お月さまに学ぶ女性の在り方

月が太陽の光を受けて輝くように 女性は宇宙や大地からのメッセージやエネルギーを反射して周りに伝えることができました。私たちは自分たちのその力をすっかり忘れていましたが、今でも意図せずにそのようなことを行っている場面は多いはずです。女性の勘は当たるというのはその典型ですよね。
お月さまに学ぶ女性の在り方

こんにちは。スピリチュアルセラピスト美月結です。

中秋の名月~スーパームーンとお月さまが美しいお姿を見せてくれた先月末。
みなさまはお月見を楽しまれたでしょうか。
秋の澄んだ夜空にお月さまがパワフルで神秘的な美しい光を放っていましたね。

さて、スピリチュアルな世界では、月は女性性の象徴とされています。
男性性の象徴は太陽ですね。

具体的にはどういうことなのかをご一緒に見てみましょう。
スピリチュアルな叡智は具体的なレベルに落し込まないとこの世界では役にたってくれませんから(笑)。

golden

【太陽の輝きと月の輝き】

太陽が輝いている昼の間は、他の星は見えませんが、
月は自身が輝くことで、他の星の美しさも見せることができます。

これが太陽(つまり男性)と月(女性)の違いの一つです。

太陽は他の星の輝きを消します。
男性性をサヌキといったりしますが、サ(差)をつけることで物質化する、現実化する、あるいは自分がここにいる! ということを主張するのが男性(性)です。
だから他の星より輝くことで太陽(男性)はその存在意義を主張しようとします。
競争の世界ですね。

それが悪いのではありません。

私たちは大きな全体(ワンネス)の中にいますが
それはそのままでは物質化も現実化もしません。
他から差をつけることで初めて存在できるということなのです。

大きな円の一部に色をつけたり区切ったりするようなイメージを持って頂ければいいでしょうか。そこで初めて個が生まれますね。

この差を主張するのが太陽であり、男性(性)と捉えてみて下さい。

field-summer-sun-meadow-large

【月(女性)は他の全ての存在を輝かせることができる】

一方、月はその輝きの中に、他の星の輝きも含んでいます。
月が出ているからといって他の星が見えなくなるようなことはなくて、むしろ月の明かりおかげで、より他の星が美しく見えたりしますね。

つまり自分が輝いたからといって、他の星の輝きや光を消すことなくむしろより美しく見せることができるのです。

これが女性の役割の一つです。

男性性=サヌキに対して、女性性=アワと言いますが
ア~ワまで全て含む、包み込むことができるという意味です。
これは月の輝き方と良く似ていますね。
他の全ての存在も自分と共に生かすことができる、それが女性です。
自分だけではなく、他の全ての存在を輝かせることができるのです。

現実の世界で考えてみると、
男性は例えば会社で他の同僚などと競って(サをつける)、商品やサービスを作りだしたり
売上をあげたりする(現実化する)一方で、女性は協力して、繋がり合って、何かをするのが得意ですね。自分も生かしながら他を生かしているという状態です。

 

【受け取る/方向性を定める】

そして太陽は自ら燃えて輝いているわけですが、月はその太陽の光を反射して輝いています。

これを「全ての女性は本来、巫女である」という観点から見てみましょう。

女性は子宮で宇宙や大地と繋がっていますから、子宮を通して自然に宇宙や地球からのメッセージやエネルギーを受け取ることができます。

月が太陽の光を受けて輝くように
女性は宇宙や大地からのメッセージやエネルギーを反射して周りに伝えることができました。私たちは自分たちのその力をすっかり忘れていましたが、今でも意図せずにそのようなことを行っている場面は多いはずです。女性の勘は当たるというのはその典型ですよね。

ですから古代の社会では女性たちはとても大切にされていました。
彼女たちの受け取るメッセージやエネルギーによってその部族や国の方向性が
決められていたのですから。

日本もかつてはそうでしたし、
今でもそういった風習を残しているネイティブの方たちの部族もあります。
そういった母系社会のネイティブの部族と父系社会の先進国を比べると健康度や人生に対する満足度は明らかにネイティブの部族の方が高い、という調査結果を見たことがあります。

女性たちはそのようにして周りを導くことができるのです。

他の光を受けて輝くという意味では、宇宙や大地との関係だけでなく私たちが出会っていく魂の美しいところ、素晴らしいところを反射して相手に伝えてあげることができる、という側面もありますね。

これ、男性(サヌキ)には難しいですよ。
差をつける、つまり(相手より)自分が素晴らしい! が男性性ですから。

でも女性は、パートナーや子供や同僚や友達や……
そういった周りにいる人たちの素敵なところを自らが鏡となって、教えてあげることができるのです。相手の内なる光を見出すことができる。

そういうことをし続けたら、あなたの周りはとっても素敵な世界になると思いませんか?
女性はそういう世界を作りだすことができるのです。

person-woman-summer-girl-large

【闇夜を照らすのは女性】

そして私が一番大切だと思うのは「闇夜を照らすのは月である」ということです

そう、闇夜を照らすのは太陽(男性性)ではなく月(女性性)なのです。

どんなに闇が深くても、月の明かり~それは天地からのメッセージかもしれないし、月が教えてくれる自分の良さかもしれないけれど~それを頼りに進んでいくことができる。

そんな素敵な力を女性たちは本来持っているのです。

長い間続いてきた男性性優位の社会の中で、女性は女性であるが故の劣等感を感じたり、女性であるが故に自分の価値を感じにくいという側面が確かにあったと思います。
だから男性のようにふるまったり、男性に負けまいとふるまったり、男性以上の価値を示そうと頑張ったり……。

そのように頑張ってくれた姉の世代に女性たちのおかげで、今私たちは仕事をするということが当たり前にできますし(ほんの何十年か前までは女性の仕事は教師か看護婦だけでしたよね)、姉たちは他にも様々な制度や恩恵を獲得してくれました。

そんな姉たちの歩みに敬意を表しつつもこれからは女性たちが女性であることの誇りを取り戻して、本来の力を使う時に来ている。
そんな風に感じています。

それは自分を消すことでも男性に媚びることでもなくてね、自分を生かしながらやっていくことなのです。

あなたという月と私という月では受け取れるものが違うから。
それを生かし合うことができるのもまた女性の知恵なのだ、と思います。

これから空気が澄んで、お月さまがきれいに見えるシーズンに入ります。
月を眺めながら、ご自分の聖なる女性性を感じてみると良いのではないでしょうか。

 

◆10月25日 スマイルカフェ銀座出展◆

http://ameblo.jp/golden-drops/entry-12031499278.html

http://smilecafe.net/event/event151025

 

◆大神神社&檜原神社&天河弁財天参拝ツアー◆

http://ameblo.jp/golden-drops/entry-12079532319.html

 

前回の記事:いのちの響きに耳を傾ける ~あなた自身を生きるために〜