数多くのサイキックを排出してきた
カリフォルニアの老舗団体 BPI

近年ではオンラインでの講座に比重を移しているようですが、40年あまりの歴史の中で「30万人以上に、その教えを伝えた」ということを、数年前にテレビに取材を受けた時、現在の責任者である「スーザン・ボストウィック」さんが答えています。
数多くのサイキックを排出してきた<br>カリフォルニアの老舗団体 BPI

【1973年にカリフォルニアで設立されたBPI】

21世紀になってから、スピリチュアルな世界はどんどんと一般的なものとなってきています。

オーラやヒーリングといった言葉はすでに、スピリチュアルな用語としてだけでなく、一般用語としても使われるようになっていることからも、それはわかるでしょう。
しかしながら、そのような用語がまだほとんど知られていなかった「1970年代に設立され、多くのサイキックを排出しスピリチュアル業界に大きな影響を与えた団体」があります。

それが「BPI」。
正式名称は「Berkeley Psychic Institute」となります。
こちらは、1973年に「ルイス・ボストウィック」という人物によって設立されました。
この時代にはカリフォルニアを中心として、今のスピリチュアル業界に大きな影響を与えた「ニューエイジムーブメント」が盛り上がっていました。

といっても、当時はまだまだはじまったばかりの運動であり、ある程度現代のスピリチュアルな思想と共通するものもありますが、システマチックなものや、理論だったものはまだまだ少なく、日本で言うところの新興宗教的なものが多く存在していました。

BPIも「Church of Divine Man」という新興宗教に近い団体のワークショップ部門という位置づけとなっています。
教義的には『新約聖書』をベースにしていますが、BPIで学ぶ内容は瞑想やエネルギーワークといったものが中心となっています。

【オーラリーディング技法の老舗】

BPIが教えていた中で、現在でも多くの人に影響を与えているのは「リーディング」。
特に人の微細なエネルギーフィールドである「オーラ」に視覚的なアプローチをして、それを基に様々な情報を読み取る「オーラリーディング」のシステムを構築しました。

オーラと言えば、冒頭で紹介したように現代では一般的な用語として使われていますが、オーラの各層やチャクラに意味と関連性を設定し、またそれらをリーディングするために、透視能力を獲得する瞑想方法などを産み出したのは「BPIの大きな功績」といえるでしょう。

【BPIの卒業生は30万人以上!】

ちなみに、現在でもBPIは存在しています。
近年ではオンラインでの講座に比重を移しているようですが、40年あまりの歴史の中で「30万人以上に、その教えを伝えた」ということを、数年前にテレビに取材を受けた時、現在の責任者である「スーザン・ボストウィック」さんが答えています。
このときの取材では、生徒達が「幽霊屋敷と呼ばれている場所を、エネルギーワークによって浄化する」様子が紹介されていました。

カリフォルニアなどのスピリチュアルな情報は数年遅れで日本に入ってくるケースが多いのですが、BPIは支部などもほとんど作らずに、地元密着で活動しているためにあまり知名度は高くありませんが、日本でも活躍しているヒーラーやサイキックにも学んだことがあるという人が多いのです。
そんなBPIに興味を持たれた方は公式サイトをチェックしてみても面白いかもしれません。

A spiritual organization that has served over 300,000 graduates.
A long-established store that developed an aura reading technique.

 

《ベーターくん さんの記事一覧はコチラ》
http://www.el-aura.com/writer/betar/?c=78809