火の力、水の力〜激動の時代を象徴するかのような出来事が続いています。

火の力、水の力

西日本での豪雨災害の被害に遭われたみなさまに
お見舞い申し上げます。

亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに
被害に遭われたみなさまが一日も早く
安心して日常に戻ることができますように。

ご存じの通り、先週は日本で水の力が猛威を振るいました。
一方、ハワイでは火の力が治まる気配を見せません。

激動の時代を象徴するかのような出来事が続いています。

太平洋の真ん中にあり、世界のおへそとも呼ばれるハワイ。

ここは太古の昔、レムリア、そしてムー大陸が沈没した場所
とも言われています。

1月にハワイのカウアイ島を訪れましたが
カウアイ島はもっともクリアにレムリアのエネルギーが残っている場所だ
と感じました。

そのハワイが動いています。

今まで溜めてきたエネルギーを「噴火」という形で放出しながら
やがてクリアになって
レムリアやムーのエネルギーが上がってくるのでしょう。

「地球が怒っている」のではありません。

地球が放出しているのは、私たちが溜めてきたエネルギー。
私たちは地球の上で、地球のオーラの中で生きているわけですから
私たちのエネルギーの集合体は地球のエネルギーに含まれます。

あなたは何を我慢してきたのでしょうか?
本当は何に怒っているのでしょう?
怒ってはいけないと言うことではなくて
地球で起きていることは私たちの中で起きていることです。
宇宙は全てフラクタル(相似形)ですから。

だからこそ私たちは今ココで自分自身に向き合わなくてはならないと思うのです。

ハワイの海の底から上がってこようとしてる
レムリア文明、あるいはムー文明の基盤を成すのは「調和」です。
今の私たちのように「他と差をつけるために争う」のではなくてね。

個人としてその個性を活かしつつも、調和した状態。
私たちが向かっている先はそういう世界です。

しかし、調和させるためには不調和なものは一度精算しなくてはいけない。
そういうことが地球レベルで起こっている、と私はみています。

そしていち早く新しい時代への動きが始まっているハワイと
日本はエネルギー的には繋がっています。
どちらもかつてのレムリアやムーの一部だったところとして。

だから日本人はハワイが好きなのだと思うのです。

ハワイで火の力が活発に活動しているのに呼応するように
日本では水の力が猛威を振るいました。

古神道では「火水」と書いて「かみ(神)」と読むように
どちらも創造の原理であり、必ずセットで働きます。

 

火の熱を鎮めるのが水。

水で冷やすことによって、エネルギーは定着していくのです。

今回日本で起きたことを見てみれば、あちこちで山崩れが起き、洪水が起きました。
これを文字通りに読めば、もう抱えきれない! ということですよね。

火が怒りなら水は涙。
今まで山(土=火)がどれだけの水(涙)を抱えてきてくれたのでしょう。
火の中に水がある。

人間に置き換えれば、怒りは悲しみを抱えている、ということだと思います。
今まであなたは何を我慢して押し込めてきましたか?
どんな悲しみに耐えてきたのでしょう?

そして私たちはどうすればその怒りや悲しみを昇華させて
自らの力として
調和に満ちた世界を築いていけるのでしょうか?

ただ単に「浄化だよね-」ですませるのではなく、
自分のこととして考えられるのかどうかが世界を分けると思うのです。

そしてこの調和の世界を牽引していくのは女性です。

女性は本来調和を愛する存在。
だからネガティブと呼ばれる感情も、調和させるすべを本当は知っているはず。

だからこそ今は「女性性の時代」と言われていて、
これまで以上に女性たちが本当の力を発揮することが大切だと思うのです。

調和を導くのは、何かを成すことによってではなく
プレゼンス(在り方)によって、です。

一人でも多くの女性が自分らしい在り方を思い出すことを応援し、
それを願っています。

スピリチュアルライフガイド 美月結でした。

美月結公式ブログ https://ameblo.jp/golden-drops

 

《美月 結 さんの記事一覧はこちら》
http://www.el-aura.com/writer/goldendrop/?c=93250