■免疫を高める食品選び〈15〉~アーユルヴェーダにおける肉の薬効 part.2~インド生活『村上アニーシャのアーユルヴェーダ』vol.97

インドといえば、牛を食べないことでも有名な国ですね。

前回では、「ヴァータ緩和の特効薬」としての肉についてお伝えしました。

これは、肉が持つ「より重たい」「脂肪質でぬるぬるスベスベ」「熱する」という性質が、「空間+空気」要素から成り立っているヴァータ質の、とらえどころのないフワフワ微妙で不安定な質(過剰に活動的なライフスタイル、過度に移ろいやすい心、活発すぎる想像力)を中和し、安定感を与えて落ち着かせる効果ゆえに得られるということでした。

さて、この同じ肉が、もともとカファ質やピッタ質優勢の人たちや、環境的な要因でこれら二つの質のバランスをくずしてしまっている人たちにとっては、どういった効果を及ぼすのでしょうか。

今回は、そんな肉の違う側面について、アーユルヴェーダの見解をお伝えしたいと思います。

 

■食べ過ぎると代謝に負担がかかり、体に毒が蓄積されやすくなる

肉は、ピッタやカファ質が優勢なタイプにとっては、心の状態を悪化させる可能性がある食品です。

これは、ヴァータを中和する性質でもあった「ぬるぬるスベスベ脂肪たっぷり」な、「熱する」「重たい」質が、ピッタやカファを増大、つまり悪化させるためと考えられています。

このため、このタイプにあたる人たちは、肉を食べる場合は少量のみに制限するか、またはさけることが無難とされています。

そもそもインドでは、豚肉、牛肉、馬肉といった、より重たい肉は、消化もより重たくなるため、代謝に負担をかけて体に毒素がたまりやすくなることから(体内の毒素蓄積はさまざまな疾患が引き起こされる根源となります)、魚、ヤギ、鶏といった肉が主に食べられてきました。

便秘、高血圧、肥満、高コレステロール、心臓病のような病気は、日頃から肉をたくさん食べる人たちにより多く見受けられる疾患で、

過剰な肉中心の食事は、筋肉腫瘍やガンのもととなることも、教典に叙述されているといわれています。

(インドのノンベジフードの代表格、タンドーリチキン)

 

■「ワイン(アルコール類)+肉」は、実は問題アリの組み合わせ?

現代のご馳走の組み合わせの典型パターンともいえる、ワインと肉の組み合わせ。
西洋式の食事では、まるで当たり前のように見られるこの組み合わせは、実はアーユルヴェーダによると、かなり問題アリの組み合わせです。

アーユルヴェーダの教本のひとつである「チャラカ」では、「人々が、ワイン+肉、または他の不純な食事を組み合わせて食べることを控えた食生活をするなら、人々の狂気はさけることができる」と叙述されているといいます。

そもそも肉とアルコールにはさまざまな要因や性質があり、これらを組み合わせると独自の化学反応が引き起こされ、私たち人間の精神的な経路のラジャス(熱情)とタマス(無知・怠惰)を悪化させ、認識力をぼかしてしまうため、食べた人の心はそれに影響され、さまざまな種類の狂気の原因となるとみなされています。

……これは、飲酒がらみの事件が世に溢れていることからも、納得いくのではないでしょうか。

アーユルヴェーダでは、この二つの組み合わせは、精神的不調がある時は特に、さけられなければならない禁忌の組み合わせとされています。

もしも世界の人々が、アルコールと肉の組み合わせを食べる頻度をかなり減らすようにすれば、世界中で絶え間なく起こっている狂気は、だいぶ減るのではないでしょうか。

(「ワインと肉」はラジャスとタマス悪化の発火剤だった)

 

■インドで牛が食べられなくなった理由

インドといえば、牛を食べないことでも有名な国ですね。
「そもそも牛は神様だから食べない」という説は、よく聞かれますが、

これはどうも、牛肉の質が関係しているようです。

チャラカでは、儀式の中で古代の王様へのギフトとして、雄牛が生贄として捧げられたものの、牛肉が持つ「熱する質」「重たい質」が、王様を含めたその時代の人々の消化力に合わず、下痢が引き起こされたことから、牛肉を食べなくなったのだとか。
……これがインドでは牛が食べられていない、神話的な起源のようです。

***

さて。
食べ過ぎても、食べなさ過ぎても、問題ありのように思われる肉。

ただひとついえるのは、西洋スタイルの「メインが肉でゴハンなどのでんぷんは食べないかほんの少し」的な食べ方を日常的にすることは、明らかに病気の種を撒いているようなものと考えるのが妥当なのは、これまでお伝えしてきたとおりです。

◎次回 part.3 では、肉をあまり食べないのに糖尿病が蔓延するインドと、肉を食べないベジタリアンが陥りやすい「タンパク質不足」についてお伝えしたいと思います。

 

《村上アニーシャ さんの記事一覧はこちら》
http://www.el-aura.com/writer/%E6%9D%91%E4%B8%8A%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3/?c=73188

 

(トップ画像/乳製品はゴッド(神)がたくさん入った食品)