気づいたら生き苦しく感じるようになっていた、ということはありませんか?

もし幼い頃の家庭環境に問題があり、それが心の中でずっとくすぶっているようであれば、アダルトチルドレンである可能性があります。
気づいたら生き苦しく感じるようになっていた、ということはありませんか?

こんにちは、cocotakuスクール代表の松島直也です。

 

気づいたら生き苦しく感じるようになっていた、ということはありませんか?

例えば、

・何に対しても無気力である。
・人が苦手で構えてしまい
・神経をすり減らしてしまう。
・自分には価値が無いと思ってしまう。
・他人に認めて欲しい気持ちが強い。

・どういうわけかいつも不安やイライラがある。
・自分の気持ちがよく分からない。
・自分の意見が言えない。
・嫌なことが頻繁に思い出される。
・我慢しすぎて辛さが分からない。

これらはアダルトチルドレンの傾向といわれるものです。

アダルトチルドレンは、病名ではなく概念で、家庭として正常な機能を果たしていない“機能不全家族で育ったがために大人になってからもその当時の心の傷を持っている人”のことをいいます。

105841004

はっきりと覚えていることもあれば、覚えていないけれども影響として現れているということもあります。

過去のことは気にしてもしょうがない。と思うかもしれませんが、人は良い意味でも悪い意味でも過去の出来事から多くの影響を受けており、そのときの影響が後の人生に大きな影響を与えているのです。

 

子供の時のことが、大人になって症状として現れてくるのです。

機能不全家庭には、主に以下のようなことが起きています。

・依存症の親がいる(アルコール、ギャンブル、薬物など)。
・夫婦仲が悪く喧嘩ばかりしている。(または表面だけ仲良く見せかけている)
・ネグレクト(育児放棄)など、親が子の存在を無視したり関わらない。
・子供に対して過保護だったり過干渉だったり関わりすぎる。
・親が子供を(身体的、精神的、性的)虐待待している。

アダルトチルドレンは、小さい時に受けた心の傷や抑圧によって、生きにくさを感じるようになります。

つまり、機能不全家族で無意識に学んだ行動、態度、言葉、思考、コミュニケーションの方法は、自分が気づかずに相手を不快にさせたり、相手に過度に合わせてしまったりして、対人関係が苦手になってしまうということが起きるのです。

子供は親から精神的な支配を受け続けて成長すると、自分自身では何も決めることが出来なくなり、誰かに支配してもらわないと何も出来なくなってしまうことがあります。

また、親も子供が何でも言うことを聞くのが当然の状況になっているため、次第に子供に依存していき共依存の関係に陥ってしまうケースが少なくありません。

無意識に学んだスタイルが更に自分の子供との関係に連鎖していくという可能性があるのです。

自分がどうしたいのか、自分で考えて、行動して、充実するということができなくなるのです。

アダルトチルドレンには、破滅的、完璧主義、対人関係が不得意といった特徴があり、成人後も無意識に実生活や人間関係の構築に、深刻な影響を及ぼしています。

アダルトチルドレンは病気ではありませんが、その状態が続くと人生に様々な悪影響を及ぼすことになります。

343894868

例えば……。

(1)依存症
関係依存症:人間関係、恋愛、マザコン、エディプスコンプレクス(同性の親に対するコンプレックス)、共依存
物質依存症:アルコール、タバコ、カフェイン、薬物
過程依存症:特定の行為に対する依存、ギャンブル、摂食障害、買い物、仕事、セックス

(2)問題行動
虐待、暴力、自傷行為、自殺など

(3) ストレス性障害
肩こり、脱毛症、ヒステリー、過呼吸、心身症、自律神経失調症など

(4) 精神障害
抑うつ、パニック障害、神経症、強迫神経症、不安神経症など

(5) アダルトチルドレンの世代連鎖
自分が親にされたことを子供に対しても無意識に行ってしまうことが起こります。そのため、自分の抱えている問題がそのまま子供に受け継がれ、アダルトチルドレンが次世代に連鎖するのです。

自分では理由がよく分からないけれど、どこか生きにくさを感じている方は少なくありません。

もし幼い頃の家庭環境に問題があり、それが心の中でずっとくすぶっているようであれば、アダルトチルドレンである可能性があります。

アダルトチルドレンは、適切な方法で自分と向かい合うことで改善することが可能です。繰り返される嫌な記憶を癒し行動、思考、感情のパターンを変えるのです。

アダルトチルドレンを克服する3つめのポイントは、誰かに解釈せずに聴いてもらうということです。

何の解釈もせずに聴いてもらうことで、頭や心を整理していくことが可能です。

もし、自分でACを克服したいのであれば、NLPの進化版チェンジファシリテーションの“変化の技法”を身に付けることをお勧めします。本来のあなたを取り戻し、新しい自分に進化していくことができます。

 

cocotakuスクール http://www.nlpjapan.com/
無料メルマガ、アダルトチルドレン・トラウマ・対人恐怖症を克服する10日間メールセミナー
http://www.nlpjapan.com/news/entry/10/

 

《松島直也 さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/cocotaku/?c=125362