茶々丸が読み解くタロットの世界〜タロットカード大アルカナ、第三番「女帝」リバースについて〜

タロットリーディング。 それは内なる、ワクワクする様な貴方だけの旅なのです!
茶々丸が読み解くタロットの世界〜タロットカード大アルカナ、第三番「女帝」リバースについて〜

皆さんこんにちは、茶々丸です。

ここではタロットカードの魅力をお伝えしつつ、どの様にカードの示す意味を理解したら良いのかを読者の皆さんと一緒に楽しく考察し、これからタロット占いを始めてみようかなと思っていらっしゃる方とタロットとのかけ橋になることができれば幸いです。

今回も、タロットカード大アルカナ、第ニ番「女教皇」についてご一緒に考えていきたいと思います。
しばらくの間、お付き合い下さい。
================================

 

【強調されるルーズさ】

今日は、前回正位置についてお話しした、大アルカナ第三のカード「女帝」リバースについてお話ししたいと思います。

自信と包容力に満ち溢れた、堂々たる姿を見せていた女帝でしたが、このカードが逆を向いたらどのような感じがするか、実際に見てみましょう。

image1

 

如何でしょうか。

逆を向いたこの姿には、突然安定感がなくなるように感じないでしょうか? 座り心地の良さそうな台座も重力のままに崩れ落ちるしかありません。

気品があり、女性性に満ち溢れ、見る人に安心感や包容力を感じさせてくれた「女帝」ですが、逆位置となるとそれらの美徳は影をひそめ、逆に、

気品のないふしだらな女性
男性関係にルーズな女性
節制が出来ず、太り続ける女性
ワガママ
自分勝手

……等々、意味合いは全く変わってきてしまいます。
母なるもの様な無償の愛は、独占欲と自己満足のためだけの、自己本位な執着へと変わってしまいます。

周囲の人々に対する接し方も、押し付けがましく一方的で、おせっかいです。
相手の事情などを考慮する感性が欠落しているかもしれません。ヅカヅカと、相手のナイーブなテリトリーに、お構いなしに踏み込んで来るようなタイプですね。

 

【環境や経済的側面では】

また、豊かで豊潤な恵みをもたらしてくれた森や大地は、水の恵みを失って、ひからびた状態になってしまったかもしれません。青々と繁っていた作物も枯れ、実り多い大地は枯渇してしまいます。

image2

 

また、お金、経済的な面に関しても、恵まれず、困難な状況になるでしょう。余分な出費ばかり増えたり、衝動買いなどでお金がどんどん流れていってしまう状態です。

環境的にも、どこか馴染めない、居心地の悪さが目立ちます。家庭生活も不和が目立ち、安らげる家庭とはほど遠い状態を表すでしょう。

職場の中にも、意地の悪いお局様的な女性がハバをきかせていて、不愉快な思いする事が多いかもしれません。

貴方が女性なら、体力的に不安があり、なかなか妊娠が望めなかったり、冷え性で、女性機能がスムーズに働かない事も暗示します。
体調、健康面を尋ねてこのカードが出たら、体を温める根菜類等を積極的に取り入れて、体温を上げる努力をしていきましょう。
新陳代謝を上げる為の軽い運動もいいですね。
負担にならない程度に身体を動かしましょう。

image6

 

【逆位置から読み解くメッセージ】

○ ワガママで自己中心的な女性
○ 女性としての身だしなみが行き届いていない
○ 不健康
○ 自分自身を信頼できない
○ ルーズでだらしない
○ お節介
○ 浪費癖
○ 冷え症

 

【恋愛面なら】

○ 自己中心的で身勝手な愛
○ 進展しない恋愛
○ 相手はあなたに女性的魅力を感じていない
○ お互いへの思いやりに欠ける関係
○ 報われない想い
○ 恋愛対象ではなくなった女性
○ 恋愛に興味を持てない状態
○ 腐れ縁的な関係をずるずると引きずる

 

【ワン・オラクルでは】

○ 何かと我慢を強いられそう
○ 予定外の出費がありそう
○ 周囲の人に振り回されそう
○ 衝動買いの誘惑注意
○ KYにならない様注意
○ 良かれと思った事が裏目に出やすい
○ 体内の水分の循環がうまくいかず、むくみがち
○ 冷え性気味。体を温めよう
○ 体力が下降気味なので休養を。
○ 節制が必要です。

このようなイメージとなるでしょうか。

image7

 

* * * * * * * * * * * *

 

【貴方が知りたい事は何ですか?】

タロットで探ろうとしているテーマに従って、カードのストーリーの中から更にイマジネーションを拡げ、神託の意味を探り当ててみてはいかがでしょうか!

タロットリーディング。
それは内なる、ワクワクする様な貴方だけの旅なのです!

最後までお読み頂きありがとうございました。また次回お目にかかれるのを楽しみにしております。

茶々丸でした。

 

《茶々丸さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/chachamaru/?c=91566