蒼月紫野の「願い事」番外編 〜12月上旬の月の楽しみ方と願掛け方法〜

一等星の時は自分が一番になれる何かを。木星は幸運、火星はエネルギーがいることをお願いしましょう。
蒼月紫野の「願い事」番外編 〜12月上旬の月の楽しみ方と願掛け方法〜

こんにちは、蒼月紫野です。

 

12/3~12/10にかけて月は獅子座と乙女座のところを動いていきます。

このイベントは私自身もワクワクしていて、晴れるといいですが、なんともスペシャルなのが木星や一等星の間を抜けていくんです。

これを全部みたら幸運の運気はかなり呼び込めます。

でも雨だったら?

心配ご無用、雨の時は夜気に自分を当てるのです。少しだけですよ。ちょっと窓を開けて五分くらいしたら閉めるでOKです。

 

まず順番にいきましょうね。

12/3 月と獅子座のレグルス
12/4 月と木星
12/6 月と火星
12/7 月と乙女座のスピカ
12/8 月と金星
12/10 月と土星

全て明け方の東南の空にならんでいます。

iPhoneやAndroidの無料の星図早見盤のアプリがあるので、持ってない方はダウンロードして使ってみましょう。GPS対応しているものが殆どでしょうから、自分が見ている空が手のひらに映し出されます。時代の進化と共に天文学も進化してきている証ですね。

乙女座には4等級と予測されるカタリーナ彗星もいますので賑やかになることでしょう。双眼鏡での観測をお勧めします。肉眼ではぼんやりしている惑星も双眼鏡ならばっちり見えますよ。

土星は2017年に環が最も開いて見えるので、今年の夏はやや開きかけで蠍座のアンタレスとの共演を楽しんだ方もいたことでしょう。今から2017年の土星観測のために双眼鏡を用意するのもいいかもしれませんね。

93149095

 

ここまでは天文のお話ですが、ここからはおまじないのお話。

① 青いボトルを用意し、中に水を入れます。
そして、黄金色のペンで紙に願いを書きます。コバルトブルーのワインボトルみたいなサイズがいいですね。

② その紙をボトルの下に敷いて33分間そのままにして太陽の光を浴びせます。
今回はその前に惑星や月の光も33分間浴びせておきましょう。それぞれの惑星達のパワーや月のパワーが入っていきます。獅子座のリーダーシップも、乙女座の几帳面さも入っていきます。色々ないい意味だけ入るのがこのやり方。

③ お願い事は簡潔に一言で表現しましょう。
愛とか、財運など、分りやすいものがお勧め。複雑なことでも構いませんが宇宙に投げるお願いなので単純明快な方がいいです。自分を変えるお願い事しかできないのは新月のお願い事と同じです。大宇宙には他者を変える願いはできないのです(しても叶いません)。私はこの方法でお願いを叶えています。努力して叶うモノもあれば、すんなり叶うモノもあります。これは皆さんも同じだと思います。夢がスムーズに叶うといいですね。

④ 太陽にもあてたあと、その水を一日かけて飲みきって下さい。
翌日に残さないことがポイントです。顔を洗うときの水にしてもいいですね。美容にいいのは8日です。金星パワーを取り込みましょう。

一等星の時は自分が一番になれる何かを。木星は幸運、火星はエネルギーがいることをお願いしましょう。土星は乗りこえるべき試練と助言をくれますのでむやみに怖がらなくてOKです。

266284502

皆様の夢が叶うよう祈念しております。

 

《蒼月紫野 さんの記事一覧はこちら》