アーユルヴェーダで使われてきたハーブたち~ローズの花びらのさまざまな効能。《前編》~インド生活『村上アニーシャのアーユルヴェーダ』vol.71

さまざまな形で薬として使われきた薬効高いローズの花びらの効果は、どのようなものなのでしょうか。
アーユルヴェーダで使われてきたハーブたち~ローズの花びらのさまざまな効能。《前編》~インド生活『村上アニーシャのアーユルヴェーダ』vol.71

ここのところ、インドで出会ってきたさまざまなハーブたちをシリーズでご紹介していますが、今回はその4つめのハーブ・ローズについてのご紹介です。

私がインドで初めて、ハーブのひとつとして出会ったローズは、ローズの花びらを乾燥させて粉にした、なんともふんわりと柔らかな、薄ピンク色の乙女チックなハーブ粉でした。

ローズの花びらの粉? ……なんだかすごく贅沢だなあ、一体何に使うんだろうと思いきや、なんでも水を加えて混ぜ合わせ、フェイスパックをするとのこと。

ローズの花びらと水で作ってみたフェイスパックペーストは、他のハーブと比べてすごく繊細で、ちょうど花びらのように可憐で儚い質感がそのまま。
そんなとてもフェミニンなローズパックで肌をパックすると、肌はふんわり柔らかく白く仕上がり、使ったそばから女性性が即効アップするような感じがしたものでした。

とまあこんな風に、粉もかなり良かったのですが、私が後にすっかりハマることになったのは、ローズウォーターでした。

インドではローズウォーターは、儀式にもよく使われるため、本当にさまざまなローズウォーターが市場で出回っていますが、私がすっかり虜になってしまったものは、「アーユルヴェーダ薬」としてアーユルヴェーダのクリニックで売られていた、ローズの花びらの蒸留水でした。

(当時ハマったアーユルヴェーダ薬として売られているローズウォーター「アークグラブ」)

ケミカルな香料では決して出ない、生ローズの花びらそのものの繊細な香りがするそのローズウォーターは、肌に化粧水として使えるのはもちろんのこと、暑い気候で悪化しがちな目のピッタや、コンタクト装用時の不快感に、目薬のように点眼したり、ちょうど前回お伝えしたトリファラ洗眼のように、アイウォッシュカップにいれて目を冷やしてなだめるのに最適でした。(コンタクト装用時のドライアイを緩和するために病院で処方される目薬とは比べ物にならないほどの快適さと効果がありました)

というわけで、肌へ使うよりも、乱視でド近眼の私はこちらの目への効果の方にハマったわけです。

またインドには、ローズの花びらを砂糖漬けにしたジャムのようなアーユルヴェーダ薬・グルカンドというものがあり、これは体や心臓の強壮やピッタ緩和のために伝統的に使われてきたアーユルヴェーダ薬のひとつです。

このグルカンドを始めた食べた時の激甘さに、もともと全く甘党ではなかった私はちょっと引いてしまいましたが、ミルクやラッシーなどに少し加えて飲むとすごくおいしく、特に暑い国特有の体の消耗や火照った体を冷やしてくれる栄養ドリンクとして最高でした。

このように、さまざまな形で薬として使われきた薬効高いローズの花びらの効果は、どのようなものなのでしょうか。

今回と次回の2回に分けて、お伝えしていきたいと思います。

(ローズの花びらのジャム、グルカンド)

 

■ローズの花びらの主な薬効■

ローズの花びらには、次のような薬効があるといわれています。

元気回復効果、強壮剤、ぜんそく、高血圧、気管支炎、血行が悪い、下痢、月経痛、咳、発熱、消化不良、不眠、動悸、ストレス、尿路感染症などの治療に使われます。

*ローズのティーは、安らぎを与える効果があり、高熱のときにとれば体温を下げ、また利尿効果が体の毒素を洗浄する。
煎じ汁は風邪やインフルエンザの症状を軽減し、喉の痛みや鼻水、気管支の詰まりに有効といわれています。

*強く心地よいローズの香りは、精油や香水作りに欠かせない材料となっています。

不眠や憂鬱、疲れを減らし、怒りをなだめます。

 

★手軽に作れる、ローズの花びらティーの作り方:

日々のストレス緩和や、上記のような症状があるときなどに、次のような簡単に作れるローズの花びらティーがおすすめです。

《作り方》
ローズの生の花びら10~15枚(市販の乾燥ローズティーでもかまいません)を、マグカップまたは急須に入れ、熱湯を注いでそのまま10分から15分ふやかして飲みます。

出来上がったローズティーは、とても乙女チックでフェミニンな飲み物。
女性らしさを高めたい方にもおすすめです。

***

次回は、~自宅で作る、伝統アーユルヴェーダ薬2品! ローズの花びらのジャム「グルカンド」「本格的なローズウォーター」の2レシピについてご紹介したいと思います。

 

《村上アニーシャ さんの記事一覧はこちら》
http://www.el-aura.com/writer/%E6%9D%91%E4%B8%8A%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3/?c=73188