アトピーを1%改善するための100の実践PART.3 ~鍛えるということ~

免疫を強化する方法はいくつか知られています。 まず食品によって免疫力が高まる可能性があります。ニンニク、キノコ類、海藻類、プロポリス、各種ハーブなどがあります。
アトピーを1%改善するための100の実践PART.3 ~鍛えるということ~

アトピーには排泄の弱さがあります。

私たちは汗や尿や便で、体に必要ないものを出さなければなりませんが、弱ると出せなくなります。
またそれらが悪さをするので悪循環になってしまうということがよく起こります。

寝不足で便秘になると肌荒れが起こりますが、ひどくなると痒みが生じて眠れなくなります。
これを繰り返すととても弱ってきて、慢性化して治りにくいものになります。

排泄の弱さはエネルギーの弱さです。
身体のエネルギーを高めるポイントは次の3点です。

①    筋力
②    バランス
③    免疫(自律神経)

下剤を使ったり、睡眠薬を使ったりすることは対症療法であり、根本的な解決にはなっていません。
自分の弱点を鍛えることが大切です。

筋肉量を増やすことはとても多くのメリットがあります。
基礎代謝を上げて、老廃物を排出しやすくします。基礎体温も上がり免疫力アップにもつながります。
しかし、大人になってから筋肉の量を増やすことは意外と難しいことです。

十分な休息、十分な栄養補給、そして適正な運動が必要です。筋肉量を増やすだけでは本当に強化されたことにはなりません。例えば、曲がったまま筋肉量が増加しても都合が悪いものです。

293768951

 

カイロプラクティックや整体の要素も時には必要です。

一人でコツコツとトレーニングする面と、指導者が付いてトレーニングする面の両方があると効果的です。

身体が強化されるということは、筋力とバランスが整っていることなのです。身体パフォーマンスには次の点があります。
・筋力
・持久力
・柔軟性
・バランス
・リズム感など

自身の苦手なところを強化するとよいでしょう。

次に免疫を強化することを考えます。
免疫と自律神経は密接に関わっており、睡眠や排泄をコントロールし、体の恒常性を保っています。

免疫を強化する方法はいくつか知られています。
まず食品によって免疫力が高まる可能性があります。ニンニク、キノコ類、海藻類、プロポリス、各種ハーブなどがあります。

 

また、実践的な方法として温冷交換浴もよいでしょう。

温かい風呂で体を温めた後、冷たいシャワーを浴びます。それを5回ほど繰り返します。自律神経が整い、免疫力アップにもなります。

昔の人は寒風摩擦をしたと言います。冷たい外気に触れ、皮膚を刺激することは免疫力を上げます。アトピーの人は皮膚を摩擦することができませんが、冷たい外気に触れる時間というのは必要です。

私たちは教育のせいか、メディアのせいか、なにか分かりませんが対症療法が脳に刷り込まれています。おそらくその方が経済は回るし、利権側が得をするからだと思います。

アトピーでお金をたくさん使うというのは、その罠にはまりかけている証拠かもしれません。私たちは、体を鍛えて困難に立ち向かっていけるように設定されています。そのことを思い出していただけたらよいと思います。

 

《早出正人 さんの記事一覧はこちら》