■病気予防のコツ~その8~『もって生まれた気質を理解する:あなたはどの気質? アーユルヴェーダによる七つの体質<8>』〜インド生活『村上アニーシャのアーユルヴェーダ』VOL.44

人間というのは複雑な生き物。占いが必ずしも当たるとは限らないように、一人の人間を深く理解することは、ある種のマジックです。それが人間の面白さなのかもしれませんね。
■病気予防のコツ~その8~『もって生まれた気質を理解する:あなたはどの気質? アーユルヴェーダによる七つの体質<8>』〜インド生活『村上アニーシャのアーユルヴェーダ』VOL.44

さて今回は、ドーシャ気質の最後の7つ目、「ヴァータ/ピッタ/カファの三重タイプ」についてお伝えしましょう。

 

■ヴァータ/ピッタ/カファの三重タイプ
(三つのドーシャがすべて組み合わされた気質):

めったにお目にかかれない、ごく稀なタイプが、この三つのドーシャが同じ割合で存在するこのタイプです。

伝統的にこのタイプの人たちは、病気になる可能性がとても低く、身体的にも精神的にもバランスがとれたタイプといわれ、他のタイプよりも体格が頑丈で身体組織もしっかりしているため、健康を満喫し、長生きして生を楽しむといわれています。

もしこのタイプが病気になるとしたら、三つのうちのどれかひとつのドーシャが悪化した結果です。バランスの取り方としては、現時点においてバランスが崩れているドーシャを重要視します。

長寿を満喫する三重タイプ

 

***

……さて、これまでに、七つの基本気質についてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

大切な点は、どのタイプが勝っていて、どのタイプが劣っているという比較ではなく、どんなタイプも気質によってバランスの取り方が微妙に違い、タイプを問わず、悪い習慣を続けていたり、栄養に乏しい食べ物を食べ続けていれば、バランスを崩して病気になってしまうということです。

アンバランスになった時は、それぞれの気質にあったバランスの取り方で中和し、バランスを取り戻すことが鍵となります。

アーユルヴェーダでは、一般的に「ヴァータの不調を扱うことが最も大切」と考えられています。これは、ヴァータが一番、肉体や精神に問題を引き起こすドーシャ質だからです。

他、ピッタやカファに関連した不調は、実はそれほど深刻ではないので、ヴァータの二の次でよく、カファは最も深刻化しにくいので、アーユルヴェーダでは一番最後に考慮されます。

そう、実はヴァータ質が一番クセモノなのです。

ヴァータといえば、「動き」「不規則」「不安定」を表す質です。

私たちが生きる現代社会は、「動き」が大好き。常に変化を求め、どっしりとした伝統や規則性のあるものに、人々はあまり魅力を感じない社会です。

痩せ過ぎた雑誌のトップモデルがまるで美の見本かのように思われ、ダイエット関連商品は大人気。このような社会的な傾向は、現代に生きる人々のヴァータ質をともすれば簡単に悪化させることができ、ヴァータが悪化すれば他のドーシャ(ピッタ、カファ)も妨害されるため、身体的な面、精神面において、昔には考えられなかった病気が蔓延する結果になったのでしょう。

雑誌を飾るスリムなモデルたち

 

***

最後に余談ですが、インドで暮らしていた当時、知人にインド占星術師がいたのですが(彼はドクターではありませんでしたが、アーユルヴェーダにかなり精通していました)、彼曰く、「本物のアーユルヴェーダのドクターは、その人の声を遠くから聞いただけでどんな人なのかを当てることができるのだよ」と言っていたことを思い出しました。

当時、アーユルヴェーダについてまだほとんど何も知らなかった私は、アーユルヴェーダのドクターというものは、まるでマジシャンか霊能者か何かで、特殊な能力を持っている人というイメージがあったのですが、これまでお伝えしてきた気質のことをふまえると、それはどんなマジックでも霊能力でもなく、人間の気質を自然の要素に当てはめて分析した一つの科学であることが理解できます。

その人の容姿(骨格、肌や髪の質)、しゃべり方、感情の傾向、予想外のことが起こった時の反応を見れば、その人の基本的な気質がだいたい分ってしまうわけですね。

また、もともとの気質は生まれてから一生変わらなくても、その人を取り囲む環境(住んでいる場所、つきあっている人たち、気候、食べ物、ライフスタイル)などが変われば、それに応じて体も精神面も変化を余儀なくなれますから、実際には、もっと複雑な分析が必要になります。

なので、現時点でのアンバランスをふまえた本当の気質を理解したい場合は、信頼できる熟練したアーユルヴェーダのドクターに見てもらうのが一番かもしれません。

人間というのは複雑な生き物。占いが必ずしも当たるとは限らないように、一人の人間を深く理解することは、ある種のマジックです。

それが人間の面白さなのかもしれませんね。

 

《村上アニーシャ さんの記事一覧はこちら》
http://www.el-aura.com/writer/%E6%9D%91%E4%B8%8A%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3/?c=73188