五次元って何ですか? 〜 私たちが今生きている三次元の特徴は二元論&直線的 〜

スピリチュアル界では「地球が五次元に移動する」といったりしますが、
みなさんも「五次元」と言う言葉を耳にする機会が増えているのではないでしょうか。

でも五次元ってどんなところか明確にイメージできている方は
もしかしたら少ないのかもしれません。

そもそも言葉で説明するには限界があるのですが、
今日は五次元ってどんな感じなのかを改めて考えてみましょう。

 

【三次元とは何か?】

「五次元とは何か」の前に、
「三次元とは何か」というお話しをしておきましょう。

私たちが今生きている世界は三次元です。
三次元の特徴は二元論&直線的ということですね。

二元論というのは
白黒、善悪、光と闇、重い・軽い、喜・怒、楽・哀(喜怒哀楽)、
戦争と平和、清浄と不浄
などと言ったように真反対の二つの軸があるということです。
それによって
黒を経験するから白がわかり
哀しいを経験するから楽しいがわかる。
真っ白だったら、それが白いことがわからないですから。

大まかに言うと、そうやって両方の極を体験しながら、
統合を進めて、自分も成長し、拡大していくのが三次元の世界です。

また時間についての認識も
過去・現在・未来と直線的に時間が進むというように認識されていますね。
これも三次元の特徴。

そして個としての意識が強い。
別の言葉で分離の意識と言います。

私と私以外は別のもの。これが分離の意識。

私とあなたは別のものだし
私のあの木は別のものだし
私とあの犬は別のものだし
私と海も別のものだし
私と山も別のものだし……
という意識です。だから戦えるし、征服しようとかコントロールしようとするのですよね。

さらに肉体としても密度が濃くて重い。
はっきりした形を持っています。

 

これが五次元になるとちょっと違ってきます。

五次元ではまだ形を持っていますし、肉体もありますが
三次元の肉体と比べて、密度が薄く、軽い。
別の言葉でいうと振動数が速い。

透明人間みたいなのをイメージするとわかりやすいかもしれません。
振動数が速いし、肉体を構成する粒子も細かいので肉眼では見えない。
天使とかもそうですよね。

五次元って、もちろん天使まではいかないのだけど
そのように肉体としての密度は薄い。

そして意識としては指導霊とかマスターの意識ですよね。
だから地球人を助けに来てくれたりします。

個としての分離された意識ではなく、集合意識として認識していて、
自分は「大いなるものの一部」であり、自分以外の全ても
同じように「大いなるものの一部」という意識。
これを頭ではなく、経験レベルでわかっている。

1月にハワイ島に行ったときに
「あなたが生きることができれば、私たちも生きることができる」
というお祈りの言葉を教わったのですが
言葉で言うと、そういう意識が近いと思います。

私が生きるために、誰かや何かを犠牲にしたり
踏みつけたり、荒らしたり、搾取したり、という
三次元レベルで良くある意識とは全然違う。

宇宙を体に例えると
「あなたは右手の人差し指で、私は右足の親指」的な認識。

右足の親指が、右手の人差し指を踏みつけたり
右手の人差し指が、右足の親指から何かを奪ったりしてどうなります?
あるいは右手の人差し指が、右足の親指に依存したりとか。

三次元の私たちは何千年もそういうことをやっているわけですが
それが馬鹿馬鹿しいと気づき、
お互いに尊重し合い、大切にしあうことができるのが五次元の意識。

人間同士だけではなく、
動物とか植物とか地球とかも同じものの一部として見る段階。

だから海を汚すとかあり得ないのですよね。
海も自分だから。
このあたりが、三次元の分離の意識とは大きく違うところです。

五次元では時間も直線的ではなく
過去・現在・未来が全て同時に起こっているというのが
体験として理解しているレベル。

わかりやすいのはUFOですね。

直線的な時間軸で考えると何千光年も先の星から
地球にやってくるのは不可能だけど

彼らはそういう時間軸で生きていない。

今という時間軸から
別の「今」という時間軸に移動するだけ。
同じ大きさのお皿が何枚も重なっていて、Aというお皿からCというお皿に移動する
というイメージです。

それから意思疎通は言葉ではなく、テレパシーですね。
だから隠し事はできない。

私たちの住んでいる世界も
だんだんと隠し事ができなくなっているから
それはよい傾向なのではないかしら、と思います。

何となくイメージできましたか?
イメージできることは現実化できます。

続きはまたお話ししますね。
スピリチュアルガイド 美月結でした。

美月結公式ブログ
https://ameblo.jp/golden-drops

 

《美月 結 さんの記事一覧はこちら》
http://www.el-aura.com/writer/goldendrop/?c=93250