アーユルヴェーダで使われてきたハーブたち~脳の強壮、抜け毛、肌修復のためのハーブ・ブラーミ~~インド生活『村上アニーシャのアーユルヴェーダ』vol.66

「人生は、脳の機能次第。」といっても過言ではないほど、脳という器官はある意味、私たちの幸・不幸さえも左右する、重要な部分です。
アーユルヴェーダで使われてきたハーブたち~脳の強壮、抜け毛、肌修復のためのハーブ・ブラーミ~~インド生活『村上アニーシャのアーユルヴェーダ』vol.66

さて今回は、アーユルヴェーダにおいて、「脳の機能を改善する有名なハーブ」、あるいは「ヨガ行者が瞑想のために愛用するハーブ」といわれているブラーミ(Centella asiatica/和名:ツボクサ)についてお伝えしたいと思います。

 

★インド生活でのブラーミ体験

インドでブラーミといえば、インド人たちがまず思い浮かべるのは、ヘアオイルではないでしょうか。
ブラーミの入ったヘアオイルは、抜け毛予防やストレス緩和に最適で、私自身、市販のブラーミオイルはもちろん、自作のブラーミオイルを愛用していたのですが、

ブラーミが入ったオイルがやみつきになるのは、頭につけたとたんに、マインドの混沌とした状態が一気に溶け始めて軽くなる感じ(あるいはストレスや緊張といったこわばりが即効で弛緩していく感じとでもいいましょうか)が味わえるからかもしれません。

オイルをつけた後はすぐに眠気がやってきて、昼間に頭につけるとそのまま寝てしまうこともありました。

インドではまた、ブラーミといえば、ブラーミシロップ。
これは、ブラーミの脳機能アップ効果を得るためのハーブ薬で、インドの家庭では、子供が試験でいい成績をとることを願う親たちが、このシロップを試験前の子供に飲ませたりします。

このシロップに私も興味を持ったこともありましたが、なにせインド特有の激甘風味仕立て(ブラーミよりも砂糖の成分の方が多い?)のため、実は一度も試したことがないのですが……。

(頭が良くなる? ブラーミシロップ)

ブラーミそのものはハーブティーとしてよく愛飲したものでした。

特に、翻訳のような頭脳ワークをするときなどは、ブラーミティーを飲みながらすることで、頭が疲れにくくなり、集中力が増し、仕事がはかどりやすくなるからです。

このため、普段からチャイに加えて飲んだり、夜寝る前の熟睡促進のためのおやすみドリンクとしてよく活用していました。(夜、寝つきが悪い人は、夜寝る前に少量のブラーミオイルを頭皮にこすりつけ、さらにブラーミティーを飲んで寝るのがおすすめです)

 

★アーユルヴェーダにおけるブラーミ

ブラーミは何千年もの間、神経系と脳細胞を活性化する主要ハーブと使用されてきたハーブで、脳機能を改善し、集中力や記憶力の強化を助け、瞑想を促進させる最善の元気回復ハーブとして褒めちぎられてきた、脳強壮とストレス緩和のためのハーブです。

ヨガ関連の書籍によれば、ブラーミは、

*知性を高める
*寿命をのばす
*記憶力を高める
*老化と老衰をへらす
*免疫を強化する
*副腎を強化する

と記されています。

ブラーミはまた、髪と頭皮にとても滋養を与えることから、ヘアオイルの材料によく使われています。
ブラーミはピッタ緩和ハーブとしても有名で、ピッタタイプの不眠を治療するために効果のあるたったひとつのハーブとまでいわれています。

(抜け毛に最適、ブラーミオイル)

 

★ブラーミの飲み方、使い方

「飲み方」:
小さじ1程度のブラーミの粉に、1カップ程度の熱湯を注ぎ、2~3分ほどふやかして飲みます。朝に飲めば、エネルギーと精神的な明晰さが活性化し、夜寝る前にとれば、ストレスを緩和し熟睡を促進させます。
ただし、ハーブ単体よりも、アシュワガンダといった他の強壮ハーブと組み合わせて使われることが一般的です。
また、リンゴ酢とブラーミを組み合わせてとると、肌の活性化を助けるとともに、関節炎が原因で起こる痛みを緩和するともいわれています(リンゴの中の繊維・ペクチンは、コレステロール球と結合し、ブラーミと組み合わせることで悪玉コレステロールを追い払い、血糖の正常化を助けるとされています)。

「肌への使い方」:
ブラーミはまた、肌(外側と内側の両方を含む)を修復するハーブとしても伝統的に使われてきたハーブです。特に、ヴァータタイプの、シワになりやすいデリケートな乾燥肌に効力を発揮します。

《乾燥肌のための保湿フェイスパック》
牛乳+ハチミツ+ブラーミ粉を各同量づつ混ぜ合わせ、ペーストを作ります。
顔または乾燥が気になる部分にペーストを塗り、そのまま3~5分置いた後、ぬるま湯でよく流して下さい。

「髪への使い方」:
抜け毛や不眠に悩む人は、市販のブラーミオイルを手に入れ、夜寝る前に頭皮マッサージをします。それと並行して、普段の食事はバランスのとれたもの、特に「カルシウム+マグネシウム」を組み合わて食べることを意識することがアドバイスされます。(例:朝ごはんにゴマとヨーグルトを加える、など)

***

「人生は、脳の機能次第。」といっても過言ではないほど、脳という器官はある意味、私たちの幸・不幸さえも左右する、重要な部分です。

ブラーミは、幸せな人生を送りたいと望む、すべての人たちに、自然界から捧げられているハーブといえるのではないでしょうか。

 

《村上アニーシャ さんの記事一覧はこちら》
http://www.el-aura.com/writer/%E6%9D%91%E4%B8%8A%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3/?c=73188