「誰にでもチャネリングは可能なの?」〜レディ・アシュタール テリー・サイモンさんに聞いてみた(3)〜

特に、未来のことに関連するガイダンスを求めている方は、「人間にはみな自由意志がある」ということを覚えて置いて下さい。未来に起きる出来事に関わる誰か、それは見知らぬ人かも知れませんが、そんな誰かの決断が、求めている結果を変えてしまうのです。
「誰にでもチャネリングは可能なの?」〜レディ・アシュタール テリー・サイモンさんに聞いてみた(3)〜

【最初はチャネリングという言葉すら知らなかった】

アシュタールからの愛にあふれたメッセージを届け続けている、テリー・サイモンさん。彼女がアシュタールからのメッセージを伝える手法は「トランス・チャネリング」と呼ばれています。今までに多くのチャネリングを行ってきたテリーさんに、様々な「チャネリングの秘密」について聞いてみました。

——テリーさんは、アシュタールとのコンタクトがきっかけでチャネリングをするようになったのでしょうか?

私には常に「内なる声」が聞こえていました。それは私が信頼し、理解していた内なる声です。これは一種のチャネリングですが、現在行っているチャネリングとは異なるものでした。そして、アシュタールとコンタクトして目覚める前は「チャネリングが何なのかさえ知らなかった」のです。

 

【時として偽物の存在がメッセージを伝えようとすることも⁉︎】

——チャネリングという言葉すら知らなかったというのはビックリしました。ところで、テリーさんが、コンタクトを取るアシュタールは常に同じ存在なのでしょうか?

はい、そうです。私がアセンデッド・マスターであり、愛の大使である11次元の存在、アシュタールをチャネリングするときは、「いつも同じ存在」です。しかし、アシュタールと呼ばれている存在が複数いることは事実です。この地上に、同姓同名の人物が沢山いるのと同じように、「宇宙にはアシュタールと名乗る存在が複数いる」というわけです。

また、関係のない存在がアシュタールになりすますというケースもあります。このような存在にまどわされないために、「私は場所が変わるたびに、同じ特定の儀式的なやり方を経てチャネリングをする」ようにしています。こうすることで、確実に私が知っている、アセンデッド・マスターであり、愛の大使である11次元のアシュタールと繋がっていることを確認することができるのです。この儀式的な行為は私がチャネリングを行う上で、とても重要なものです。

 

【誰もがチャネリングをすることができる】

——偽物がメッセージを伝えてくることもあるんですね。正確なチャネリングのためには、儀式的なやり方が必要ということがわかりました。ちなみに、誰でもチャネリングを行うことができるのでしょうか?

誰でもチャネラーになれるのか? という質問について、その答えは「イエス」です。