よくある恋愛の心理ブロック 
~○○したい、でも……~

心理ブロックの程度は様々で、軽いものから重いものまで様々です。でも、重くなればなるほど、処世術では対応できなくなっていきます。
よくある恋愛の心理ブロック <br>~○○したい、でも……~

●実は、こんなところにも心理ブロックが関係しているのです

こんにちは、杉浦優司です。
今日は、恋愛における典型的な心理ブロックについて綴っていきたいと思います。

皆さんは、好きな人や気になる人が目の前に現れた場合、直ぐに声をかけられるでしょうか?

「いやいや、そんな事したら……」

という声が聞こえてきそうです。でも、その気持ちよくわかります。それは私もその一人だからです。

でも、中にはそのような場面で何の躊躇も無く声をかけられる人もいます。

この差は何でしょうか?

実は、ここにも心理ブロックが関係しているのです。

もしも、自尊心が充分高くて、自分の内なる欲求(「好きだ!」や「話がしたい!」)に素直に行動できるのであれば、ほとんど自然体でそのようにしていることでしょう。

そして、(声をかけられない人には不思議なことなのですが、)なぜか、そうやって行動できる方は上手く行く確率も高いのです。

それは何故でしょうか?

100554313

 

●上手く行く人たちは、できて当たり前が普通

それは、そのような方たちは、そもそも気になる人に声をかけることに対する心理ブロックが無い、もしくは充分に低いのです。だから、息を吐くくらい自然に行動が起こせます。

さらに、何度も回数を重ねているので、行動に無駄が無く、それができて当たり前になっています。

上手く行く人たちは、できて当たり前が普通になるので、日々ポジティブな思い込みが強められていきます。そして、さらにできるようになっていきます。

でも、この状況で心理ブロックがあるとどうなるのでしょうか?

405056521

 

●……となり、もうそれ以上行動を起こせなくなる

心理ブロックがあると、まずは声をかけようとする段階で、自分自身にブレーキをかけます。それは、例えば「そんな事をしたら嫌われる!」、「断られたらどうしよう?」という無意識に湧き上がる心の声です。

では、そのようなブレーキをかける心の声はどこから来ているのでしょうか?

人は、この世界に生まれ落ちた後、この世界のルールを覚えながら人生を生きる上で必要となる様々な事柄を学んでいきます。その中には、上手く行ったこと、上手く行かなかったことの両方が含まれています。

全てが上手くいけば良いのですが、時に予想通りにならないことも経験します。その時、「が~ん」と感じるような心の痛みを味わうと、その後無意識レベルでそのような状況を避けるようになります。

このことは、(好ましくないことを無意識に避けるための)人生における一種の防衛反応と言えますが、無意識レベルで起こるので、顕在意識では、「○○したい、でも……」となり、もうそれ以上行動に起こせなくなるのです。

216284701

 

●心理ブロックの大元は……

この状況を打破する方法は大きく分けて2つあります。

1. そのような心理ブロックがある状態でも結果が得られるような処世術を身につける。
2. 心理ブロックを解消して、素直に行動できるようになる。

実際のところ、2の方が本質的ですが、通常世の中的に行われているのは1の方法です。

心理ブロックの程度は様々で、軽いものから重いものまで様々です。
でも、重くなればなるほど、処世術では対応できなくなっていきます。

でも、ここで一つ知っておくと良いことは、そのような心理ブロックの大元は、今の目の前の状況にあるのではなく、過去のどこかにあるということです。

だから、もしも、そのような心理ブロックが作られた最初の記憶を思い出すことができ、その時の感情のもつれが解消できれば、今という状況も変えることができるのです。

公式HP:
http://www.divinesense.jp/

ディバインアクセラレーション®公式ブログ:
http://ameblo.jp/da2015/

杉浦優司の活動情報Blog:
http://ameblo.jp/ug-sg

 

《杉浦優司 さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/divinesense/?c=108816