人気アプリ作家・西麻布よしこが挑む!
平成二十五年訳 『源氏物語』紫式部 <十三>

アップルアプリ有料総合一位作品「男を虜にする極秘テクニック」を手掛けた著者が送る、意欲作連載第10回目! 名作「源氏物語(げんじ物語)」が現代に甦る……。
人気アプリ作家・西麻布よしこが挑む!<br> 平成二十五年訳 『源氏物語』紫式部 <十三>

第三段 高麗人の観相、源姓賜わる

高麗人が宮中に参っているさなか、高麗には立派な人相見がいるとの噂がありました。

人相見が宮中に召さなかったのは、亡き宇多の帝のお戒めがあったためです。

帝は、はなはだ人目を忍んで、この若宮を、人相見のいる高麗の鴻臚館へ遣わせました。

後見人であるかのように仕える右大弁が、若宮を我が子のように思わせてお連れ申し上げました。

人相見は驚いて、何度も頭をかしげて不思議に思いました。

「国の親となって、帝の上なき位に昇るべき相でおわします。

しかしながら、それでは国が乱れて人の憂いがあることでしょう。

また、朝廷の重鎮となって、天下をあやつる方と見れば、そのような相ではございません」と言いました。

右大弁も才能のある博士ですから、高麗人と言い交わしたことなどには、とても興味を持たれ、文などをつくり交わしました。

右大弁は、今日明日にでも高麗を去ろうとするころ、とてもありがたい人に対面を果たした喜びや、国へ帰らなければならない別れの悲しみなど、趣向を凝らして文をつくりました。

若宮も、とても情緒のある句をお贈りになったので、高麗人はたいそう愛でたてまつり、舶来の贈り物をいくつも差し上げました。

朝廷からも、人相見へ、たくさんの物が贈られました。

(画像出典:Wikipedia)

前回までの記事はコチラ↓