最近話題のファンクショナルトレーニングってなに? 自らの身体をレベルアップさせる話題の手法を紹介

ストイックで精神的にキツいイメージがある筋トレに比べると、ファンクショナルトレーニングは、様々な動きが出来ますので、キツいトレーニングは苦手という方でも、遊び感覚でチャレンジすることが可能です。
最近話題のファンクショナルトレーニングってなに? 自らの身体をレベルアップさせる話題の手法を紹介

【テレビなどのメディアで話題のファンクショナルトレーニング】

最近、効果的な運動の方法として「ファンクショナルトレーニング」がよく話題となります。「テレビや雑誌」で取り上げられたり、大手のフィットネスクラブで導入されたりしていますので、良くはわからないけれども、「名前だけは聞いたことがある」という方も多いのではないでしょうか?

 

【元々はリハビリで使われていた?】

ファンクショナルトレーニングとは、身体をより「機能的に鍛える」ことのできるトレーニングのこと。元々は、「リハビリ分野で使われていた技法」ですが、その効果が優れていることから、最近では一般のトレーニングにも取り入れられてきました。身体を鍛えるためのトレーニングというと「筋力トレーニング」いわゆる「筋トレ」をイメージする人が多いと思います。

 

【筋トレとファンクショナルトレーニングの違い】

筋トレでは、腹筋や腕立て伏せ、スクワットなどが定番であり、負荷をあげるために重いダンベルを使ったりすることが基本となっています。従来の筋トレは「目に見える部分の筋肉は効率的に鍛えることができる」反面、体幹部分の筋肉、いわゆる「インナーマッスルへの効果は薄い」というのが最近の常識となっています。

ファンクショナルトレーニングは、インナーマッスルを含め、「効率的に様々な部分を鍛えることが出来る」ように考案されています。といっても、実は、ファンクショナルトレーニングには厳密な定義があるわけではありません。

291079565

 

【意外とはっきりしていないファンクショナルトレーニングの定義】

比較的新しい概念であるために、定義がしっかりしていないということもありますが、トレーニングを受けた人が、その動きによってより「機能的に身体を鍛えることができれば、なんでもファンクショナルトレーニングになる」のです。ただし、一応の目安もあります。前述したような「インナーマッスルを鍛える、重力を利用する、バランス感覚を鍛える」という要素は、基本的に含まれています。これらは、私たち人間が日常的な動きをするときに重要な部分ですので、この部分を鍛えておけば「普段の生活はもちろん、どんなスポーツにも応用できる」ことになるのです。

また、ファンクショナルトレーニングの特徴としては、元々はリハビリに使われていたために、「非力な人から、本格的に運動をしている人まで幅広く行うことができる」というものもあります。一般的な筋トレですと、回数を増やしたりすることで強度を変えますが、ファンクショナルトレーニングは身体の動かし方や、位置などを調整するだけで強度を変えることが可能なものが多く、気軽に強度を変えることが可能になっています。