渋谷の隠れ家的サロン「クリスタルショップ 風」で聞いた、人生に変化を呼びこむクリスタルの見つけ方とは?

クリスタルショップ風さんでは、今年からTwitterで毎日に役立つクリスタルの言葉を発信しています。生き生きした日々を送る閃きのヒントとして利用するのもいいですね。
渋谷の隠れ家的サロン「クリスタルショップ 風」で聞いた、人生に変化を呼びこむクリスタルの見つけ方とは?

多くの人で賑わう渋谷駅から徒歩10分ほど、高級住宅が建ち並ぶ「南平台」の一角に、人生を変える運命の石と出会える、と口コミで話題のクリスタルショップがあるとのこと。早速お邪魔して、クリスタルヒーラーとして活躍するオーナーのHIDEKOさんにお話を聞かせていただきました。

 

クリスタルに触れると
思い込みに隠された心の内が見えてくる

編集部:大小さまざまな原石からアクセサリーまで、本当にたくさんの石がありますね! 「この石にはこういう力が……」という説明書きがありませんが、どうやって皆さん石を選ばれるのですか?

HIDEKOさん:スピリチュアルなことに興味があり、よく理解している方でも「私の直すべきところはここ!」という頭の中の思い込みに惑わされてしまうことってあるんですね。実際は直すべき、と思っていることが「直す」ではなく「活かす」ところだったり「結婚したい!」という前向きな願いの裏に、異性と向き合う恐怖を抱えていたり。先入観なしにどんな石に惹かれるのか、いろいろな石を触りながら感じていくほうが本当の心の内が見えてくるものなので、あえて説明書きは置いていないんですよ。

あとは心身の状態に合ったものを選ばないと、せっかくの石のパワーを受け取れない、という理由もあります。以前「明日の朝、ちゃんと起きられるのかしら……?」と心配になるほど、弱った心を抱えてきたお客様がいました。「何か元気になる石を」とおっしゃるのですが、疲れすぎていると石のパワーにエネルギー負けを起こすので、せっかく元気を養ってくれる石がいても持っただけで「うーん……」となってしまって。そういうときは無理せず、小さい石にするのもよいですし、買うことにこだわらずふらっと立ち寄って、ここにあるクリスタルのエネルギーに触れるだけで十分。

触っていただくのは大歓迎なので、ゆっくり見ていただき、気になる石があったら手にとって、どんなフィーリングが湧き起こるか感じてみていただくとよいですね。

 

編集部:HIDEKOさんは石と対話ができる、とお伺いしました。石はどんなふうに語りかけてくるのでしょうか?

HIDEKOさん:歴史を語る子もいれば、癒しの方法を教えてくれる子がいたりと様々ですね。たとえ同じ種類のクリスタルだとしても、ふたつとして同じ石はありません。面白いのは、最初はあまりやる気を見せていない石、というのもあるんですよ。そういう子たちはこの場に置いて目を覚ますまで待つんです。1~2週間経つと透明感が高まったり、レインボーを表したり、姿を変えてくる子もたくさん。

たとえばこのシトリンの丸玉。やって来たときは普通の黄色いシトリンだったのですが、今は中央に大きなレインボーが現れているのが見えますか?

fuu2

こうやって目覚めた石は発揮する能力も変わります。それだけ石にも個性があるんですよね。

お客様が店内をご覧いただいているとき、光を強めて石自身が主張してくることもあるので、そういうときは「この石はどうですか?」とお声がけするようにしています。最初は「あまり好きじゃない」とか「こういう石は持ってない」とおっしゃる方もいますが、どんな働きを持った石かお伝えすると、抱えている悩みに対してすごく納得される場合が多いですね。

うちのお店にいらっしゃる方は転機を迎えているとか、何かのタイミングで来られることがほとんど。たまに後ろで守っている人たちから引っ張られるようにして来る方たちもいます(笑)。お店に着くなり、こんなことを伝えてほしい、と後ろの人たちからリクエストの声が聞こえることもありますよ。

 

心惹かれる石が届けてくれる
人生の課題やテーマを学ぶメッセージ

HIDEKOさん:よろしければ、何か気になる石を選んでみませんか? 今の心の状態や、必要なことが分かると思いますよ。

編集部:いまパッと目について気になるのは、このうっすらグリーンが混じった石です。

fuu3

HIDEKOさん:これはクリスタルとフローライトが混在しているタイプです。フローライトは頭の中のおしゃべりや考えすぎを留める働きがある石。現実から離れて、静かな場所で安眠できるようにするのが得意なんですよ。

 

編集部:わ!  頭のなかはいつも仕事のことでいっぱいで、夜になってもついあれこれ考えてしまうんです。それで結局、寝る時間も遅くなりがち。考えすぎをやめてちゃんと眠ったほうがいい、という石のメッセージそのままです(笑)!

HIDEKOさん:それなら、このクローライトが入ったクリスタルもよいかもしれません。ヒマラヤにあるガネーシュヒマールという山で採れたものですが、そこは「ガネーシャがいる山」「天界に一番近い山」と呼ばれている場所で。聖地のエネルギーを記憶して充電完了しているパワフルな子なので、疲れが溜まったり、気持ちの切り替えができなかったりするときに、ちょっと触れるだけでもかなり楽になりますね。

fuu4

 

編集部:へえ! 最初の印象は武器のように尖って見えましたが、手に取るとすごく優しい雰囲気を感じて安心するから不思議です。この結晶のように色が入ったクリスタルも気になります。

fuu5

HIDEKOさん:「早く元気になって」と話しかけている子ですね。クリスタルにウォーターメロントルマリンが入っています。お尻の部分から小さなクリスタルがたくさん出てきているのが見えますか?   これはセルフヒールドと言って、今でも成長している証。あらゆる痛みから解放して再生する、もう一度スタートを切るのに力を貸してくれる石です。

優しい感じがするとか、惹かれるということは、自分のなかにその要素があるという意味。難しく考えなくていいので、純粋に惹かれる石を見ていれば自分のテーマが見えてくるんです。

 

編集部:ここ1~2年は仕事でも家庭でも転機があり、傷ついたり悩んだりすることも少なくありませんでした。過去の痛みと決別して、新しいスタートを切る時期がきた、というメッセージなのかもしれませんね……そうか、こうやって自分のなかに気づきが生まれるのを石が助けてくれるんですね。

HIDEKOさん:選ぶ石によって新しい、意外な自分を見つけるきっかけになるんですよね。そうやって生まれた気づきは、これからの自分のための武器になるはずですよ。