フムス~今注目の女性に嬉しい中東由来のダイエット向きヘルシーフードで美しい身体と愛をゲット!

フムスとは料理名でもあるのですが、その材料となる「ひよこ豆」をフムスと呼ぶこともあります。その作り方はとても簡単ですので、まずはシンプルなレシピを紹介しましょう。
フムス~今注目の女性に嬉しい中東由来のダイエット向きヘルシーフードで美しい身体と愛をゲット!

【中東の定番料理が世界的に人気】

中東地域で定番の料理として食べられている「フムス」。最近、この料理に注目が集まっています。こちらは、中東をはじめとして、トルコなどの広範囲で食べられている「日常的な料理」なのですが、「低カロリーで高タンパク」ということもあり、最近では中東だけでなく、ベジタリアンなどの間で人気が高まっているのです。

その証拠に、アメリカ国内でのフムス市場は、「15年で100倍以上に成長し、現在は500億円規模になっている」とされています。

 

【フムスの作り方】

フムスとは料理名でもあるのですが、その材料となる「ひよこ豆」をフムスと呼ぶこともあります。その作り方はとても簡単ですので、まずはシンプルなレシピを紹介しましょう。

・用意するもの
ゆでたひよこ豆 200g
レモン汁 大さじ2
練りゴマ 大さじ1
ガーリック 1かけ
オリーブオイル 大さじ3

材料を揃えたら、すべてをフードプロセッサーにいれてしっかりと攪拌します。そんなに硬いものはないので、簡単にペースト状のものができると思います。これで「フムスの完成」となります。

非常に「手軽に作れる」にもかかわらず、そのまま食べることも可能ですし、野菜やパン、クラッカーやバゲットにつけて食べるなど、さまざまな食べ方をすることができます。そのうえ、素材となるひよこ豆は「低カロリーで、なおかつビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富」であり、イソフラボンも含まれているので女性にとって必須の「栄養素が沢山ありながらも、太らない」というものなのです。

そのままサラダのように食べると、意外と腹持ちがよくニンニクの風味がきいていることもあり、しっかりとした満足感があるので、最近ではダイエットフードとして取り入れている人も多いのだそうです。

 

【フムスをよりパワーアップさせるクミンパウダー】

そんなフムスですが、基本形は前述したような材料で作れますが、味付けとして「クミンパウダー」をかけることもあります。ダイエットを目的としてフムスを食べる場合には、このクミンパウダーはまさに「必須」ともいえるものとなります。

クミンはカレースパイスでお馴染みですが、中東などではお肉のアクセントに使ったりと、さまざまな方法で利用されています。フムスにかけるのもその一つですが、イランの大学が研究したところによるとクミンには「悪玉コレステロールや、体脂肪を減らしてくれる働きがある」ことがわかってきています。

毎日、クミンを小さじ1杯、3g程度が入ったヨーグルトを1日2回食べるながら、摂取カロリーを500kcal減らすという実験を3ヶ月間行ったところ、クミンが入ったヨーグルトを食べていた人は、入っていないヨーグルトを食べていた人たちに比べると、「5キロ以上の減量に成功」し、なおかつ「体脂肪は3倍も低下した」のだそうです。

このことから、クミンは脂肪燃焼を促し、新陳代謝を高めてくれると考えられたわけです。

 

【クミンは愛のエネルギーを保持する】

さらにスピリチュアルな観点からすると、クミンは「愛のエネルギー」に関係したスパイスとしても知られています。ヨーロッパではクミンは「恋人の心変わりを防ぐ力がある」とされており、結婚式の際にはクミンを携えていたともいわれています。

これらの要素を組み合わせると、女性にとってまさに「最強」にも近いダイエットフードとなります。フムスは低カロリーで腹持ちがいいですので、どこかの食事をフムスに置き換えて、そこに「小さじ1杯のクミンをかけた」ものを食べることで、「ダイエット効果はさらにアップ」しますし、痩せて美しくなると共に、恋人がいない人は「愛を引き寄せるエネルギーがチャージ」され、恋人や伴侶がいる方は、もっている「愛のエネルギーをしっかりととどめる」ことが可能になるわけです。

最近では完成品のフムスを手に入れることも比較的簡単になってきましたが、どこでも手に入れられる材料でフムスっぽいものを作ることもできます。フムスを作る場合手に入れにくいのは「ひよこ豆」ですが、これを比較的入手が簡単な「大豆」に置き換えることも可能です。

煮た大豆の缶詰などはスーパーで手に入れやすいですので、これを使うことで和風フムスとでもいったものができます。大豆も低カロリーで食物繊維が豊富であり、ダイエット効果も高いことはすでに周知の事実ですので、自作したいという方は、まずはこちらの和風フムスを使って見るというのもいいでしょう。分量などは、基本的にひよこ豆と同じでOKです。くれぐれも、最後の仕上げにクミンをかけることをお忘れなく。

ダイエットしながら愛のエネルギーもチャージできるフムス。興味のある方はぜひ作ってみて下さいね。

Worldwide attention has been paid “hummus”.
To obtain a love and perfect body in hummus and cumin.