茶々丸が読み解くタロットの世界
~「魔術師」リバースの場合~

タロットカードには様々なストーリーが隠されています。カードの中のストーリーから更にイマジネーションを拡げて神託の意味を探り当ててみましょう。
茶々丸が読み解くタロットの世界<br>~「魔術師」リバースの場合~

皆さんこんにちは、茶々丸です。

ここではタロットカードの魅力をお伝えしつつ、どの様にカードの示す意味を理解したら良いのか?という事を読者の皆さんと一緒に楽しく考察していきたいと思います。

そして、これからタロット占いを始めてみようかなと思っていらっしゃる方とタロットとのかけ橋になることができれば幸いです。

今回もよろしくお付き合い下さい。

 

【自信に満ちてかざした右手も下向きに……】

さて、今回は魔術師のカードが天地逆に出たリバースの場合のメッセージの受け止め方について考えてみましょう!

正位置での魔術師の絵柄は、食材と水や酸素と火、調味料などの力で次々と美味しい料理を作っていく腕の良いお母さんやシェフの様なイメージではなかったでしょうか。

今の状況を前向きに変えていきたい! という情熱と強い意志、更に自信をしっかりと持ち、行くべき道を切り拓いて行く姿が見られました。

より良い方向に進んでいこうという意志を持っているだけでなく、その思いを実現出来る能力もしっかりと身につけていましたね。

では、皆さん想像してみて下さい。
そんな魔術師でしたが逆を向いていたらどうでしょうか。

自信に満ちて天を指していた右手も下向きになってしまいます。
正位置ではあんなに輝かしく見えた顔付きも、ちょっと空しく見えてしまいますね。

彼は、多分前向きになりたいと思ってはいるのでしょうね、でも、実力はどうでしょう?
逆向きになってしまった以上、残念ですが、いまひとつ実力が伴わない状態と言わざるをえませんね。

こうなったらいいな、こうなりたい……と気持ちは焦るけれど、力がないので思い描く方向にはなかなか進むことが出来ません。
或いは、こうなりたい。というイメージそのものからして、ちょっとズレていることも考えられます。

やりたい事が漠然としているか、沢山あり過ぎて絞りきれていないのかもしれません。

又は気持ちばかりがカラ回りして、実際の行動が伴わない状況かもしれませんね。
逆向きになってしまった魔術師の立場になって、色々と考えてみましょう。

○新しい一歩を踏み出せない
○自信がない
○要領が悪い
○段取りが下手
○発想が貧弱
○ずるい
○コミュニケーションが下手
○ひとりよがりでKYになってしまう
○実力不足なのに、身の丈に合わない夢を見ている
○間違った方向に進む
○良かれと思って出過ぎた事をしてしまいがち
○方向性は間違っていないが、手段が見つからないか間違っている
○TPOをわきまえない
○余計なお節介で迷惑をかけてしまう
○上手くやったつもりがボロを出してしまう
○機転がきかない、気もきかない
○口先だけ

恋愛面ですと、
○相手の立場を考えない
○意志の疎通が上手くいかない
○スケジュールが合わなくてなかなかデートの予定が立たない
○口先ばかりで全然誠意が感じられない
○何かとタイミングが悪く、気まずい雰囲気になってしまう
○楽しみに出かけたデートスポットなのに期待外れ

茶々丸修正写真

【嘘つきな政治家も?】

正位置の魔術師に象徴されていた、
⚫︎創造力
⚫︎コミュニケーション能力
⚫︎知性
などが備わっていないのに、見かけだけはさも実力がありそうにして、大言壮語を口にしたり、事実ではない事を平然と述べる人物を表す事もあります。
自分に実力がない、能力が不足している事など、本人は自覚していないかもしれません。怖いですね。

人々を誤った方向へ導いていく政治家や思想家などの危険な指導者の姿もこの魔術師リバースで表されるかもしれませんね。

こうなると、個人レベルで理想を現実にする作業が上手くいかない状態とは全く質が違ってきますから、こんな人物の口車に乗せられたら、とんでもない事になってしまうでしょう。
これは気をつけなければなりません。

また、本来前進する為の知恵を悪用すれば、それはもはや「知恵」ではなく「悪知恵」となり、人を平気で騙したり、詐欺行為なども行ってしまう危険な人物ともなってしまうでしょう。