もしかして宇宙人の仕業? 自分の思考を支配される件〜何かのせいにすると気持ちが落ち着く

被害者の多くがエイリアンのインプラントを埋め込まれているそうです。 エイリアンはインプラントを被害者に埋め込んで、その人をマインドコントロールしているのではないかという説もあります。
もしかして宇宙人の仕業? 自分の思考を支配される件〜何かのせいにすると気持ちが落ち着く

何かのせいにすると気持ちが落ち着く

ご承知の方も多いだろう。
本当は答えは自分の中にある。

外側で起こっていることは、自分の内側を映し出す鏡。
自分の思考が現実を創る。

頭でわかっていても、自分のせいではない〈何かの〉のせいにすると気持ちが落ち着くものだ。

また、原因がわからない不調ほど人を不安にさせる。
医者に病名を告げられることで安心感を得る人もいる。
病名に当てはまれば、対処法があるということで、希望の光が見えるからだろう。

例えばの話。
原因がわからないままでいる不調を、〈霊的エネルギーの仕業〉にして片づけることで安心感を得たとする。
そして浄化除霊をしてもらうことで、自分の中で「(浄化除霊を)してもらったからもう大丈夫」と、腑に落としてコトが治まる場合もあれば、しばらくするとまた元の状態に戻ってしまうこともある。

そんなときは、その問題を解決してくれる人を見つける旅に出ることになる。
そして旅に出た先にわたしのところにたどり着いてくれた方の事例。

 

未知の世界からの学び

思考がネガティブな原因は、一つとは限らない。
複合的な原因で、潜在意識の知恵の輪を解き続けてやっと見えてくる原因もある。

クライアントは2年ほど関わっているリピーターさん。
今回にわかに信じがたい結果にたどり着いた。
自分(自分の魂も含めて)が経験をしたことがないことは、イメージできないし、原因の一つとして提示することもできない。
だから宇宙からこのメッセージを受け取るまで、全く未知の世界だったから、この結果をクライアントにお伝えするのにものすごく勇気が必要だった。

宇宙人がマインドコントロールを行っている説があるということ。

伝える前に調べてみると、意外にも多くの人たち(アメリカでは人口の2%と言われています)がエイリアンと接触したりエイリアンに拉致されたり、睡眠中にエリアンに侵入されたりしているそうだ。

「エイリアン・アブダクション」……宇宙人によって誘拐・拉致されたと疑われる事件のことを指す言葉

「キャトルミューティレーション」……家畜の遺体の一部が切り取られたものから、宇宙人に連れ去られ、実験媒体として使われた後、地上に投げ捨てられたという説からできた言葉

など、現象としておなじみになっているから言葉として残っているわけで……。

また、宇宙人に連れ去られた子供たちが描く絵というのがある。
子どもたち同士にはまったく接点がないのに、描かれた宇宙人や連れ去られた時の状況が一致しているということで、貴重な科学的資料となっているそうだ。

わたしは見たことも体験したこともない世界だから、そういったことを体験している人たちが少なからずいるということを知って驚愕した。

そしてもう一つのキーワードはインプラント。
被害者の多くがエイリアンのインプラントを埋め込まれているそうだ。
エイリアンはインプラントを被害者に埋め込んで、その人をマインドコントロールしているのではないかという説もある。

わたしが霊視した時、クライアントの鼻の当たりに確かにチップのようなものが埋め込まれているように見えた。
わたしは、大いなるものの導く通りに、その方に必要な処置を施した。

その終始をクライントに恐る恐る伝えると、
「自覚があります」
という答えだった。

クライアントの住んでいる地域は、UFOが頻繁に降りるらしく、目撃証言も多数。
そして、鼻のあたりの違和感も自覚があるとのことだった。

処置を施した後、何とも言いようのない、根拠のない恐怖感がなくなった、と喜んでおられた。

思考は自分の魂が経験した学びから、自分を守るためにネガティブな思考を生み出すケースがほとんどの中、今回のケースのように「宇宙人による連れ去り」という自分ではどうすることもできない。
事柄から形成され、支配されてしまうパターンもあるということを学ばせていただいた。

もちろん、そういった〈連れ去り〉に遭うことも自分の内側が作り出した鏡の出来事であるから、その原因を見つけて手放すことが、根本解決かと思う。

http://ameblo.jp/kikyou194/entry-11469852658.html

 

《小川いくよ さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/bsihealing/?c=92868