ココロが辛い時には
〜「自分にとって本当のこと」と共にあること

私たちが地球からのウェイクアップコールに応えることができますように。
ココロが辛い時には<br>〜「自分にとって本当のこと」と共にあること

4月14日夜から続いている熊本の地震。

まずこの震災で光に還られた全ての御魂のご冥福をお祈りすると共に
被災されたみなさまに一日も早く平穏な日々が戻りますこと、
そして大地が鎮まってくれることをお祈りしております。

現地の方は、余震が続いて不安でいっぱいで、そろそろ限界でしょうし
私のところにも「地震で(感情的に)揺さぶられちゃって」等というご相談が
いくつか寄せられています。

大地が揺れるということは自分の生きる基盤が脅かされることであり
それまで持っていた安心感や安全感(世界は安全なところであるという感覚)が覆されたり、また、それまでの自分の価値観等を否が応でも見直さざるを得ないということでもあると思います。

実際に阪神・淡路大震災の時も、311の時も、それで人生が変わりました、とか
いわゆる目覚めの体験をされた方も多いですよね。

また今回は震源地の移動という現象も起きましたし、地球の反対側のエクアドルでも地震があったり、中央構造線云々の前に、地球というのは(宇宙もだけど)、全て繋がっているということを実感させられたりもしました。

そうはいっても、不安な状態が長く続くのは辛いですよね。

 

こういう時はまず誰かに話すことです。

安心して話ができる誰かと自分の気持ちについて話し合うこと。

このような時には例えば「いのちがあっただけマシ」とか
「○○さんは私よりもっと大変だし」とか「みんな頑張っているのだから」
などという理由で、自分の本当の気持ちに蓋をしてしまいがち。

でもそれダメです。

そうやって我慢しているとどんどんとストレスが溜まってうつになったり
精神的に調子が悪くなったりしてしまいますから。

326845133

 

熊本の隣・大分に住む私の友人も「友達と話ができて安心した」と言っていました。
この安心感が大変な時を乗りきる力になるのですよね。

それに話すことで私たちは繋がりを取り戻すことができます。
このような大災害の時に後から(今もかもしれないけど)問題になるPTSD(心的外傷後ストレス障害)の核は「孤立無援感と無力感」です。

私たちは自然界の前には無力ですから、それは致し方ないとしても
(それが嫌なので、何とか自然界を支配しようとしてきたのが人の歴史、ということもできますね)

誰かや何かと(または地球と)繋がることで、その孤立無援感は回避できます。

だから回復していく上で真っ先に考えることは繋がりを取り戻すこと。

そしてもっと大事なことだと思うことは
いつでも、どんな状況の時でも
自分にとって「本当のこと」と共にある、ということ。

大丈夫じゃなかったら、大丈夫じゃないという。
泣きたいなら泣く
怒りたいなら怒る

人はよく、大丈夫じゃない自分や不安や怒りに駆られる自分、悲しみに沈む自分を
弱い自分、ダメな自分と思ってしまいますが、それはダメなことではありません。
そのままの自分を愛し、受け入れましょう。

そうやって「自分にとっての本当のこと」と共にあるうちに、あなたの中にある力が
蘇ってくるのです。
そうすると本当の意味で問題に向き合うことができるし、それを解決することも
できていくのです。

 

そして被災地以外の方は、なるべく自分の波動を上げるような行動をしましょう。

・自然の中に行く
・歌を歌う
・信頼できる人と話す
・瞑想する
・何も考えない時間を作る
・可能ならマッサージを受けるなど、リラックスできることを何かする
・裸足で大地に立つ
・大木をハグする
・ゆっくりお風呂に入る
・大好きな人達とおいしいものを食べる
・笑う などなど

343508219

 

普段からどうすれば自分の気分が良くなるのか? を探求しておくとよいですね
それは通常のセルフケアとしても役立てることができます。

良い人ほどこのようなことをするのに罪悪感を感じてしまうかもしれませんが
その罪悪感は何の役にも立ちません。
むしろ被災していない私たちが波動を上げて、自分の中心とつながり、深い平安と共にあることができれば、そのエネルギーが伝播して、必要なところに届くことでしょう。
一人ひとりの意識やエネルギーが現実を作っていきます。

私たちが地球からのウェイクアップコールに応えることができますように。

全てが最善の道へと続くプロセスであることを知って、それを信頼しています。
そして内なる平安と共に、私にできることをしていこうと思っています。

スピリチュアルセラピスト美月結でした。

美月結公式blog http://ameblo.jp/golden-drops/

 

《美月 結 さんの記事一覧はこちら》
http://www.el-aura.com/writer/goldendrop/?c=93250