2016年10月から始まる破壊と再生
~コラム「幸せにでもなってみるか」Part.24~ガクト(気功家・ヒーラー)

世の中が邪気にまみれているからと言って、自分も同じように邪気まみれになる必要などないのだ。
2016年10月から始まる破壊と再生<br>~コラム「幸せにでもなってみるか」Part.24~ガクト(気功家・ヒーラー)

~ 10月は邪気まみれキャンペーン ~

さて、9月も後半に入り気温も30度を切るようになった。
ようやく過ごしやすくなってきたのだが、今回は僕の受講生たちといつも話している「邪気まみれキャンペーン」について書きたいと思う。

毎年5月、10月は「邪気まみれキャンペーン」と僕は呼んでいる。
邪気まみれとは、天地の気が乱れ、あらゆる人々のストレスやイライラがピークを迎える時期のことを指す。
そこに対しての要素はたくさんあるのだが、基本的には天地の気を「陰と陽」にわけ、そこに5つの属性がまじりあう「五行」をベースに割り出す「陰陽五行」を基本に気の流れを読み解く。

特に2016年10月のキャンペーンはとてつもなく大きな波が襲ってくると予想している。
これは去年の夏前ごろから皆には伝えてきている話だ。
EU経済津波、第三次世界大戦、自然災害どれが来てもおかしくない状況だ。

今年はあらゆるエネルギーサイクルが1ヵ月ほど早いサイクルで動いている。
たとえば8月時点で全国の100均ショップでは10月のハロウィン使用に商品配列が変えられていたり、GUにいたっては36度を超える8月時点で、店内は秋物に変わりMA-1ジャケットを売りだす始末。

319170062

 

~ 10代の自殺率が一番高いのは9月 ~

9月に入ると10代の若者の自殺が急増する。
厳密にいえば9月1日だ。
そう、夏休み明けということになる。
つまり、学校に行きたくないという衝動から自殺に追い込まれるのだ。
登校拒否には様々あり、いじめや無気力、将来を悲観するものなど様々だ。
しかし、それらの多くが選択肢の無さ「無知」による結果となっている。
行政など様々な取り組みを行ってはいるが、自殺率は年々増える一方だ。

そんな中、「3-6-9」という言葉がある。
3の倍数であり、特に「9」は古代中国では皇帝しか使うことができなかった最大陽数である。
麻雀の上りでミロクの九という最高の上がり方もあるようだ。
弥勒の供

子供は……、
3才で初めての自我の発動
6才で小学校に入り世界の広さを知る
9才(10才)でキッズギャング化する
キッズギャングとは、悪いものではなく、自分にできることを広げようと可能性を見出しチャレンジし始めるころという意味。
例えばアニメの子供主人公の多くが10才がモデルである。
のび太など藤子不二雄系全般、サザエさんのカツオ、妖怪ウォッチなど。

それらの年齢を持つ母親のストレスは半端ではない。
もちろん母親がイライラしているのだから父親もイライラしてくる。

先日、福岡県須恵町で母親が子供4人を絞殺したという事件があったが、4人の子供の年齢は3さい、6さいが2人、そして10才だった。

95607445

 

~ 10月20~11月6日は土用入り ~

土用の時期は天地の気が乱れ全てのエネルギーバランスが悪くなる。
特に土いじり(園芸や草むしり、引っ越し)は、地の気が乱れているのでよろしくない。
また引っ越しや移動にも向いていない。
特に今年の10月の邪気まみれっぷりはハンパない。
世界中で節目となる破壊と再生が起こり始め来年へと向かう。

・イギリスのEU離脱によって封印が解かれたEUショック。
・ヨーロッパが抱える巨額なデリバティブ(7京)爆弾。
・世界中に広がるISのテロへの恐怖。
・米国オバマ大統領によるアフリカ空爆。(オバマはノーベル平和賞をもらっているんだけどね?)
・緊迫する「中国vsフィリピン」「北朝鮮vs米韓」「米vs露」。
・米国FRBの利上げはおそらく10~11月と僕は見ている。

かりにFRBが追加利上げを実施すれば、日米の金利差が拡大、高い金利のドルが買われドル高円安が進む。
僕は去年から9月までに1ドル100円を切ると予言していた。年明けには7~80円になる恐れがある。

ただ悪いことだけでもない。
悪いの反対は良いなのだ。(悪≒良)
つまり反対側を見る習慣を養っておく必要がある。
今10月、僕は通常の仕事以外で大きな仕事、セミナーやワークショップなどは入れていない。
10月の福岡はフェスティバルやカーニバルイベントが盛りだくさんだからだ。
ドイツ地ビールフェス、博多JAZZフェス、イタリア・ワインフェス、フランス・シャンパンフェスなどなど。
10月の博多は楽しみてんこ盛りなのである。

世の中が邪気にまみれているからと言って、自分も同じように邪気まみれになる必要などないのだ。

その反対側に目を向けることができれば、きっと楽しい10月、そして年末を迎えられるはずである。

4f4ac1d5859aec9ca10f1c771e627da3

 

『プロフィール』
下假岳人(シモカリガクト)福岡県福岡市生まれ/
気功家、ヒーラー、作家
REIKIKOU ENERGY WORKS代表
日本レイキ・気功協会代表
福岡市教育委員会・気功講師
(東京・大阪・奈良・京都・福岡)etc、各学校・協会外部講師

海難落雷事故の経験により、異次元論や宗教哲学に目覚める。
中国気功を学びながら 霊気(REIKI)と出会い師範を取得。
道(TAO)思想・陰陽五行・神仙道を主体とし気功と霊気を融合し、
独自のスタイルで構成した<霊気功>を確立、「幸せ体質改善」「更に輝くオーラ作り」とした幸せである為の”究極メソッド”を中心としたメンタルトレーニング(霊気功)による、ストレス除去、自然治癒力を高める呼吸法など、企業や職場、学校、院内、各種施設等で手軽にできる気功法を全国でワークショップ開催中。
小学生からお年寄りまで幅広い年齢層がワークショップへ参加している。
その他の著書に「幸せにでもなってみるか」「何かいい感じ」「幸の素」などがある。

公式ホームページ
http://www.reikikou.com

下假岳人・公式ブログ「何かいい感じ」
http://ameblo.jp/gakt2010/

公式フェイスブック
https://www.facebook.com/reikikou

公式ツイッター
https://twitter.com/gakt_jp

 

《下假岳人さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/gakt/?c=92706