赤くならない「かっさ」は家族に幸せをもたらしてくれる最高のツール〜赤い痕が残らない「無痛無痕かっさ」法は、日本人のために産まれた〜

赤くならない「かっさ」は家族に幸せをもたらしてくれる最高のツール〜赤い痕が残らない「無痛無痕かっさ」法は、日本人のために産まれた〜

【痛みがなく、赤い痕も残らないiCassa】

「かっさ」という療法をご存じでしょうか? こちらは「中国に古くから伝わる伝統的な民間療法」です。皮膚をヘラで刺激することで、老廃物を排出させ「健康を促進、美容をもたらす」として、「何千年も昔から伝わってきたもの」です。

最近ではテレビや雑誌などで紹介されることもあるので、すでにご存じという方も多いかもしれませんが、一般的なかっさは強く皮膚を刺激するために、「痛みがあるだけでなく、真っ赤な痕が残ってしまいます」。この痕は人によりますが、「消えるまでに1週間以上かかる」ということもあり、いくら美容や健康に良くても、女性にとっては「夏場に受けるのはちょっと……」と、躊躇してしまう要因となっています。そんなかっさの欠点を解消したのが、「無痛無痕かっさ」法である「iCassa」

b0f536_0472edeb10c64f1e9e7c6fb655c9bb9e

 

【代々伝わってきたかっさを、日本人向けに改良】

iCassaの創始者である「孫 春玲」さんの家庭では、代々「独自のかっさ法が伝承」されていました。それは「祖母から母、母から孫さんへ」と受け継がれ、家庭内で健康トラブルがあったときなどに使われていたのですが、孫さんが知人や友人にもかっさを施術したところ、その「手技に多くの人が魅了」され、いつしか彼らにかっさを教えるようになりました。

当初は代々伝わってきた伝統的なかっさを教えていた孫さんですが、日本にやってきて、日本人を相手に施術したところ、「日本人独特の文化や考え方を知る事」になります。中国人にとって、かっさはとても身近なものですので、「痛いのも、肌が赤くなるのも当然」なのですが、かっさを良く知らない日本人にとっては、「痛い施術というだけでも敬遠しがち」になりますし、さらに「肌が赤くなる」というと、なおさら施術を受けようとしない人が多かったのです。

しかしながら、かっさという伝統的で効果的な手技を「日本人にも受け入れて欲しい」と思った、孫さんは、師匠でもあるお母さんに相談しました。当初、「赤くならないかっさなど無理」といっていたお母さんでしたが、孫さんの熱意に負け、家に伝わっていたかっさを元に、「手技はもちろん、道具も含めて、長い間研究した結果」、痛みもなく、赤くならない「iCassa」が産まれたのです。

痛くしないで、赤く痕が残らないようにするならば、「手技の力を弱くすればいいのでは?」と思うかもしれません。力を弱くすると確かに痛くないですし、痕も残らない施術が出来るかも知れませんが、「経絡にきちんと刺激を与えることができない」ために、かっさが本来もっている「自然治癒力を引き出す力が失われてしまう」のです。そうならないために、孫さんは「長い時間をかけて独自の手技と、道具を開発した」わけです。

b0f536_8232138c48394fe9bc4759cef6802d65

 

【日本ならではのハンドかっさは、コミュニケーションも癒す】

このように、孫さんは、「日本人の身体と心にあうためのかっさ法を、真剣に探求」しており、基本となるiCassaの理論を完成させた後にも色々なアプローチを行っています。そのひとつが、日本だけにしかない「ハンドかっさ」。これは文字通り、「手をかっさする」というもの。通常のかっさは、「首や背中」にアプローチすることが多いのですが、あえて手にポイントを絞ったのには、「日本人の精神性」が関係しています。

中国でも、手にかっさを施術することはありますが、基本的に「自分」で行います。人に施術して貰うのは、「自分の手が届かない部分」ということで、前述のように背中などが対象となるわけです。しかしながら、日本人は他の民族に比べると極端に「肉体的接触を苦手」とします。西洋のようなハグもありませんし、握手をすることすら行いません。

