愛される人の共通点最後は、魅力的な雰囲気があるということです。

人はクリアしていない、記憶がたくさんあるものです。 気づいていないか、思い出せないだけだったりします。
愛される人の共通点最後は、魅力的な雰囲気があるということです。

●愛される人の共通点最後は、魅力的な雰囲気があるということです。

こんにちは、cocotakuスクール代表の松島直也です。

愛される人の共通点の4つ目は何でしょうか?

それは、魅力的な雰囲気があるということです。

ではどうして魅力的な雰囲気が出るのか。

その根本は、心が満たされているんです。

心がクリーンアップされている。つまりお掃除されているんです。

どういうことかというと、人は生きていれば嬉しいこともあれば嫌なこともありますよね。

その嫌なことを消化して自分の成長に役立てられているかということなんです。

「私は克服しました。」

と思っている人はいるのですが、本当に克服できていない人が意外にたくさんいらっしゃいます。

一番大事なポイントは、“ネガティブな感情が解消されている”かどうかなんです。

例えば、私は中学3年生の時に、バスケ部のキャプテンをしていて、1年生のある男子が生徒会に立候補するので応援演説を頼まれたことがあります。

快く引き受けるも、酷い結果に終わりました。

支離滅裂で、応援になっていなかったんです。

彼に頭を下げて謝りましたし、彼の担任の先生にも謝りました。

彼の担任の先生には、完全無視されました。

その時、必要以上にショックを受けました。

それから、私は自分を許せなくなったのです。

20年以上この記憶は続き、私は自分に対して、人の前に立って話をしてはいけない、と思い続けてきました。

しかし、変わりました。

 

チェンジファシリテーションで変わっちゃいました。

自分に対しても、誰に対しても怒りも悲しみも消えました。

許せたんです。自分のことも他者のことも。

その当時、充分な準備をすることを知らなかった自分。

そんな自分が愛おしく感じるようになりました。

おかげ様で、現在は気持ちよく人前に立たせていただいています。

人はクリアしていない、記憶がたくさんあるものです。

気づいていないか、思い出せないだけだったりします。

それらを一つ一つクリーンアップしていくと、心は満たされ、爽やかで穏やかで優しい雰囲気のある人になっていきます。

愛されている人というのは、クリーンな雰囲気を醸し出します。

ですから、なんかモヤモヤすること、時折思い出す嫌なことは、あなたがもっと愛される人になるための宝とも言えるのではないでしょうか。

自分から目をそらさず、自分自身に取り組み、自己理解を深めていく。

自分と向き合う。

大変そうに思う人がときにいらっしゃいますが、やり方によっては真逆になります。

自分の本当の気持ちに気づいたり、新しい自分を発見したりできます。(^^)

このセミナーでお会いできることを楽しみにしています。

cocotakuスクール http://www.nlpjapan.com/

 

《松島直也 さんの記事一覧はコチラ》

http://www.el-aura.com/writer/cocotaku/?c=125362