武藤悦子の月詠🌝~ルナ(新月/満月)&オーラソーマ💖5月11日午前6時42分はさそり座の特別な満月✨満月前夜の10日はウエサク祭💙

満月の光はとてもパワフルで、さまざまなことを照らし、写し出して見せてくれます。 無意識が照らし出され、自分の中にある深い想いに気づくことができるかもしれません。
武藤悦子の月詠🌝~ルナ(新月/満月)&オーラソーマ💖5月11日午前6時42分はさそり座の特別な満月✨満月前夜の10日はウエサク祭💙

5月の満月は特別な満月☆

お釈迦さまの誕生と悟りを開いた日と入滅の日がヴァイシャーカ月(インド暦第二月)の第一満月の夜だったということから、5月の満月は、昔から特別な満月とされています。

5月の満月には天界と地上の間に通路が開け、ひときわ強いエネルギーが降りそそがれるといわれています。
京都の鞍馬山やアメリカのマウントシャスタなどのパワースポットでは「ウエサク祭」といって、大きな祝祭を行っています。

アセンディッド・マスターたちにとっても、「ウエサク祭」は一年の中でも最も神聖な日と言われています。

「ブッダの祭典」とも言われ、アセンディッド・マスターたちがすべて結集してブッダの誕生をお祝いし、東洋と西洋の統合を祈る時なのです。

「ウエサク」という言葉は、ヒマラヤ山脈のウエサク峡谷を指します。

鞍馬では、満月に清水を捧げ、神秘の光の中、自分とすべてのものの「めざめ」のため祈りを捧げるのだそうです。
ウエサク祭は「光と水と聖音の祭」なのです。

私たちも、感謝の祈りとスピリチュアルな目覚めのための瞑想を深く静かに行いましょう。
この日の純粋な思いで祈れば、それは天に届くといわれています。

京都の鞍馬山には650万年前に、金星から愛と美と調和のエネルギーをもたらし地球をサポートするために、サナトクマラが降り立ったとも言われています。
鞍馬山はレイキ発祥の地とも言われています。

 

オーラソーマのサナトクマラのボトルはB61です。

 

「天にあるがごとくに地にあれ」がサナトクマラのメッセージです。

このボトルは、日常生活の中に高次元の光、神聖なエネルギーをもたらします。
また、ひとつ上の新しいオクターブのエネルギー、より高いバイブレーションを地上にもたらし、現実の世界に、高いエネルギーを生かすのをサポートしてくれます。

サナトクマラとレディーヴィーナスクマラは、最も高いレベルにおける父親と母親、マスターの父と母のようなエネルギーを持った存在です。
天の神聖なエネルギーを現実世界にもたらしていく力を持っています。

子ども時代に親との離別を経験し、お手本となる男性や女性の役割モデルを身近に見ることができずに育った人がインナーチャイルドを癒し、内側の男性性と女性性のバランスを取るのを助けてくれます。

また、自分を脅かすフィーリングや深い怖れを取り除き、過去の傷や悲しみを手放し、日常に深い喜びと幸せをもたらすよう働きかけてくれます。

シェイクカラーのペールコーラルは「ジャッジのない気づき」を表します。
気づきをジャッジに変えないことが大切です。

古代エジプト、古代ギリシャ、または、それ以前に神秘的な伝統に関わっていた過去世とのつながりを助けます。
また、金星のエネルギーと関連があります。

この香りが苦手な人は感情的なわだかまりを手放すのが難しい傾向や、愛に対する深い怖れを抱いてしまう傾向があるかもしれません。
そこから抜け出せるようこのボトルはサポートしてくれます。

*・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

2017年5月11日午前6時42分はさそり座の満月です。

さそり座は水の星座で、「地下水」を表します。

この日は地下水のように深く深く内側に入っていくエネルギーの日です。
瞑想やヒーリング、自己探求に最適な日です。
自分自身と向き合うことにより、自己価値や才能、あるいは今まで内側にあったけれども気づかなかった深い感情やパターンに光があたるかもしれません。