神仏からの罰(ばち)が当たる⁉︎
~神仏から依頼を受けた時のお勧め指針~

いつだって、自分の内なる想いに従って、一番選択したいことを選ぶのがお勧めです。
神仏からの罰(ばち)が当たる⁉︎<br>~神仏から依頼を受けた時のお勧め指針~

●神仏は原則として罰を与えることはありません。でも……

こんにちは、杉浦優司です。
先日とある方から、「神様からの依頼を断ったら罰(ばち)が当たることはあるのでしょうか?」という質問を頂きました。

その方はある日突然、神様からのメッセージが受け取れるようになったそうで、今後の指針についてあれこれ相談を受けました。

実際のところ神仏は人に罰を与える存在でしょうか?

答えは、
「神仏は原則として罰を与えることはありません。でも、罰が当たる人はいます。」
です。

270692210

 

●神仏はある意思を持ったエネルギー的な存在

では、もう少し詳しく説明していきたいと思います。
神仏とはそもそもどんな存在でしょうか?

実際のところ、どの視点で見るかで答えは異なりますが、最もシンプルに捉えれば、「ある意思を持ったエネルギー的な存在」と言えます。

エネルギー的な存在なので、いざ表現しようとすると様々に表現をすることができます。実際のところ、それぞれに個性を持ったエネルギー体であり、それぞれに意思持って独自に働いています。だから、神仏にはそれぞれに想いがあり、人を通じてこの世界に何かをもたらしたいと願っている神仏もいらっしゃいます。

通常この想いを受け取れる方は稀ですが、このようなメッセージを受け取れる方は神仏から見たら貴重な存在となります。

神仏と言っても様々なタイプがあります。エネルギー的に見て精妙で軽いエネルギー体になればなるほど、本人の自由意思を尊重し、無理やり何かをやらせようとすることは無くなります。それに対し、エネルギー的に見て、荒く重いエネルギー体になればなるほど、自分たちの想いを理解できる方に対し無理強いする傾向が強まります。

ここで原則として知っておくと良い点として、神仏からの想い(依頼)を断ることは可能です。自分の意思を明確に示すことができれば、何ら問題なくそれで完結します。

ただし、顕在意識ではやりたくないと思っていても、潜在意識の方でやりたいと願っている場合は、やらざるを得ない状況に導かれていくことになります。特に魂レベルでやりたいと願っている場合は、不思議なくらいそうなる方向に導かれていくことになります。

247157509

 

●罰が当たる人の共通点

では、どういう場合に罰が当たることになるのでしょうか?

それはいたってシンプルです。
本人が、罰が当たると思い込んでいる場合に罰が当たることになります。

ここでのポイントは神仏が罰を与えるのではなく、自分自身の潜在意識が、罰が当たる状態を自動的に選択する場合があるということです。

だから、潜在意識の全てのレベルにおいて神仏の罰が当たるという思い込みが微塵もない場合は、罰が当たることはありません。逆に「○○なことをしたら罰が当たる」という思い込みや、「○○なことをして罰が当たったらどうしよう!」というような不安や恐れを持っている方は潜在意識の状態通りの現実を引き寄せる可能性が高いと言えます。

383488261

 

●まずは自分がどうしたいのかが重要です。次に……

では、どうすればいいのでしょうか?

お勧めの対応方法は大きく分けて3つあります。

1. 神仏の想い(依頼)を受けるのが好きなら、素直に受け取り実行していく。
2. 神仏の想い(依頼)を受けるのは嫌だけど、断って罰が当たりたくない方は素直に受け取り実行していく。もしくは、罰が当たるという思い込みを解放していく。
3. 神仏の想い(依頼)に興味がなく、罰が当たる感覚が皆無で、潜在意識に一切そのような思い込みが入り込んでいない場合は、素直にお断りする。

まずは自分がどうしたいのかが重要です。次に、潜在意識の状態に応じて選択していくことになります。

神仏との縁を通じて、経験できることがたくさんあります。でも、必ずしも望まない役割を引き受ける必要はありません。いつだって、自分の内なる想いに従って、一番選択したいことを選ぶのがお勧めです。

でも、迷ったらぜひ私に会いに来てくださいね。

公式HP:
http://www.divinesense.jp/

ディバインアクセラレーション®公式ブログ:
http://ameblo.jp/da2015/

杉浦優司の活動情報Blog:
http://ameblo.jp/ug-sg

 

《杉浦優司 さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/divinesense/?c=108816