パラダイム・シフト 「錦織圭 と マイケル・チャン」「ドラマ 無痛〜診える眼」「COSMIC BRAIN READING」

錦織も、勝つために試合をしている、という表面的なものしか見えない人は、 講座「マヤの叡智」も、コズミック・ダイアリーも、 その1/100も、まだ、身についていない人です。 〜 見る から 観るに〜 〜感じる から 観じるに〜
パラダイム・シフト 「錦織圭 と マイケル・チャン」「ドラマ  無痛〜診える眼」「COSMIC BRAIN READING」

錦織圭 と マイケル・チャン
この映像を観て、何が受け取れるか

2011年 震災復興チャリティイベントで、試合のあと対談する。

【マイケル・チャン(コーチ)】

ノート ブックをつけた。

自分に何が足りないかを分析するため。

「自分がなり得る最高の選手」になるためにやるべき工夫です。

【錦織(選手)】は、この言葉に意表をつかれている表情。

スイスバーゼルで、

ジョコビッチに勝ったあと、

【錦織(選手)】

決勝で「フェデラーに 僕の自信は完全に砕かれました……」というKEIに、

【マイケル・チャン(コーチ)】

大きなミスをおかしたと指摘。  その時の錦織の表情に、

「無明」と

マイケル・チャンに因果がわかる「悟り」

それを深い、高い、叡智から観ることができるようになったあなたには、

【マイケル・チャン(コーチ)】

テニスの試合に勝つ、フェデラーに勝つ、という目的が、全く不明確になっているという指摘に

皆さんは、もう気づくでしょう。

 

錦織も、勝つために試合をしている、という表面的なものしか見えない人は、

講座「マヤの叡智」も、コズミック・ダイアリーも、柳瀬の話しも、

その1/100も、まだ、身についていない人です。

見る から 観るに

感じる から 観じるに

2014091700002_1.jpg.pagespeed.ce.kooxNB2SNI

(写真:gettyimages)

【錦織(選手)】

世界ナンバー1のジョコビッチに勝った錦織は、

「僕自身、トップ10に入るための気持ちの持ち方とかを伝授してもらうイメージだったけど、」

技術面で伸ばしたい点は「あまりない。フォームが崩れたときに修正してもらえればいい」と話していた。

目的を明確にすると

指導を受けて、技術面の相当細かいところまで直された。

「直さなきゃいけないところが、こんなにあるんだとショックもあった」

チャン氏の指導は技術、体力面がかなりを占める。

錦織は「フォームを直されている点が10個以上ある。ショックもあった」

表明すると、そのために

まだまだ改善の余地がある自分への期待感が、「光が見えてきた」という前向き発言につながっている。

nishi

――12月前半、チャン氏の自宅がある米カリフォルニアでの2週間のトレーニングは相当きつかったそうですね。

「午前は9時~11時半、午後は2時~4時がコートでの練習。その後2時間ほどジムやプールに場所を移し、さらにマッサージ。部屋に戻るのは、午後7時半ぐらいでした」

 ――日本の中学、高校の「部活」の合宿のようなイメージですね。

「へばってましたね。カリフォルニアでも、ブラデントンに戻っても、練習から帰って寝るだけ。疲れて家族とも話せないような日々が続きました」

――精神面での助言というより、完全に技術、肉体の強化がメーンですね。

「僕自身、トップ10に入るための気持ちの持ち方とかを伝授してもらうイメージだったけど、指導を受けて、技術面の相当細かいところまで直された」

 ――予想外でしたか。

「直さなきゃいけないところが、こんなにあるんだとショックもあった」

錦織はこの3週間、自身が持つテニスの概念を覆される衝撃を受けたようだ。

11月にインタビューしたときとのギャップがすごい。1カ月前、「心技体」をテーマに聞いたときは、技術面で伸ばしたい点は「あまりない。フォームが崩れたときに修正してもらえればいい」と話していた。

欲しいのは頂点を極めた実績のある心の指南役。だから、チャン氏の人選は納得がいった。

ところが、12月からのチャン氏の指導は技術、体力面がかなりを占める。錦織は「フォームを直されている点が10個以上ある。ショックもあった」と告白しつつ、「すべてが新鮮で感動した」とも。

まだまだ改善の余地がある自分への期待感が、「光が見えてきた」という前向き発言につながっている。

ドラマ「無痛」が面白い!!

外見を見るだけで症状を見抜き、「神の診察眼を持つ」と言われる天才医師。

それは、超能力でなく、因果がわかれば、

すべての医師がそうなるべき姿。

毎日、患者を見ていれば、

「誰でもわかる」という言葉。

為頼 英介(ためより えいすけ)

[演 – 西島秀俊]

http://matome.naver.jp/odai/2144426594433856501
http://www.fujitv.co.jp/mutsu/index.html

「脳をつくる」

人類の行為は、進化すべきだと思います。
5%しか脳は使っていないと言われています。
使っていない脳の機能を活性化し、新しい脳を!!

時間がわかる 脳
宇宙がわかる 脳
因果がわかる 悟りの 脳
多次元的に理解する 脳
高次元、叡智にアクセスする 脳
シンクロする 脳
表明=顕われ という宇宙の法則を知って 創造する 脳
呼吸によって、周りを変える 脳

(そのすべては、
エゴから 脱却している意識のなかで機能する 脳 だから可能になる。)

「読む」から宇宙意識へ  宇宙意識から、速読へ

マヤの叡智。
仏教の悟り、因果がわかる 仏教の神髄。
無になる、エゴを捨てる、あらゆる宗教の本質。
日本人の魂、精神構造。
言葉としては聞いたことがある、そのすべての本質の領域、
叡智に触れます。そして、
叡智の領域に、アクセスして本を読みます。

叡智につながり、
多次元的な観点からものを見ることができる。
脳は5%しか使われていないなら、残りの脳を使う。
新しい脳をつくる。新しい脳の機能を生み出す。
水平に広がり、垂直に伸び、らせんに上昇する 共振の場と脳の構造。
人間の地球での役割。 表明=創造 という宇宙の法則を使った「創造」。
と脳の構造。

もし、まだ、夢が実現していなくて、夢を実現したければ、

==========================
脳をつくる
COSMIC BRAIN READING
http://cosmic-diary.jp/cosmic-brain-reading/

2015年10月17日(土)に開講します。
KIN 197 赤い月の地球
「宇宙の意識にアクセスして読む」!!

「マヤの叡智」著者の”柳瀬宏秀”講師が伝える!!
柳瀬宏秀 プロフィール  http://cosmic-diary.jp/cn7/pg69.htm
================================

ご自分が、
10分で本が読めるようになる。
と信じられないかもれませんが、

□1日30分の練習を、一ヵ月する。

それだけで、
何十年受けて来た教育では、達成できなかった奇跡が
たった一ヵ月で生みだされます。

COSMIC BRAIN READING の本質的な意味 は、
人類の常識のパラダイム・シフト です。
その可能性に挑戦する  ということ を理解し、

(速読が)できるようになりたい、という個人の領域と、
社会の領域の目的、
人類の進化の歴史の領域の目的、
高次元の領域での目的が、重なると、
無限の進化が約束されます。

簡単に脳が、パラダイムシフトを起こします。