びっくり! グラミー賞に知人が!?
〜自分の運気とパートナーの大切さ

どんなに素晴らしいと思ったパートナーと一緒に居ても、時間と共にお互いに変化していきます。それがどういう変化になるのか、より精神的な高まりをお互いに抱くのかもしれませんし、もしくは、片方が停滞し、片方が変化していくかもしれません。
びっくり! グラミー賞に知人が!?<br>〜自分の運気とパートナーの大切さ

先日、アメリカでグラミー賞の授賞式がありましたね。

日本でも大々的にテレビで放映されていたのではないでしょうか。

私のクライアントさんが、フェイスブックで「グラミー賞授賞式に行くのだ」と写真とともにコメントをアップしていたので、てっきり私は、インタビューか何かの仕事で出かけるのだと思っていたら、彼は5人のうちの一人としてノミネートされていました。

びっくり!

残念ながらウィナーには選ばれませんでしたが、ノミネートおめでとう!!!

もちろん、彼の才能と長年の地道な活動や人との繋がりが、このノミネートという結果をもたらしたのでしょうが、ノミネートされたことを知った時すぐによぎったのは「奥様ありきだ」ということ。

344437565
(写真はイメージです)

 

彼からは当時長年付き合っている彼女(今の奥様)との話も聞いていたのですぐにそれを感じたのです。

ご縁があって、その奥さんを引き寄せた彼は(奥様も彼を引き寄せた訳で)お互いの関係が、彼の音楽の才能を伸ばし、活動の範囲を広げていけたのは奥様の多大なるサポートがあったからです。

どんなに才能があっても、パートナー次第で潰れるミュージシャンや俳優はいくらでもいます。
芸能だけでなく、どの分野においてもそうでしょう。
もちろん、私たち身近なところでもそれは起こります。

「パートナー」というと、パッと思いつくのは、恋愛や結婚相手ですが、ビジネスパートナーもそうです。毎日の生活の上で重要な位置を占めるのは間違いありません。

このパートナー次第によっては、自分の運気も大きく左右されます。
もちろん、周りの人に全く左右されないほどの屈強な強さを持つ人もいますが、お互いの波長があるので、やはり多少は影響を受けるものです。だからと言って、「誰かのせいで自分がこうなんだ」というのはちょっと違う。

376362694
(写真はイメージです)

 

ちょっと深呼吸して考えてみてください。

整理がつかないようなら書き出してみてもいいでしょう。

こういう類の書籍やワークショップやセラピーなどは巷にあふれています。
そういうものを使ってみるのもいいでしょう。

特定のパートナーだけでなく、広げていけば、友人関係、親子や家族関係、職場の人間関係、趣味の場での人間関係……生活していれば限りなく様々な人と関わっていきます。

どんなに素晴らしいと思ったパートナーと一緒に居ても、時間と共にお互いに変化していきます。それがどういう変化になるのか、より精神的な高まりをお互いに抱くのかもしれませんし、もしくは、片方が停滞し、片方が変化していくかもしれません。

しかし、そうなるとはっきり言ってキリがない。
じゃあ、どこに目を向けるのか。結局ぐるっと回って目を向けるところは自分自身。

もし、あなたが停滞期にあり、パートナーが発展的な運気にあった時、もしくはその逆も然りですが、もし、あなたが、自分自身の人生においての運気の流れを知っておくと、目の前の状況をより冷静に、より客観的に見ることができるはずです。

自分の人生は自分で考え、自分で行動し、自分で決断する。そういう自己責任と言うものが求められるようになってきています。軸はそこです。

自分の運気や流れを知る方法はいくらでもあります。それはあくまで道標の一つ。
生かすも殺すも自分次第。

あれもこれもと手を出す必要はないと思います。でも、2、3種類の運気を知る方法を見ておけば、共通して見えてくるものがあるでしょうから、それで十分です。
占いやスピリチュアル系ワークショップの迷えるジプシーになる必要はありません。

グラミー受賞式に出席していたクライアントさん。
あの場で、どっかーんとすごい熱気とエネルギーを受け取ったと思います。
フェイスブックでどんどんアップされる写真を見るだけでこちらまで楽しく気持ちが高まりました。

その強いエネルギーをどう使うかは彼次第。そして、彼の運気のサポートをされた奥様との波長がこれからの音楽活動に活かされることを楽しみにしつつ。
《Eri さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/eriprofile/?c=37976