マヤ暦を世界に広めたホゼ・アグエイアス博士
〈特集 1〉マヤの叡智の真実

紀元前3113年8月13日に始まった「マヤの大周期」がまもなく終わるという事実に基づいています。
マヤ暦を世界に広めたホゼ・アグエイアス博士<br>〈特集 1〉マヤの叡智の真実

世界にマヤの叡智を伝え、13の月の暦をマヤ暦として広げた
ホゼ・アグエイアス博士。

6年前の2011年、3・11が起こり、
2011年3月23日にホゼ・アグエイアスが地球から離れました。

マヤ暦は、
今の世界を支配している時間とはまったく違った時間の感覚、
時間の新しい知識についてのプレゼンテーションなのです。
意識の変化と進化した状態について、ヴィジョンに満ちた展望を与えています。
マヤの知識体系を学び、「新しい太陽の時代」の夜明けを迎えるためのマヤの預言。
ホゼ・アグエイアス博士はそのマヤの叡智を世界に伝えるために人生を送りました。

長年の友人であったホゼ・アグエイアス博士とマヤの叡智に意識を合わせ、
真のマヤの叡智を伝えたいと思います。
彼の意思から『コズミック・ダイアリー』は生まれました。
「13の月の暦」の公式ダイアリーです。

 

1987年『マヤン・ファクター』

機械に支配され、お金儲けに必死となり、——それが、ルールにさえなってしまっている。
そんな世界で、もし、あなたが人生の意味を見つけたいなら、「マヤン・ファクター」は、地球規模でのこの愚かな行為に、光を投げかけてくれることになるでしょう。

『マヤン・ファクター』は今から30年前の、1987年4月に出版され、当時としてはきわめて斬新な内容だったため、センセーションを巻き起こしました。

『マヤン・ファクター』は、時間を直線ではなく周期的なものとしてとらえるという新たな展望を切り開いた。

そして、西洋の知識人に新たな宇宙意識に目覚めるきっかけとなった。
『マヤン・ファクター』は、マヤ暦を、単にユニークな時間の記録方法としてではなく、もっと重要な知識体系として紹介したために、実際に欧米人の意識に変化をもたらしたのです。

マヤ暦もマヤの預言も、それまではほとんど知られていませんでした。
そして、このとき初めて、2012年12月21日というマヤ暦の日づけが多くの人に意識されたのです。

紀元前3113年8月13日に始まった「マヤの大周期」がまもなく終わるという事実に基づいています。
この大周期が、実際に歴史のはじまり——エジプト第1王朝とメソポタミアの最初の都市のはじまり——を開始点としていたため、西洋の知識人は震撼したのです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー
ホゼ・アグエイアスの序文より
ーーーーーーーーーーーーーーー

マヤに対する私の関心は、学術的なものでも専門学的なものでもないということをご理解ください。
炭素年代測定法(訳注:木片、骨、貝殻などの炭素14の量をもとに、その生物が生きていた年代を推定する方法)から仮説を立てて議論するといった、学術分野としてのマヤの考古学には興味はありませんでした。

私にとって重要だったのは、考え方のシステム(思想体系)としてのカレンダーだったのです。
そして、そのマヤのカレンダーの考え方のシステムを適用して導き出された、マヤの預言が重要だったのです。
ある意味、私は『マヤン・ファクター』のために生まれてきたと言えるでしょう。

マヤを、銀河のナビゲーターだとする私の解釈は、事実としても考古学的にも根拠がないという人もいるでしょう。
しかし、それはたいした問題ではありません。
『マヤン・ファクター』は、考古学の本ではないからです。

むしろ、神秘主義を実証主義から切り離そうとする、現代人が意識のなかにもっている境界線というものに「マヤンファクター」は、立ち向かって、反論しているのです。
神秘主義はすべてを包括しています。

なぜなら、人の知識は(知覚による) 宇宙の認識から来ています。
そして、その宇宙の認識は、宇宙の根源的な全体性と相互関係のように符合している内的(霊的)な認識からうまれるものだからです。

実証主義者(多くの考古学者も含めて)は、そんなことは立証できないとか、認められないと言って激しく批判し、可能性すら否定します。
実証主義者は、神秘的な「想像する者」よりも自分たちが優れているという固定観念に固執するがあまり、自らを改めるという余地をすっかり放棄してしまいます。
しかし、そうはいっても、これもまた仕組まれていたことで、紛れもなく歴史のサイクルは必然的に終わりを迎えることになります。

ここに大きな分かれ道——西洋文明の致命的な失敗——があるのです。

2008年 0.0. フナブクの日に、特別の儀式を特別の日に行った。

 

ホゼ・アグエイアス追悼の集い、講座
http://cosmic-diary-internet.com/event/

 

Universal love and in lak’ech!
柳瀬 宏秀
【KIN12 黄色い水晶の人】
協力 捧げる 普遍化する
自由意志 感化する 叡智

 

《柳瀬宏秀 さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/%E6%9F%B3%E7%80%AC%E5%AE%8F%E7%A7%80/?c=10319