このような「シャイな日本人が受け入れやすいかっさ」として、ハンドかっさが考案されました。手だけというと単純なように思えるかもしれまえんが、かっさの基本ともいえる「老廃物や不具合の原因物質を排泄する力を促進する」のはもちろんですが、対面して手と手をふれあわせることで、どんなにシャイな相手でも「自然とコミュニケーションが成立」し、なおかつリラックスをもたらします。すると、「幸運ホルモンや絆ホルモンが分泌され、精神的にも安定させてくれる」のです。つまり、「身体だけでなく、精神や人間関係すら良くしてくれる」のです。

cassa2

 

【iCassaの根底に流れる中国伝統医学の叡智】

なぜ、このようなことが可能になるのかというと、孫さんが教えるかっさは、日本人にあうように改良されながらも、その根底に「中国伝統医学の叡智がしっかりと存在している」ためです。かっさというと「デトックス」というイメージがありますが、単に流すだけでは「不十分」。先に「エネルギーをきちんと補って」からデトックスをしていかないと、エネルギーが不足して、「施術後に疲れが出たり、モミ返しが起きたりする」のです。そうならないために、かっさには、きちんとエネルギーを補うための手技も存在しており、孫さんはそういった「基本をしっかりと守っている」のです。

また、「時間と季節、体質、体調」といった、施術する時の状況をしっかりと見極めて、それにあわせた施術をするということも、孫さんは重視しています。「Aさんにあう手技が、Bさんにはあわないというのは当然」であり、その人がどんな状態であるのかを把握して、なにを必要として、なにを不要としているのかを知った上で手技を行うと、「根本的な体質改善がもたらされるだけでなく、心も活性化する」のです。このために、孫さんのかっさを受けた人は、健康で元気になるのはもちろんですが、その手技に「感動する」という人も多いのです。

b0f536_b2aeb796beaf4252a5b286a0b4f8caff

 

【家族へ愛を伝える「愛のかっさ」】

iCassaは「愛のかっさ」であり、「家族へ愛を伝える方法」だと孫さんは言います。多くの人に感動を与えることができるからこそ、「家族を幸せにすることができる」のです。幸せの基準は人それぞれ。自分の中で幸せの基準を見つけるために必要なのは、お金や物ではありません。「心の中に大切な人がいる、通じ合う人がいることこそが重要」なのです。

ハンドかっさはコミュニケーションを促進すると紹介しましたが、家族の中でひとりがかっさを身につけると、家庭が変わってきます。特に「母親」が身につけると、「子供の健康を守り、仕事で疲れた父親を回復させ、自分自身を美しく」するのはもちろん、「家族を支え、コミュニケーションの中心となる」ことができます。これを孫さんは「ママは家庭のセラピスト」と呼んでいました。

美容や健康にいいだけでなく、家族の絆を深め、幸せを産み出すiCassaを、「癒しフェアで体験する」ことが出来ます。昨年は2日間で500人以上の人が体験し、大好評を得ました。中には感動のあまり「スクールの受講を決定」し、1年間しっかりと学んだ末に、今回は「スタッフとして施術する側にまわったという人もいるほど」です。前回はいくつかの種類があったものを、今回はより深く感動して貰うために、ひとつの種類に絞って行うということですので、シンプルながらも、「正しい知識と確かな手技に支えられた奥の深い」iCassaを体験したいという方は、是非ブースに足を運んでみて下さい。

 

【かっさ体験】
日時: 10:00〜18:00 (月〜日)
<内容>
不思議な「美顔かっさ」体験。
お気軽にご参加下さい。
<費用>体験費 4,000円 (1時間)
詳細はこちら:
http://www.icassa.jp/

7/30.31土日開催
癒しフェアにて幸せを産み出すiCassaを体感!!
http://a-advice.com/tokyo_2016/
ブース番号:M2-27