秋冬の乾燥肌対策に女性に必須のハーブを取り入れよう!

肌は身体の表面に出ているものですので、直接対応したくなる気持ちもわかりますし、確かに効果的ではあるのですが、それらと併せて「内側からの対策を施す」ことで、よりしっかりと「肌を潤し、乾燥肌から逃れることができる」のです。
秋冬の乾燥肌対策に女性に必須のハーブを取り入れよう!

【冬に向けて今からお肌の対策を!】

いよいよ、秋も本格的になってきました。夏の暑さも和らいできて、過ごしやすい季節となってきましたが、その一方で「空気もだんだんと乾燥してきます」。

肌のケアを気をつけないと、「水分が失われてハリやツヤがなくなり、最悪の場合シワが目立つ」という状況にもなりかねません。

「保湿対策をしっかりとしておく」のはもちろんですが、洗顔料やクレンジングの方法を見直して、出来るだけ「肌にダメージを与えないように心がける」ことも重要なポイントとなってきます。

このような、表面的なケアの手法は、これぐらいの季節になると様々な場所で紹介されますので、すでに心得て実践している人も多いかと思います。

しかし、身体の内側から変えていく」という観点は意外と見落としがちです。

 

【外側からだけでなく、内側からも対策をする】

肌は身体の表面に出ているものですので、直接対応したくなる気持ちもわかります。

確かに、それらは効果的ではあるのですが、併せて「内側からの対策を施す」ことで、よりしっかりと「肌を潤し、乾燥肌から逃れることができる」のです。

そのためには、「漢方を使った方法」がポピュラーです。肌が乾燥しているというのは、「血液不足が原因」とされています。

この血液不足というのは、「単純な貧血だけでなく、血液の流れが悪くなっている状態」もあらわします。

元々、女性は月に一度血を消耗していますので、こういった状況には陥りやすいといえるでしょう。

 

【世界各地で利用されている女性に最適のハーブ】

では、体内で「血液の流れをよくし、血を増やす」ためにはどのようにすればいいのかというと、漢方で「女性にとって必須」ともいわれているハーブが存在しています。

そのハーブの名前は「当帰(とうき)」。セリ科の植物である当帰は、日本原産や中国原産のもの、さらにはヨーロッパやアメリカ産もあるということで、世界的に利用されています。

日本産は、夏から秋にかけて白い小さな花を咲かせる美しい植物ですが、ハーブとして使われるのは、主に「根の部分となります。

ハーブの先進国ともいえるイギリスでは、「アンジェリカ」と呼ばれて、通常の「薬局でも扱われるほどポピュラーなもの」であり、中国では2000年以上も前から使われてきたものです。

 

【当帰の名前は女性が元になっていた】

そもそも、この薬草の名前自体が「女性と関係している」のです。

あるところに、婦人病を患ったために、夫に捨てられてしまった女性がいました。彼女はとある薬草を飲むことで、病を癒し、さらに以前よりも美しくなることに成功したのです。その噂を聞いて、夫が戻ってきたために、「当帰」と名付けられたとされています。

このハーブは、女性にぴったりというだけあって、「血流を改善し、血を増やす効果」があります。

前述のように、この作用があることで、肌の潤いを保つために効果的なのです。

他にも「女性ホルモンの生成を安定化させる」ことで「生理不順や生理痛の緩和」し、「神経を落ち着かせることで月経前症候群のような精神的症状も安定させてくれる」のです。

まさに女性にとって必須ともいえるハーブであり、イギリスで最も人気がある漢方薬のひとつということも納得の効能ですが、子宮収縮を促す作用があるために、「妊娠中の女性は使用を避けて下さい。また、糖尿病の方も使用ができない」とされています。

 

【生活に当帰を取り入れる方法】

どのように当帰を取り入れるかというと、手軽なのは「ハーブティとして飲むこと」です。

この場合は当帰というよりも、「アンジェリカティー」「アンジェリカルート」などで検索してみると、手軽に手に入れることが可能です。

また、当帰の種をつかった「アンジェリカシード」というものもあり、こちらはハーブティにするだけでなく、ケーキの具にしたり、お菓子の風味付けとしても活用することが可能です。

より効果的に当帰を取り入れたい場合は、「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」や「婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)」といった、当帰を中心に女性特有の症状に対応する、さまざまなハーブを調合した漢方薬を飲むという方法もあります。

これからの季節は暖かいお茶が美味しくなってきますので、お肌のケアのためにも、アンジェリカルートなどを手に入れて、毎日、当帰を摂取するように心がけてみるといいかもしれません。

そうすることで、「乾燥が本格的になった冬も美しい肌で、なおかつ身体も健康に過ごせるはず」です。

 

Let’s begins to dry skin measures.
Required of the herb for women.