シンクロニシティとは?
~上手く行っている状態への導かれ方~

宇宙のリズムを感じ始めたら、その感覚に繋がりながら行動してみます。 これだけで、シンクロニシティ(意味ある偶然の一致)が強まり、「上手く行っている」状態へと導かれていくことになります。
シンクロニシティとは?<br>~上手く行っている状態への導かれ方~

●シンクロニシティを一言で言えば……

こんにちは、杉浦優司です。
今日は、シンクロニシティ(意味ある偶然の一致)について綴っていきたいと思います。

シンクロニシティを一言で言えば、「上手く行っている」という状態です。

・何となく気になった新聞を開いたら、知りたいと思っていたことの答えが載っていた。
・○○に旅行へ行こうか迷っていたら、何も話していないのに同僚が○○についての情報を教えてくれた。
・たまたま立ち寄った本屋で目についた本を開いたら、開いたページに自分に対するドンピシャのメッセージが載っていた。
等々、シンクロニシティの状態にあると、自分の思いと行動が、外の世界と完全に噛み合っている状態になります。

この状態をオーケストラに例えると、見えないタクトに合わせて、完全なタイミングで演奏できている状態であるとも言えます。

386397655

 

●見えないタクトの正体

この見えないタクトの正体は何でしょうか?

この世界はある特定のリズムで動いています。
例えば、一日というリズムは、地球が自転する周期であり、一年は地球が太陽を一周する周期です。また月や太陽系の惑星をはじめとした全ての星々も、それぞれの周期で動いています。

一日の動きも、春夏秋冬の動きも、月の満ち欠けとそれに伴う潮の満ち引きも、全ては地球と他の星々が織りなす宇宙のリズムと言えます。

植物は、この宇宙のリズムに同調して花を咲かせ、実をつけていきます。また地球上のあらゆる野生動物も、この宇宙のリズムに同調して生きています。

この宇宙のリズムこそが見えないタクトの正体です。

335087594

 

●世界は「ひらめき」によって動かされてきた

では、人間はどうでしょうか?

人間も大昔はこの宇宙のリズムと共に活動していました。でも、文明が発達する中で次第に宇宙との繋がりを忘れてしまったようです。

文明の発達する中で、失われていったものの一つに直感力があります。なぜだか説明はできないけど、物事の本質が分かってしまうというこの感覚は、本来誰にでも備わっている人間が持つ根源的な能力であり、生き延びていく上で不可欠な感覚でした。でも、残念ながら、文明の発達とともに、理性的に考える事が重要視され、根拠の無い直感力は次第に軽視されるようになっていきました。

でも、歴史を紐解けば、これまで世界を動かしてきた決断や発明は、「ひらめき」と呼ばれる直感的感覚から得られてきました。

411456001

 

●宇宙のリズムを感じ始めたら……

宇宙のリズムに乗るためには、この直感力を取り戻す必要があります。そのためには、全てを頭で考えることを手放し、ハートにて感じる力を取り戻す必要があります。

直感的な情報はいくら考えていても出てきません。なぜならば、それは考えるという思考の枠組みを超えたところからもたらされるからです。

軽く目をつむり、
ハートに意識を向けて、
「宇宙のリズムってどんな感じだろう?」
と感じてみてください。

ここでのポイントは、答えを求めるのを手放し、ただ感じてみる事です。ただここにある感じが強まれば強まるほど、直感を活用できる状態になれます。

宇宙のリズムを感じ始めたら、その感覚に繋がりながら行動してみます。
これだけで、シンクロニシティ(意味ある偶然の一致)が強まり、「上手く行っている」状態へと導かれていくことになります。

 

公式HP:
http://www.divinesense.jp/

ディバインアクセラレーション®公式ブログ:
http://ameblo.jp/da2015/

杉浦優司の活動情報Blog:
http://ameblo.jp/ug-sg

 

《杉浦優司 さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/divinesense/?c=108816