

次回は韓国の四象体質医学をさらに詳しくご紹介!
イ・ジェマ医師が発見した4つの体質と、それらにあった食生活などを分かりやすくグラフでお教えします。

稲垣静枝さんが代表を務める
(株)アクエリアンハウス・プロジェクツ(AHP)のホームページはこちらから
http://www.ahp21.com