知られると支配されてしまう忌名とは?

本名のことを「忌名」と呼びます。忌名とは「忌まわしい名前」というイメージがあるかもしれませんが、実際には「口に出すことをはばかる名前」という意味となります。
知られると支配されてしまう忌名とは?

【名前には力がある】

「名前には力がある」というのは、日本だけでなく「世界各地」で広く信じられていました。お伽噺などで名前を知られた「悪魔や鬼が力を失ったり、召使いになったりする」というエピソードは世界中にありますし、スピリチュアルな領域でいえば悪魔や天使を従えるために使う力ある言葉というのは、唯一神の名前だったりします。『旧約聖書』に登場する唯一神は「エホバ」などと呼ばれますが、こちらは正式名称ではなく「YHVH」と表記されます。この読み方は実は正式には定まっておらず、本来の読み方をすることで「奇跡的な力を得られる」という伝承も存在しています。

 

【かつて本名は明かさないものだった】

こうしたことから、古代の人たちは「自分の本名を不特定多数に明かすということをしません」でした。この本名のことを「忌名」と呼びます。忌名とは「忌まわしい名前」というイメージがあるかもしれませんが、実際には「口に出すことをはばかる名前」という意味となります。言霊信仰の強い日本では、本名を知られることによって、「操られたり、呪われたりする」と考えられていたために、「隠すのが基本」だったわけです。

344308382

 

【年齢によって名前が変わる】

このような風習は実は比較的近年まで続いていました。時代劇などを見ていると「昔から普通に本名を呼んでいるじゃないか」と思うかも知れませんが、実際には家臣が主君の本名を呼ぶということはあり得ませんでした。有名な「織田信長」を例にとってみましょう。

信長は産まれた時は「吉法師」と呼ばれていました。子供時代の名前は、縁起担ぎでつけられることが多く、信長の場合はシンプルに「吉」がついていますが、鬼や霊に大切なものだとばれないように「屑」「捨」などという悪い字をあえてつかうケースもあります。

「元服」、今で言うところの成人になるときちんとした名前がつきます。このとき、忌名である実名が始めてつけられ、それと共に一般的に使う「通称」も名付けられるのです。この場合、実名は「信長」であり、通称は「三郎」でした。元服後は戦国武将や貴族の場合は、「官位や地位」が実名の前について、それが通称となります。信長の場合は「上総介」や「尾張守」などです。

このことからもわかるように、家臣や位の低い人物が信長を「信長」と呼ぶことはありえないのです。家臣の場合は「お屋形様」と呼び、位の低い人や、もしくは同等の地位の人は「上総介」などの位で呼んでいました。唯一、実名を呼べるのは「親や上役」だけだったのです。

(ウィキペディアより)

(ウィキペディアより)

 

【西郷隆盛は本名ではなかった】

信長は戦国時代の人物ですが、明治維新の立役者となった「西郷隆盛」も忌名を使っていました。そもそも、「西郷隆盛というのは本名ではない」のです。西郷は「吉之介」という通称を使っており、多くの人が本名を知りませんでした。しかしながら、明治維新後に本人不在の場で戸籍登録された結果、なぜか父親の本名であった隆盛が登録されてしまったのです。ちなみに、本名は「隆永(たかなが)」だとされています。

当時日本の有力者だった西郷隆盛が、なぜ、戸籍を修正せずに父親の名前を使い続けたのかはさだかではありませんが、明治時代においても忌名を守っていたことから考えると、政敵をはじめとして、多くの敵に呪われたりしないように注意していたのかもしれません。

(ウィキペディアより)

(ウィキペディアより)

 

【忌名にはスピリチュアルな根拠があった】

現代では、戸籍が完備されており、芸名やペンネームなどを使うことは可能なものの、本名を調べることは簡単になってしまったために、忌名は廃れてしまっていますが、「スピリチュアルな観点からすると、自分の中で忌名を設定しておくことには意味があります」。

名前を知られるということは、「エネルギーレベルでは標的を定めやすくなる」ことになります。しかし、自分だけがしっている忌名をつけておくことで、「呪いやエネルギーアタックなどがあった場合、その被害を軽減することが可能」です。このことから、シャーマンや魔術師などは本名とは別の「シャーマンネームやマジカルネーム」をつけるわけです。

他にも、名前という、普段自分が身につけている「社会性を持ったペルソナと切り離された霊的な部分を確立する」という意味合いもありますが、そのあたりはきちんとした儀式などが必要となってきますので、そこまで本格的にしなくても大丈夫です。自分の中で忌名を設定することで、ネガティブな想念などを受けにくくなりますので、エネルギーを感じやすい方は実践してみてくださいね。

Custom to hide the real name.
Spiritually protect ourselves “Imina”.

 

《ベーターくん さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/betar/?c=78809