人は幾度も生まれ変わる
~新しい反応の仕方を試そう~

人生を歩む中で、大切な「気づき」という言葉。人生は、自分を知るためにあります。新しい自分探しの旅の道しるべになるようなお話しです。
人は幾度も生まれ変わる<br>~新しい反応の仕方を試そう~

「私たちは幾度も生まれ変わっています」

いつも誰かの悪口を言っている先輩に対して、「嫌だなあ、返答に困るな」と思ったり。
テレビのニュースに怒鳴っている家族の姿に、「はあっ」とため息をついたり。
混んでいる電車の中で騒ぐ学生たちにイライラしたり。

私たちはいつも、周りに対して何かしらの反応をしています。

さて、それらを振り返ってみると、いつも同じような反応をしていませんか?
私たちは、何度も生まれ変わっています。

なぜまた生まれてきたのでしょう?

それは、学ぶため、よりこの世界を楽しむため、進化のため、魂をみがくため、統合のため、ワンネスに至るためです。

いろいろなの言葉を使いましたが、すべておなじことです。

255013468

 

「人生は、自分を知るためにあります」

私たちの内側は、純粋意識で満ちています。
真我、神我とも、空とも呼ばれたり、さまざまな呼び名があります。

それが私たちの本質です。

もしもそれをパーセンテージで説明するとしたら、純粋意識は私たちの存在の96%を占めています。

残りの4%が肉体と魂で、個人的な私という感覚を持った部分です。

もしも、私たちが96%の純粋意識で生きることができたとしたら、目に映るものすべてに美と調和をみます。
あるがままにすべてを観察することができます。
そうした生き方を目指すのが瞑想です。

瞑想中は、アイデンティティを持つ自分が、純粋意識に溶け込んでいます。
私という個人的な意識はなくなり、ただすべてを感じます。
ただ、意識になっています。

そうして瞑想から戻るたびに、さまざまな気づきを得ていきます。
個人的な一方向の目を通した見方から、深い部分ではすべてが繋がっていて、分離不能な現れ全体を感じながらの見方に変わっていきます。

私たちは、魂と肉体という、この世界での個人的な特徴を現しながら生きています。
魂という幾度もの過去生の記憶をもつエネルギー体が、それ自身が持つ過去の記憶を表現する場がこの現実世界です。
肉体という物質的な現れを持つことで、それが可能になります。
肉体がなければ、体験することも、エネルギーを動かすこともできないのです。

私たちが毎日、あれやこれやと体験し、感じていることは、魂に刻まれていたものです。現実面に現れることで、自分とはどんなことにどんな風に感じる、反応する存在なのかがわかります。

瞑想131659391

人生は、自分を知るためにあります。

次のページ